<   2010年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

これからの流行りは刑務所ビジネスだよ

d0094512_21472530.jpg

Courier Japon 2010年3月号
「貧困大国アメリカの真実」


マイケルムーア監督の『シッコ』を見ていたので
アメリカの保険業界が腐りまくってるのは知っていたが
それだけじゃない、アメリカ社会全体を覆う市場原理主義の酷い実態
それを確かな情報として再確認した

アメリカは先進国の中ではほぼ唯一、国民医療保険が存在しないに等しい国
『自由の国アメリカ』の名の元、保険も民間医療保険が主流となっていて
契約を獲得するためには何でもするが
被保険者が病気がケガをした時にも、払わないで済む為なら手段を選ばない
アメリカの民間保険会社が儲かっているのはそういう理由

そこらへんの詳しい事情もここに載っているし
何より『シッコ』を見ればより理解できるだろうから省略するとして
今回この特集で知った恐るべきことは
今、アメリカで流行の兆しを見せているのが『刑務所ビジネス』ということだ

上記の保険と同じ理由でアメリカの刑務所もかなりの率で民営化されている
民営化のメリットは
*国にとっては、運営費用の節約になる(1/10で民間は請け負ってくれる)
*民営刑務所側のメリットがこれまた多数ある
● 一人受刑者を受け入れることに更正費的な費用を州からもらえる
● 本来受刑者にとっては無料であるべき部屋代、食費、医療サービスを自己負担させることが出来る
(これ、ひどいよね)
● 「職業訓練」という名目で最低賃金以下の報酬で働かせることが出来る
、、、などなどメリットだらけなのだ

そこに目をつけた刑務所経営業社は、最近やたらホームレスを収監し始めたらしい
収監者を増やすことが利益になる、ということで
ホームレスであることの社会における犯罪性を訴え、ロビー活動をすることで
それを認める州や自治体が増えたらしい
当然その裏には刑務所業社と議員の癒着もある

そしてその動きを見るウォール街の株取引では
刑務所業社の株価が、この不景気に反比例するかのように急上昇しているという
(P44~『民営化で加速する、刑務所ビジネス』より)

・・・一体どこまで金!金!金!なんだ???
一度このバッドなスパイラルに片足突っ込んでしまったら
一生抜け出せないように出来ている

つまり、貧困者はとことん貧困であれ、というスパイラルだ


他にも大学事情も酷いことになっている
不景気により、寄付金が減ってきたために学費が高騰している
そこまでなら日本も同様だけど
アメリカが病的なのは、学資保険の金利が8%もすること、そしてその理由だ
これもまた学資ローンをビジネスとして存在させるための、金融業界の圧力によるのだ
その金利をキープさせるためのプログラムを教育省が組んでいたりする
かつそのローンは、自己破産しても借金の免責が認められていないらしい

結果、金を持つ者しか合格させられない状態になってきているらしい
このままだと世界に名だたる大学教育や研究施設を持っていたところが
みるみる破綻に近づいてきている、という
能力はあるが金がない、という者が入学してこれない
研究者不足にも陥っているという
(P40~『学生を借金漬けにする教育システム』より)

つまり、最近は
中流階級からも搾取していくように社会が機能している
ということだ
その傾向は古くは共和党レーガンが始め
ブッシュがそれを極めて、現状に至る


まとめると
全ての業界に言えるアメリカの病みっぷりは
1)自由競争の名の元に、政府の介入をNGとする(それが社会主義的という理由なんだろう)
2)儲けるためなら何でもあり、勝ちさえすれば全てはOKとなる!という世界観
そしてブッシュで極められたスパイラルは
3)持つ者はとことん持てる、持たざる者はとことん持ちにくくなる

恐ろしいな
こういうアメリカの現状を知ると、
「トヨタは金欲のかたまりだ」的発言がいかに矛盾しているか?が分かる
もちろんトヨタがミスを犯したことは間違いないにしても
そこを徹底的に突くことで、アメ車の復興を目指すロビー活動的側面が強いのは明白だ


精神分析の岸田秀氏や
ジャーナリストの立花隆氏の言葉を借りるまでもなk
アメリカは深く複雑なストレスがあるべくしてある国
国の始まり方からしてそうだからね
インディアンを追い払い、奴隷を連れてきて始まった『自由の国』アメリカ

そんな、他の国では無かったタイプの
ストレスがあった為に
素晴らしい音楽が生まれた

と言ってもいいんだろう


だが、とことん市場原理主義を極めてきて、かつ破綻した今
弱者であった黒人音楽が市場の中心を占め
弱者であった黒人が大統領になった今
アメリカは新しく素晴らしい音楽を生める状態にあるのだろうか???

