Movie : "Graffiti Bridge"


d0094512_02010933.jpg
"Graffiti Bridge" 1990
そりゃもうひどい言われようだ
追悼ということでいろんなプリンス特集本が出ている訳だけど
どれ一つとしてこれを評価しているものはない

実際この映画のサントラはリアルタイムで購入したものの、
プリンスのセンスに翳りを感じた作品でもあった
それでもいい曲は多数ある
賛否あれど、俺はこのなかのヒット曲の
M12 "Thieves In The Temple"
は好きだし、アレンジがイマイチなだけで(苦笑)、よく出来た曲だと今でも思うし
M4 "The Question Of U"
もシンプルでいい曲だ

そんなところで、
映画をこの度初めて見てみた

そうね、テーマは崇高なものではある
皆が一つになれば争いは無くなる
そして楽園にたどり着けるはずだ
必要なのは愛

金をとるのか、光をとるのか
・・・なテーマ

それをライブハウス同士の争いをベースにした話になっていて
そこに崇高な天使的な役割の女性としてイングリッドチャベスが出てくる訳だが
パープルレインにおけるアポロニアこそセクシーで魅力的だったけど
チャベスがどうしても魅力的に見えないのが勿体ない

実際ヒロイン役はマドンナからキムベイシンガーまでオファーしたが
いずれも断られて、そうなったという話もある
もしヒロインがそこらへんの当時キラキラしていたスターが出ていたら、
もう少し違う印象になったかもしれない

一方で
P-FunkのボスGeorge Clintonや
Staple SingersのMaves Staplesなどの大先輩から
この後大プレイクする当時13歳のTevin Campbellも出てるし
音楽的には美味しい要素は満載ではある
映画には復縁?したJam&Lewisも出てるしね

実際他のマフィア〜ドラッグ売人系の黒人映画のストーリーの在り方と比べて
それらの雑な設定&ストーリーと比べても
実は全く遜色はないし、
むしろテーマは崇高だったりするし
マイナスイメージなスタートだったからか
個人的にはそこまでひどい気はしなかった

この時期のプリンスのビジュアルも実際格好いいし
ダンスもキレキレだ

あと、噂では
試写会では評判よかったんだが、
いざ公開されたら更に編集されて
現在のイマイチとされるものになってしまっていた
という話もある

、、、、と精一杯フォローをしてみたが
やはりこの現状の作品で一見に値するか?
と言われると、そうではないかな 笑

でもそんな
争いごとはやめよう!
というテーマをもとに
どうやって音楽エンターテイメント映画にするか?
をプリンスなりに必死で頑張って作ってみた心意気は買いたいね

d0094512_02020413.jpg
このアルバムジャケットの左上の女性が
ヒロイン役のチャベスです
魅力的に見えます???笑

[PR]

by jazzmaffia | 2016-08-18 02:32 | SWING-OによるReview | Comments(0)

<< どうすればいいんだろう?? 8.11山の日はMyFavor... >>