「ほっ」と。キャンペーン

歌謡曲探検隊 01:和田アキ子pt1

俺がどうこう言わなくても
既にレコードディガーたちの間では
歌謡曲は今最大のターゲットの1つだ

そうこうしてるうちに、
俺もみるみると片足ほどハマってる訳だけど
(激しくハマってる友人が数名、近くにいる、それと比べればって話 笑)
それをディガーに怒られない程度に、
俺も困らない程度に、
紹介していこう
。。。というのが #歌謡曲探検隊 です!!

な訳で記念すべきかどうかはさておき
1回目は、個人的に最初に7インチをディグり始めたこの大御所
和田アキ子さんです

d0094512_23012261.jpg

和田アキ子 LP『どしゃぶりの雨の中で〜ビートとハートを歌う』 1969年

このアルバムだけで、アッコさんのクラブ的代表曲の半分は手に入る
そんな代物です

個人的にはやはり小西康晴さんチョイスの2004年発売のコンピ
"フリーソウル和田アキ子" (橋本徹さんの許諾を得ているそうです)
これが掘ることを決心したきっかけの作品ですな
d0094512_23083771.jpg
歌謡曲の括りのものを、
うまくピックアップすることで
全く聴こえ方が変わる!
それを知ったきっかけのコンピですよ
おかげさまで、今まで見向きもしなかった、
歌謡曲のコーナーをチェックするようになってしまった訳です

で、話は戻ってアルバム『どしゃぶりの雨の中で』
これはアッコさんのデビュー曲「星空の孤独」
2曲目でスマッシュヒットになった「どしゃぶりの雨の中で」
3曲目の「その時わたしに何が起こったか」
の3枚のシングルに6曲を加えてアルバムにした、
アッコさんのデビューアルバムです

この中からオススメは
A-2 バイバイアダム
A-4 つれてって何処までも
A-6 星空の孤独
B-2 ボーイアンドガール
B-4 ハートブレイクドール
あたりでしょうかね

特に映画「女番長 野良猫ロック」1970年
にも使われていた、
シングル「どしゃぶり〜」のB面にも収録されている
”ボーイアンドガール"はアッパー名曲ですねぇ
映画のワンシーンはYou Tubeに出てます
https://youtu.be/phQEIkjT2Xs


歌詞がシンプルでいいよねぇ
「ボーイアンドガールはいつでも
ララララ〜 ララララ〜」
って「ララララ」って何やねん!て思ってたんだけど
今回内ジャケの歌詞を見て初めて知った!

これ、
"lo lo lo love" だったんだ!!!
たった今、俺、驚いてます 笑

こうしたファンキー系な曲ももちろんいいんですが、
他のバラード調の曲もソウルマターな感じで出来ていて、
すごくいい
これはアルバム買いもオススメ出来ます!!

*****

そう、歌謡曲掘りに俺および他の方々がハマる大きな理由に
まだネット上にアーカイヴが存在していない
てことが大きいね

既にアッコさんのように評価が定まってるものもあれば
まだまだ、まさに今評価が定まっていく最中なものも多数ある
その、「情報があまりない」感じって燃えるんだよね

今は情報が溢れ返る時代でしょ?
こっちに届いた情報をただ選ぶだけでいい、って時代でしょ?

そういうのが詰まらない俺のような人種が燃えるもの
それがこうした、情報があまりない代物なんですよ
かつ、日本人として日本の音楽を再評価するって意味あることだと思うしね

そんな訳で、不定期ですが、
#歌謡曲探検隊
これから時々発信していきますね
アッコさんだけでも他に沢山名曲あるしねw

*****

で、今回最後に
このアルバムの内ジャケに
作詞家の阿久悠さんの和田アキ子評が載っていて
それが面白いので紹介しておきますね

今の、芸人のアッコさんの扱い方の原点はここなのかも?
て言葉です

d0094512_23315896.jpg
大型歌手である
稀に見る、というのをつけてもよい
歌のスケールのみならず、体躯に於いても大型歌手である
堂々天を圧し、雲をつかむ巨体である
そして、全く常識を無視した野方図な言動は、
なおさら大型に見せている
「まさか」ということをズバリと云う
「まさか」と思うことをズバリとやる
それが魅力である
・・・・

中略

最後に、アコへの注文を・・・
フィーリングをパターン化しないこと
こういう時こそ、大いにはみ出し、豊かな感情表現をすべきである
そして更に一言
大きく 大きく 大きくなぁれ
大きくなって・・・・
君は、無限代なのだ

 from 阿久悠
 


[PR]

by jazzmaffia | 2016-05-09 23:44 | 歌謡曲探検隊 | Comments(0)

<< Book : 『絶対音感』レビュー 『モライもんとヒロイもん』 >>