実際、音楽市場も、市場原理主義を極めすぎた為の疲労困憊な状況にあると言っていいだろう
2匹目ならまだしも百匹目のドジョウを狙う、くらいの後追い体質
新しい音楽に投資することのメリットの減少
・・・・

この色んなものが腐食していく現状は、前にも言ったけども
喜ばしいことだと思う
次に生まれ来るものたちの肥やしになるのは間違いないからだ

ただ、今我々が気をつけるべきなのは
「そろそろアメリカ至上主義はやめないか?」と
こんな腐った社会制度のアメリカと比べて
いかに日本が素晴らしい国なのか?ということをもっと我々が自覚すべきだと思う

だって、
「これからの流行りは刑務所ビジネスだよ」
て会話をしたいかい?

[PR]

by jazzmaffia | 2010-02-27 23:12 | ひとりごと | Comments(0)

俺の顔じゃないよ!



■2・25 (Thursday)
@solfa nakameguro 03-6231-9051
"MY FAVORITE SOUL"
OPEN/START 21:00- all nite
FEE: 2,000yen (with 1drink)
guest dj :
Yosuke Tominaga

resident dj :
45a.k.a.SWING-O,
mabanua,
Yoshi,
TOKNOW(Romancrew),
横山龍助(Rare Drops),
NOM(montyacc),
TSUYO-B(jazzswindle),
Prisma,
小市芽来,
DJ Key,
CHICK-D,
BEat-taku-around(来音食堂)
http://www.nakameguro-solfa.com/


このソウルイベントは
*全てのDJがBPM100以下厳守!
*全てのDJが決められたテーマに沿った曲を持ってくる
てな縛りがあるイベントです

でもって、ある程度オープンなB2Bタイムを設けてるので
皆で音楽を流しながら楽しむ
当然、お酒と共に(笑)

そんな緩くてソウルフルなイベントを目指してます
チャージも安いでしょ?ドリンク付きだから

中目黒駅から徒歩5分です
平日の夜を楽しく過ごしましょう

&語りあいましょうぜ



このフライやは俺がデザインして作ったんだけど
Marvin Gayeのつもりなんだけど
見せる人見せる人に「これってSWING-O自画像?」と言われる(笑)
今後俺の自画像として使っちゃおうかな? 
[PR]

by jazzmaffia | 2010-02-22 18:10 | 最新Live情報 | Comments(0)

これからの音楽生活

d0094512_22503411.jpg

d0094512_22504835.jpg



最近もっぱら多い特集だね
音楽業界が下降線、テレビも雑誌も下降線、てのはもはや定説

その原因をああだこうだ言うだけでは未来がない

何はともあれ時代は進んでいる

多少の礼節をわきまえてなかろうが、
今までじゃ現れ得なかった精鋭、
国母みたいなのが出てくる時代なのだ
朝青龍みたいなのがまだ馴染めない時代なのだ

ワイドショーに始まり、2チャンで極まったような、
国民総評論家時代はそろそろ色んな末期症状を示し
かつそれらが肥やしとなったかのような、新しい何かが生まれようとしている


本題、音楽も既成事実として激変期を迎えている
そしてこれまでの変化と大きく違う点がこれらの特集の中にも浮かび上がる
これからはアーティスト自らがプロモートも出来るようにならなきゃいけない時代
ということだ

実際俺の周りでもTwitter、UStreamなどのユーザーが激増している
Mixiが流行り出した時と同じ勢いを感じるが
それと違うのは、Mixiが秘密を共有的な嗜好だったのに対し
これらはもっとオープンな場所だということだ

CDに代わるダウンロードを筆頭にした、
音楽の販売の仕方、
音楽による収入の得方も
どんどん変わってきている

俺自身の周囲にも色んなタイプの生き方の音楽家がいる
1)バン一台で全国を回りながら生きているバンド
(実はこれが一番健全に思う)

2)メジャーと無事契約を交わし、たった今売り出し真っ最中
(中々今の時代、上手くいってないようだが)

3)自ら全てを取り仕切ってライブ、リリースと進めている
これは今の時代ならではの方法でもある
ダウンロードを中心に、
ライブは少しずつコアなファンを増やしながら、、、

