R.I.P. George Michael

d0094512_03322985.jpg
George Michaelが亡くなったというニュースが
12.26に駆け巡った
享年53歳

若すぎる死だけれど、
最近はどちらかと言えば残念なニュースが多く
かつ新譜を積極的には聞いてなかったけれど
旧譜は今でもよく聴いていて
特に写真の真ん中の
"Club Tropicana"(1983)は両面ともDjでよくかけていたし
先日12.22の宇多丸&西寺郷太主催の80s night@webのイベントでは
西寺郷太氏がDJで"Everything She Wants~恋のかけひき"をかけていて
そしたら宇多丸氏がDJブースにかけつけて盛り上がっていて、
その後、この曲の今聴いてもいい感じは一体何なんだろう?て話をした
、、、そんな矢先

西寺郷太氏からしたら今年はPrinceに続く、
本を記したアーティストの2人目の死去となる訳だ
そうか、どちらにも1980sに大活躍というのとは別な共通点があるね
「レコード会社と契約や権利について戦った」
というキャリアだ

どちらもその戦いの最中である90年代半ばは
リリースが減ることとなり
個人的には、
1番センスがキラキラ輝いていた時期を闘争に費やしてしまい、
再びリリースをする頃にはセンスの翳りを見てしまった
という印象がある

殿下はそれでもインディなり何なりで
やけくそなものであれストックであれ、
リリースを止めることがなかったからまだしも
ジョージマイケルはただでさえ寡作の厳選リリースタイプだったのに
そこを闘争に費やしてしまったが為、復活した"Older"1996の頃には
ちょいときらめきが薄くなった印象を否めなかったのを覚えている

とはいえそれまでの
Whamとしての3枚
ソロとしての"Faith""Listen Without Prejudice"
の計5枚
特にWham!のセカンドとソロの1stにはかなりお世話になったし
多大なる影響を受けた

ポップでありながらも
その背景に黒人音楽への多大なリスペクトがあった
例えばそのカバーセンス
特にWham!セカンドに収録の
The Isley Brothersのカバー"If You Were There"
俺のSOUL道への入り口となった大事な曲だ

オリジナルも
Wham!"Freedom"はモータウンビートへの入り口となったし
(Culture Club "Poison Mind"と共に)
ソロ作の"I Want Your Sex""Monkey""Too Funky"などは
Funkyな音楽への入り口となったし
"Monkey"はシングルバージョンがリミックスバージョンだったので
("Everything She Wants"恋のかけひきもシングルはリミックスバージョンだったね)
「リミックス」という感覚への入り口にもなった
Wham!のデビュー曲"Wham Rap"はRapという言葉を最初に聞いた楽曲かもしれないし
"Young Guns""Bad Boy"と共にヒップホップ的な作品の入り口だった

積極的な豪華コラボ作にも結構やられたし
(Elton John、Queen、Aretha Franklin、Mary J.Bligeなどなど)
センスのある引用の格好よさを知ったのも彼が最初かもしれない
"Fast Love"でのPatrice Rushen"Forget Me Not"の引用
"Waiting For That Day"でのRolling Stones "You Can't Always Get What You Want"の引用
などなどは俺のツボとなった

、、、といろいろ切りがないね
そんな中、彼の死を知って一番最初に聞いた曲を最後に紹介しよう
最も好きな曲のひとつ、だね
それはソロ1st作"Faith"の6曲目のシングルだ
"Kissing A Fool"1988
https://youtu.be/omsBhh8vA7c


こんなジャジーで素敵な曲を
全米5位にしちゃった訳だ
この曲の凄いのは
ずーっとチルに淡々と続いて行って
クライマックスは3:15くらいにやっと来る
そんな粋な曲をヒットさせちゃうその感じ
ほんとこの頃のジョージマイケルは神がかってました

そんなジョージ
実は俺と誕生日が同じ6.25なんです
いろいろ音楽以外ではありましたが
その、素晴らしいセンスを持った人が
俺と同じ誕生日であったことを
これからも誇りに思って生きていきます

お疲れさまでした
 
 

[PR]

by jazzmaffia | 2016-12-27 04:14 | R.I.P. | Comments(0)

<< 2017年最初のひとりごと 年末は更にいろいろあります >>