#SOUL大学 開講します!!! Pt1

d0094512_14254489.png
#SOUL大学 を名乗り始めて5年くらいは経つのかな?
そうこうしてるうちに、
ついに
ついに
オンラインサロンという形で
#SOUL大学
開講させていただくことになりました!!!


月々1000円という形の
会員制のサロンになります
値段こそかかってしまいますが
初回の募集は限定50名
10.1に始動!!!!!

限られた人たちの間だけの、閉じたネットスペースというのがいいですよね?
ここでしか発信できないこと、共有出来ない講義をしていこうと思っております
そして
大事なことですが
この形がひょっとしたら、
今後のミュージシャンの生きていく手段の一つになるかもしれない!
という側面もあります
(ある種ファンクラブとも近いですしね)

そんな #SOUL大学 開講を是非
皆さん広めて下さいませ!!!
&逆に「自分も開講したい!」という方の連絡も何ならお待ちしております!

開講するのはこちらのSynapseという場所になります
他にも沢山のおもしろサロンが開かれています
あのレコード番長、須永辰緒さんのサロンもありますよ!!!
https://synapse.am/

#SOUL大学 はこちらになります
https://synapse.am/contents/monthly/soul



開講にあたって、サロン内に出した投稿をこちらにも出しておきます!!!

******

はじめまして!
の方がほとんどかと思います。SOUL PIANIST / SOUL PRODUCER のSWING-O(スウィンゴ)と申します。それなりなキャリアは積ませていただきましたが、大ヒットを出してきた音楽家ではありません。Blues、Soul、HipHopからClub Jazzまで、とにかく「黒い」音楽大好き人間でして、そうこうしてるうちに音楽を生業に出来るようになり、海外でのリリース~ライヴなども経験させて頂きつつ今に至っている、血液型A型の蟹座、身長186cmの大男です。

 気づけば2016年で47歳になりましたが、さらさら振り返る気などないのですが、それなりに伝えたいこと思うこと教えられることが貯まってきたというタイミングでこの #SOUL大学 開講となった次第です。それもこちらのオンラインサロンという形での開講は大きな可能性を感じておりまして、自分にとっても楽しい挑戦となります。音楽で「成功する」をお考えの方は別の講座のほうがオススメですが(笑)、音楽のある楽しい生活、食いっぱぐれない自分らしい音楽生活を提案・共有していける場になればと思っております。

 まずこの、会員になっていただいた方とSWING-Oだけの「閉じた」スペースというのがいいですよね?もちろんBlogやSNSなどもあるのですが、いかんせん昨今は言葉に気をつけねばならず、勘違いが許されず、8割満足していても2割不満である場合のその2割をぶちまけると、例えその現場をより良くする為と思っての発言だったとしてもその8割の満足を失う可能性を秘めており、結果押し黙っておいたほうが得かもしれない、ということで一部のネトウヨ的な方々と陰謀論マニアな方々を除き、ひたすら「いいね」狙いのクリーンなつぶやきをせざるを得ない状況だと思われます。そんな昨今だからこその、この「閉じた」スペース内で私の講義をベースにしつつも共に学んでいける、時に本音で語り合う、そんな #SOUL大学 にしていきたいと思っております。

■講義の内容は大きく2つのことを軸にしていこうと思っております
1)SWING-O教授による講義
~ここでしか話せないことをぐいぐいと講義していきます~
音楽をもちろんベースにしますが、生き方、系譜学的なお話になっていくと思います
曲作りひとつとっても、つまるところ音楽論理よりも系譜学的に考えたほうが面白いものが作れるはずです
(他、具体的な講義予定はサロン概要をご覧下さい)

2)SWING-O教授との交流
*音楽相談~悩み相談~Q&Aは特に積極的にやっていく予定です
*ここだけの情報交換もしていきましょう

■この講義に参加される方は大きくこの2通りの方がいらっしゃると思います。
1)ミュージシャン/ミュージシャン志望の方
音楽で沢山稼ぐことが目標の方に教えられることはあまりありませんが、
(やはり、、、別のサロンのほうがオススメかもしれません 笑)
充実の音楽生活は伝授できます。短期的にブレイクすることよりも、長期的に音楽で、それも充実した音楽活動が出来るほうが、人生としては楽しそうじゃないですか?てことです
キーワードは”Dig"ですね。音楽に限らず、掘ること学ぶことの楽しさを知った者にしかない「充実」「快楽」というのがあるのをお伝えしたい。
実際に音源・演奏を送って頂き、批評&アドバイスをする企画などもしていきたいと思っております。

2)リスナー~他業種の方
スケールの大きい系譜学的な音楽の捉え方を知ると、より音楽が楽しくなります。似たようなものでも印象に残るものと残らないものがあるのは何故なのか?つまるところ音楽ってなんなんだ?というとこまで掘り下げた話をしたいと思ってます。そうすると今起きていることがいろいろ見えてくる。(菊地成孔さんと内田樹さんの影響を多々受けた話になるかと思いますが 笑)
他、SWING-Oが関わる現場の裏も定期的にレポートしますよ。
現場では何が起きているか?のレポートです。これは見たいんじゃないですか?

