<   2009年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Soul Togetherness

d0094512_14311358.jpg
d0094512_14313532.jpg


UKのレーベル、Expansion Recordsの2000年から続く人気コンピ
"Soul Togetherness" の2009年版になんと
俺の曲が収録されました!
45 feat. Jimmy Abney "Nothing Feels Better Than You"
がそれです

このコンピは毎年、その年に発表されたメロウソウルの代表曲を入れるというもの
つまり俺の曲は今年のメロウソウルの代表曲の一つとUKでも認められたということ
更に我が友Root Soulの"My Dreams Came True"も選出されていて
ここでも俺はエレピを弾いてます

素直に嬉しいっすね
そんなこんなで今、このコンピだけでなく
他のコンピの話も進んでいたり、7インチの話が進んでいたり、、、、
ジワジワ、むしろ海外で盛り上がりつつある45でした

このアルバムはCDはもちろん、写真のようなアナログもリリースされてます
例えばこちらで入手できますよ
Disc Union
HMV


45trioライブも近づいて来ました
是非ヤジを飛ばしにいらしてください 笑
Nov.4th (Wednesday) 
event: O2

place : Shibuya PLUG
http://www.shibuya-plug.tv/
time :19:00 open / 19:30 start
charge : 2,000yen
band : 45trio
http://www.myspace.com/45japan
(↑上記曲の試聴可能ですよ)
[PR]

by jazzmaffia | 2009-10-31 14:44 | Recommend | Comments(0)

45 feat.mabanua & Root Soul

2ヶ月近く経ってしまいましたが
45 feat. mabanua & Root Soul として出演した
Liquid Room 5th Anniversaryの模様を
You TubeにUpしました

順番に見ると、みるみる盛り上がってくるのが分かりますよ
何せアウェイでしたから








45trioとして
Root Soulとしてのライブがもうすぐです
live info:
Oct.30th(Friday)
event:Tokyo Active Drive
place:Shibuya PLUG
http://www.shibuya-plug.tv/
time:21:00 open / start (live start 2:00?)
charge: 2,500yen (with 1drink)
band: Root Soul
http://www.myspace.com/rootsoulinfo

Nov.4th (Wednesday)
event: O2
place : Shibuya PLUG
http://www.shibuya-plug.tv/
time :19:00 open / 19:30 start
charge : 2,000yen
band : 45trio
http://www.myspace.com/45japan
[PR]

by jazzmaffia | 2009-10-24 16:16 | Live Report | Comments(0)

M.F.S.と余談

d0094512_2511144.jpg


本日10月22日木曜日は
我らorigami PRODUCTIONS主催によるこれでございます
俺は本日はDJに徹しております
是非中目黒までぶらりお越し下さい

My Favorite Soul
2009.10.22 (thu) @nakameguro Solfa

www.nakameguro-solfa.com

Special Live:
thirdiq
mabanua

Resident DJ:
 Origami Crew
 TOKNOW (Romancrew)
 横山龍助 (Rare Drops)
 NOM (montyacc)
 小市芽来
 TSUYO-B (jazzswindle)
 DJ KEY
 CHICK-D
 BEat-taku around
・・・and more



*********

そしてカザフスタン余談を少々

まず、イベント会場では、我々はビールなども飲み放題だったんだけど
何故か栓抜きが存在していない
皆どうしてたかというと、ライターなどの固い部分を引っ掛けてスポン!と空けていた
格好いいな、と思った俺も当然真似をした
が、、、、結果がこれ

d0094512_2572989.jpg


失敗して右手中指を負傷しちゃいました
(写真はもう治りかけちゃってますが)
すべって栓の金属に指がひっかかっちゃったのです
そして肉が一部、そげちゃいました
ライブ後だったのがせめてもの救いですが

あ、もう治りましたからピアノ演奏には支障ありませんよ


**********


カザフスタンから帰る時
飛行機に乗る際に写真を撮っていたところ、
軍服を来た人に止められ、パスポートを取られ、足止めを食らった
ドラムのノブ氏も同様の罪で足止めを食らった

二人でしばし飛行機に乗れず、屋外にて待たされる
「ひょっとしてこのまま置いていかれるのでは???」
というほどの時間が過ぎたように思えた

その軍人は至って無表情
トランシーバーを片手に誰かとカザフ語でやり取りをしている

「ひょっとして俺ら、スパイ容疑をかけられたのかな???」

15分ほど経ったところで上役らしい人が現れた
何をやっていたかを聞かれ
写真を、それも今から乗る旅客機の写真を撮っただけだ
と言うと
「それはだめなんだ、この国では」としかられ
目の前で、飛行機の写真を消去するところを見せて
やっと飛行機に乗ることが出来、無事出国することが出来ましたとさ

