プリンス名曲選2 "Money Don't Matter 2 Nite"

殿下が召されてもう1ヶ月以上経ってしまった
あらゆる音楽誌に載っている追悼特集を見ながら
改めて殿下の凄さと面白さを再確認する日々

そして話すネタとしても本当に面白い
人それぞれの、世代それぞれの「プリンス」のイメージがあるから
話が尽きないんだよね

そんな中
時折、自分にとっての殿下の名曲を紹介していくことにします

まず自分にとっての第一の名曲は、
召された直後のBLOGにも記したように
"Pop Life"(1985)
だね
→記事はこちら http://jazzmaffia.exblog.jp/23087695/

続いて思いつくのが・・・


d0094512_12231130.jpg

"Money Don't Matter 2 Night"
by Prince and the New Power Generation (1992)
https://youtu.be/L7FffaOqqYA
この頃のプリンスは
ぐいぐい時代を牽引していた側だった80年代に比べて
少し迷走し始めて、
結果、時代に乗っかる側になってきた
という印象の頃だね

前作サントラ"Graffiti Bridge"(1990)に
名曲こそあるものの、全体的に
無理矢理なヒップホップ感を感じたりしたし
ポップセンスが少し陰ってきたように思ったりしたし
結果映画もろともセールスがイマイチっぽかったし

、、、といった印象の時に
ふわっとリラックスした、
殿下のポップセンスが全開のアルバム
"Diamonds And Pearls"(1991) がリリースされた
そして久々の、
かつ結果生前最後の全米No.1ヒット"Cream"も生まれ
続くアルバムタイトル曲も3位と大ヒットして
、、、という中の4枚目(厳密には5枚目?)にカットされたシングルがこれ

これまでの殿下にはなかった、
ミドルのメロウでメロディアスな作品
なんつうか、当時はSimply Red的な空気も感じたかな

これが凄く好きになった理由は曲の良さはもちろんだけど
なんと日本でレコーディングされた曲
と知ったからだ

ツアーで来日していた狭間に
「レコーディングしたい」と日本のワーナーの担当者に伝えて
空き日に急遽レコーディングされたのが
この曲と"Strollin"だったらしいが
いずれも、実にリラックスしたスムーズでいい感じの曲

人づてで聞いた話だけど
殿下はいろいろ注文がうるさくて、わがままで、
大変だなぁ、、、と思っていたが
いざライブを見て、作品を聴いたら
ただただ圧倒されて、、、
感動しちゃった、らしい

なにがあったか知らないけど
この、日本で録られた曲は、
ふと我に返った殿下が、何のエグい装飾も施さずに
さらっと自然体で録ったんだろうなと

なにがあったか知らないけど
「金のことはもういいじゃないか」
「金のために、石油の利権のために子供を戦争に送り出すなんて馬鹿げてるよ」
なんてシンプルなメッセージを、
ブラックジャックにはまって身を滅ぼしそうな男の姿に託して歌っている

うん、素朴でいい曲だ

俺はいつも
この曲を聴くと
ネオンだらけの東京の繁華街を歩いている気持ちになる



[PR]

by jazzmaffia | 2016-05-28 12:58 | SWING-OによるReview | Comments(0)

<< Book : 『羊と鋼の森』レビュー SWING-Oライブいろいろご案内w >>