*****

どうです?
楽しそうじゃないですか? 

ひとまずは50名限定という形での開講となります。どういう方が、何を求める方が多いか次第で講義内容は多少は変わるかと思いますが、本筋はこのような感じになると思われます。
 
分かりやすいHow Toで一つの答えを強引に導き出すのではなく、グレーゾーンをグレーゾーンごと把握しようとすることこそ今必要な感覚。ポップに言い換えると、サブタイトルにもさせてもらったように、『正解のない、フィーリングの美学』こそ、資本主義社会の終焉にジワジワと向かっている今必要な感覚だと思うのです。

そんなテーマを掲げる #SOUL大学
門を中くらいに開けてお待ちしております。
d0094512_14400235.jpg



[PR]

# by jazzmaffia | 2016-09-14 14:40 | Recommend | Comments(0)

あの話の続き

先日記した投稿の続編です

先日の投稿はこれ
「どうすればいいんだろう?」
http://jazzmaffia.exblog.jp/23427794/

この投稿の後、
Facebookを中心に相当数のリアクションがありました
中には直接電話を頂戴し、交渉してくれた人も数名いました
この場を借りて
「ありがとうございました!!!」

で、結果
やはり今回は厳しいということになりました
先に交渉してくれた方々から交渉結果をいただき、
更に数週間経ってから正式に実行委員会からも返事を頂きました

そもそも音楽出演者への予算及び音響システムへの予算がなく
他の地域からの出演者を呼べる状況に無い
というのが理由でした

ただ、自分も報酬目当てではないので、
今回こそ断念しましたが、
長期的に、来年以降に実現出来るように進めていきたいという意を伝え
先方も是非にという返事を頂きました

で、決めました
この「たかさご万灯祭2016」を1度見に行こう
9月17日、1日だけですが
たかさご万灯祭を見に行きつつ、
出来れば関係者とも会いつつ
更に可能そうであればどっかに飛び入りしてみたりしつつ、
来年への布石を打っておこうと思います

その日、高砂でお会い出来る方、
是非声をおかけ下さいませ

たかさご万灯祭2016HP
http://mantousai.moo.jp/

d0094512_16261742.jpg


[PR]

# by jazzmaffia | 2016-09-08 16:28 | ひとりごと | Comments(0)

Book : 『沈まぬ太陽』レビュー

d0094512_17495055.jpg
『沈まぬ太陽』山崎豊子 著 1999年
こんなスタンダード?な長編を読んだのは初めてかも?
文庫本で5册にもなるこの長編を読んでみようと思ったのは、
義父母宅や親戚宅でよく見かけたから
興味はあまり無かったが、1度は読んでおいたほうがいい、気がした
かつ読み始めて知ったが、最近になってドラマ化も進んでいるとのことだったしね

3週間ほどで5冊を読了
仕事のはざま、新幹線移動中などの時間を駆使しました

やはり好みな内容ではないけれど
引き込まれる&実に良く出来ていることは確か
著者山崎豊子さんが晩年の70代に頑張って取材して書き下ろしたと聞くと
著者のエネルギーの凄さにビックリだ

内容はズバリ日本航空(JAL)という大企業を舞台に
全うなスジを通したがために10年以上も海外を島流しさながらにたらい回しにされた、
実在の男、この本の中では恩地という名前で出てくるその男を中心にした話だ

今であれば速攻
「転職のすすめ」をされるまでもなく、
転職をしたであろう境遇で
そのままひどい境遇に耐えていくうちに
いつしかまたリベンジのチャンスが訪れるが・・・
という流れは、現代的では既にない

が、大企業に巣食う不条理は
著者もあとがきに書いているように
何十年経っても全く変わっていないという事実
そして俺のような市民には全く分からない、
政治と経済の癒着しまくった複雑な利権主体な世界を知ることが出来る、
限りなくノンフィクションなドキュメンタリーでもある

これを読んだ俺が思うのは
・・・つまるところ
俺は音楽をやっていくしかないなぁ・・・
てことだね

政治や経済にクチを出すには
現代のそれは
あまりに複雑な数字のゲーム化した世界であるし
しかもそのお金本位な「アメリカ式資本主義」は
衰退に向かっているという事実をふまえると
あちら側には踏み込んでも仕方が無いな
としか思えない

もう残り少なくなってしまった陣地を奪い合うゲームの最中、
新たな陣地をバーチャルに作り出すゲームの最中
そこに後出しで介入するよりは
新たな発想の生き方
すなわち資本主義以前の生き方を見直す時期に来ている現在
こうした企業と国が引き起こす理不尽の数々・・・
・・・というお話は、
20世紀にあったお話
という史実としては意味があると思うけどね

まぁ、
就職したことの無い身として
こうした大企業や政治に巣食う事実を勉強するには
時折この手を読むのは悪くないとは思いました


[PR]

# by jazzmaffia | 2016-09-05 18:16 | SWING-OによるReview | Comments(0)