<<教訓>>
カザフスタンの空港では写真をとってはいけない
スパイ容疑が即かけられる

 
 
[PR]

by jazzmaffia | 2009-10-22 03:07 | ひとりごと | Comments(0)

KJM Kazakhstan tour Vo.3

Kyoto Jazz Massive Live Set Member @ Kazakhstan

Shuya Okino:Percussion,Chorus,Conductor
Kenichi Ikeda(Root Soul):Bass
Shota Hishiyama:Rhodes,Synth
SWING-O:Piano,Synth
Takashi Nakazato:Percussion
Nobuaki Fujii:Drums

Vanessa Freeman:Vocal
Tasita D'mour:Vocal


d0094512_1326717.jpg


いきなり奥の会議室にメンバーが呼ばれ
始まったのが記者会見
当初はインタビューとしか聞いてなかったのに
部屋にはテレビカメラが10台ほど並び、記者が20人近く集まっていた

俺とノブ氏、中里氏は外で一服していたため、この席に入れなかった 笑

このイベントJazzystanがいかにこの国の注目を浴びていたか?が分かった
このイベントの首謀者Rustamによると
これまでB.B.Kingなり、GeorgeBensonなりの大御所を呼ぶJazzFezはあったものの
新世代のClub Jazzなものにスポットを当てたFezはカザフ史上初だという

当然質問も
「JazzとClub Jazzとは何が違うのか?」
「そもそもClub Jazzとは何か?」
なものに集中する

それをスムーズにRustamと沖野修也氏が答えていく
俺もいずれ、こうした問答を英語でちゃんとできるようにならなきゃな
と思いつつ、記者席で観察していた

にしてもRustamという男は凄い
彼はこの、カザフ史上初のイベントをたった一人で立ち上げ
数人の友人をサポートスタッフに呼んで実現させてしまった
しかも思いついたのが、7月の、俺らも出演したオランダのNorth Sea Jazz Festivalを見に来て
感動して、これは自分の国でもやるべきだ!と一念発起したのがきっかけだと言う
つまりたった3ヶ月で実現させてしまったのだ

しかも
20社近いスポンサーを集め
テレビ局も何社も集め
会場には歴史的なホテルのラウンジを使用し
肝心なる集客は想定の800人を大幅に超える1,000人以上
(沖野氏予測では1500人!)

ひとえに彼の音楽に対する熱意のみで実現したと言っていいだろう
彼の周りのスタッフは声を揃えて
「最初Rustumから話を聞いた時は、それはうちの国じゃ無理だよ」
と答えたという

確かにカザフスタンは音楽シーン、特にクラブシーンというものは全く成熟していない
何より、国が独立したのがアシッドジャズ期の1991年なのだ
「そりゃ無理だね」と諦めるには値する悪条件が沢山あるはずだ

でも結果からすると、彼はその未成熟なシーンを見て、むしろ「チャンス」と捉えた
どんなジャンルでも、新しいことを成し遂げてきた偉人が持つセンスと同じものを彼にも感じた
彼、Rustamにはただただ拍手を送りたい


d0094512_13471356.jpg

Opening Act:Alexandr Filippov's guitar quartet


d0094512_13472375.jpg

Magic of Nomads

d0094512_13473628.jpg


イベントそのものも大成功だったことは言うまでも無い
スタッフがフレッシュならば、出演者もフレッシュ、そして何より観客もフレッシュ
新しいものを生み出そうとする熱意と、新しいものに歓喜する熱意が一つになる瞬間が続いた
俺らのライブがこのイベントのピークになった

お客さんを煽る沖野氏のMC
熱くするVanessa、TasitaのVocal
腰を動かすリズム隊
そして俺やShotaのソロの度に絶叫と拍手

そして、、、、
可愛い女性が多かったんだな、また
カザフスタンは地域的にも我々日本人と共通するモンゴル系DNAらしく
日本人的な顔つき体つきの女性が数多くいて、かつ美しい人が多々いた
ロシア系の白人も美しい人が多数いた
それだけで俺らの気持ちも上がったことは言うまでも無い 笑

その気持ちの高揚のせいか
最後のBah Sambaの本編中にはちょっとしたハプニングを起こしてしまった
Lonnie Liston Smith"Expansions"を彼らがやり出した時に
キーボードの奴がステージから何故か去っていった(トイレだったらしい 笑)
それをセッション開始!の合図と勘違いした俺がキーボードを乗っ取った
そしたら中里氏、イケッチなどもステージに上がってきてパーカッションをたたき始め
大歓声のままExpansionsは終了

で、終わりかと思いきや、キーボードの奴が戻ってきて
「曲順表を見ろよ、まだ本編中だぞ!」と言われて驚愕!

でも彼らのライブ中、一番のピークがそのジャムだったことは客の反応をみたら歴然としていた



d0094512_141397.jpg


そのまま夜中の1時から5時まではアフターパーティにてジャムセッションをし
6時には空港に向かい、30時間の滞在のみでカザフスタンを後にした

可能ならば、もう少しいたかったな

でもRustamは言っていた
「これから毎年このJazzystanJazzFestivalを開くよ」と

きっとまた遠くない未来にカザフスタンを訪れることが出来るはずだ

そう祈っている



d0094512_1443640.jpg




Jazzystan Jazz Festival のHP
http://jazzystan.com/en/festival/
 
沖野修也BLOG(今回はあっけなくカザフスタン旅行記は終わりそうです 笑)
http://ameblo.jp/shuya-okino/
 
 
[PR]

by jazzmaffia | 2009-10-20 14:06 | | Comments(1)

KJM Kazakhstan tour Vo.02

今回の旅で、皆の口々から出てきたのが
『羽田空港のハブ化』だね
直行便がもしあれば7時間で着く距離の国に
何故20時間もかかったか?という原因の一つもそこにあるからだ

無駄に広い、2006年に出来た新しい空港でもあるバンコク国際空港は
ある程度のハブ化が出来ている空港のひとつでもある
だからそこまでの直行便としての利用者がいなくても
通過点として機能しているから、カザフスタン⇔バンコク便なるものが存在できる

カザフスタンに行くには
韓国のインチョン空港か、北京の空港か、バンコクを利用しないと行けないのだ
(ヨーロッパ経由などは除いてね、それは遠すぎるから)

今回の20時間の内訳は
成田→バンコク : 7時間
乗り継ぎ待ち : 4-6時間
バンコク→カザフスタン : 8時間
というもの

ましてや家から成田までの時間などを加え、
2時間前にチェックインということまでを考えると、、、、
、、、実に24時間を越える時間がDoor To Doorでかかってしまうことになる
前原大臣、頑張ってください
千葉県民、大阪府民、ご理解下さい!

**********


d0094512_1420488.jpg


朝10時に起床
朝食を取りにロビーに降りていく
そこでロンドンから来ているボーカルのVanessa Freeman、Tasita D'Mourと合流
イベントの発起人Rustamも来ていて、色々話した

リハーサルまでにしばらく時間があるということで
「どうしたい?」と言われた俺は
当然
「観光したい!」と答えた

彼は気さくに対応してくれて、
12時から観光しよう!ということになった

俺らが行ったアルマトイ(Almaty)という町は
カザフスタンの中でも南東の端にある町で
町の南側はヒマラヤ山脈の北端でもあり、既に雪が積もったアルプスのような山並みがあり、美しい
その山の向こうはキルギスという国であり
東側はもう中国だ

Rustamが連れて行ってくれたのは街を見下ろす丘の上
上記写真のタワーがそびえる展望台だった
到着した深夜こそ震え上がる程寒かったが
昼間はまだ暖かい
T-シャツにスウェットで全然大丈夫だった

d0094512_14334779.jpg

これが南側にそびえるヒマラヤの端の山脈、この向こうがキルギスだ


d0094512_14344178.jpg

これが東側、こちらに向かっていくと中国にたどり着く


ちょっとした機材レンタルトラブルのため
急遽会場入りしなければいけなくなり、
この展望台のみで観光が終了

もう少し延泊してでも街を味わってみたかった
パッと見すごく淡白な街だったが
きっと楽しい場所はあったはず


d0094512_14394254.jpg


ライブ会場に到着
1970年ごろ、つまりは旧ソ連時代に建てられたという歴史的な建物
その名も「ホテルカザフスタン」だ

中のパーティー会場に機材が持ち込まれ
イベント会場と化している

リハーサルも難なく終了
馬肉とラム肉中心の夕食をご馳走になり
再び会場に戻っていった

さぁ、そろそろイベントが始まるようだ

10月15日 17時頃 会場周辺は既にオープンを待つ客でごった返していた
[PR]

by jazzmaffia | 2009-10-18 14:42 | | Comments(0)

KJM Kazakhstan Tour Vo.01

旅というのはまた音楽にとって素晴らしい刺激物だ
ましてやライブのために見知らぬ国を訪れる、という旅が
刺激的でない訳がない

Kyoto Jazz Massiveのライブメンバーとして
活動させてもらい始めて早4年ほど経つだろうか
その間本当にあらゆる国でライブをさせてもらっている
今年も7月に既にオランダとハンガリーのフェスでライブをやってきた
(本当はメキシコも5月に行けるはずだったのが、例のインフルエンザ騒動で中止
非常に残念だった)

そして今回は何とカザフスタン(Kazakhstan)
それが果たしてどこにあるのかをご存知な方はほとんどいないだろう
(下記地図参照)
d0094512_19101451.jpg



名前からして中東っぽいのは皆が想像つくところだろう
実際は旧ソ連の南部、ユーラシア大陸のど真ん中で
かつアフガニスタンやイランなどとは国境は接していない

石油を中心とした天然資源が豊富で、1991年に独立以降
経済的には目覚しい発展を遂げてはいるものの
大統領の独裁が続いているので、内政的には不安定な要素もあるという

音楽に関しては???
全く情報は分からない
8月に沖野修也氏がDJとして既に行っていて
「日本人とそっくりな子が沢山おったで」
ということと
今回のイベントの主催者でもあるRustamがかなりのクラブジャズ通であるということ
イベント名がJazzystan Festivalということ

それだけの情報の中、
若干の旅慣れな感覚のまま、
バンコク経由で、延べ20時間もかけて、旧首都でもあるアルマトイ(Almaty)に向かった


d0094512_19115884.jpg

雲はアートだな


d0094512_19121095.jpg

泊まったホテルはHoliday Inn


d0094512_19124441.jpg

"45"につい、反応してしまうね、正確には4.5だけど



d0094512_19142854.jpg

今回唯一観光できた場所、実にいい見晴らしでした



20時間かけてアルマトイに到着したのは午前2時
疲れきった我々をスタッフのエリックが迎えに来てくれた
ホテルに着くや否や爆睡

翌日15日はもう本番だ
ちゃんと確認していなかったが、今回の旅は日本時間でこそ3泊4日なのだけど
ほとんどが移動時間のため、感覚的には実は1泊4日だったのだ

翌日はもう寝ない覚悟を決めていた・・・



*********


よりキメ細かいツアーレポートは
沖野修也BLOGをご覧あれ
まだカザフスタンに到着すらしていない 笑
[PR]

by jazzmaffia | 2009-10-17 19:15 | | Comments(0)

laidbook02とJ-Wave

d0094512_13155548.jpg

laidbook 02 "The TRANSIT ISSUE"
10/7/2009発売 1,000円(税込)


我らがorigami PRODUCTION渾身の、
月刊CDの第二弾が本日発売です
敢えて配信はしておりません

手に取っていただきたい、というコンセプトなので
10枚入ったアートカード
ここでしか聞けない我々の新録の7曲で25分の旅をお楽しみ下さい

そう、今回はカメラマン/デザイナーチームGlowzプロデュースによる
『旅』をテーマにした作品集です

俺自身も中沢新一『アースダイバー』に捧げるカード、楽曲"Earth Diving Man"を入れてます
東京という街の、地下の旅です

全体にアウトドアなイメージのアートブック&CDが出来たと思います
PV含めてお楽しみ下さい!




laidbook02収録のこの曲はJ-Waveでチャートインしました
是非応援よろしくです


******


J-Waveと言えば、ですね
先日3,000人を集めて大反響だった、TokyoCrossover/JazzFestivalの模様が
近々オンエアされます
熱い演奏を是非チェックしてみてください

d0094512_13274480.jpg


番組名:JR EAST Midnight Train
放送局:J-WAVE(81.3 FM)
放送時間:24:00~24:30
ナビゲーター:奥貫薫
放送日:10月7日(水)ROOT SOUL LIVE
    10月8日(木)Shuya Okino's 20th Anniversary Special Live Set
番組ウェブ・サイト: http://www.j-wave.co.jp/original/midnighttrain/




*******



台風が近づいてきてるなぁ
明日の俺主催の飲み会は無事決行できるんやろか??

早く今夜にも上陸してくれることを願ってしまうSWING-Oでした

 

waxpoetics BLOG
2日に一度、更新してます
http://www.waxpoetics.jp/blogs/45/

origami BLOG週に一度、更新してます
http://blog.ori-gami.com/?cid=15508
[PR]

by jazzmaffia | 2009-10-07 13:30 | Recommend | Comments(0)