そんな3な活動をしている男を最後に紹介しよう
竹本健一
彼は元メジャーバンドで活躍していたんだが
その素晴らしいPop/Soulなセンスをもってしても、プロモーションと上手くめぐり合えず
大ブレイク!になれないままバンドは解散
そしてソロとしての活動を色々試みていて
当初は色んな事務所との契約を模索していたが、
現状、彼のような確かな音楽性を持った、
30手前の男性シンガーを雇う体力のある事務所などあろうはずもなく
結果、彼は一人でライブブッキングから制作、リリースまで自己管理でいくことに決める

俺も一曲手伝っていてそれはこちらだ
http://itunes.apple.com/jp/album/sha-la-la-single/id347542531

そして、彼の最新作は、viBirthというアグリゲーターと組んで出した、
スタジオライブ盤"Taion"
それが何とたった今R&Bチャートの4位だ!
並み居る強豪を抑えて、素晴らしい順位だね

d0094512_23171629.jpg



この音源制作についての記事は
上記雑誌「サウンド&レコーディングマガジン」最新号にも出ている

この結果自体は実に素晴らしいことだ

ただ、まだまだこれだけでは音楽家として食うに困らないだけの収入には正直ならない
こうしたチャートアクションがどれだけ長期にわたるか?が勝負だし
これがきっかけでどれだけ別な形の仕事(ライブやゲスト参加などのオファーとか)
が派生するか、にもかかっている

まぁ、とにかくおめでとう!
&引き続き頑張ろうぜぃ



そして音楽で食って生きたい輩は上記雑誌は必読だね
俺も、ちょっとネットの生かし方
特にUStreamの生かし方は色々いま考えているところだ


MUROさんも言っている
「今、90年代初頭と同じ空気感を感じるね
あの頃は色んなものがぐしゃぐしゃで、メジャーに飽き飽きして、
そこで色んな新しいものが生まれてきたじゃない?
今まさにそんな感じでしょ?」

[PR]

by jazzmaffia | 2010-02-19 00:01 | ひとりごと | Comments(1)

巡り巡ってサークルゲーム

d0094512_4171087.jpg

Joni Mitchell & James Taylor "The Circle Game" 1970

何度聴いてもいいな、このカップルのデュエット
ここで紹介は二度目だ(笑)
http://jazzmaffia.exblog.jp/10701169/

そしてオリガミBlogでJames Taylor 特集、終了です
是非順ぐりに読んでみてください
感動な話が沢山織り込んであります

James Taylor Ⅰ
James Taylor Ⅱ
James Taylor Ⅲ
James Taylor Ⅳ



さて本日17日は仲間たちのリリースパーティにDJ参加します

2月17日(水)@渋谷Quatro
Hiro-a-key、竹本健一

彼らのダブルリリースパーティにて、演奏ではなく、DJにて参加します
日本のSweet Soulをこれからしょって立って欲しい2人のライブに請うご期待
俺が彼らに提供した曲もきっとやるはずです
http://www.club-quattro.com/shib_info.php?year=2010&month=02&id=143770
 

twitter(45のツイッターです、フォローよろしく!)
http://twitter.com/swingo_aka_45
[PR]

by jazzmaffia | 2010-02-17 04:27 | 最新Live情報 | Comments(0)

格言集 from my Twitter Pt2

d0094512_2313358.jpg


スウィートなレコードを聴きながら
また最近集めた格言を紹介しましょう

格言07
『青空へ ドナルド・バード Sky High』

from Jazz Incorporated 01(ジャズ川柳コーナーより)
→分かる人にはこれが絶妙な川柳だと分かる

格言08
『日本の警察には本当の意味の「任意」の取調べはない、
あるのは「任意」と言う名の強制捜査だ』

by森巣 博(ばくち打ち兼作家)
→意外とその事実に疑いを持つ人がいないのは何故だ?

格言09
『「問い」があるならば、「答え」は半分そこにあるようなものだ』

By 吉本隆明
→最近は「問い」離れが激しいかもなぁ

格言10
『自分の価値を法外に低く見積もるのは、
自分の力を誇張するのと同じに、はなはだ事実に即さない。
だから僕は謙遜を美徳とは思わないね』

By シャーロックホームズ
→久々に読み直してみた「シャーロックホームズの思い出」の中にありました

格言11
『私が常にベンツの新車に乗っているのは、半分は好きだからだが、
半分はそのことにより何人もの人が仕事を得るからだよ』

by 某会社社長 (募金するのはいいが、ベンツに乗るのはいかがなものか?と問われたことに対して)
→ハイチに募金する位なら隣のホームレスを救え!という見当違いなクレーマーに教えたい言葉だ

格言12
『ゴミこそ宝!』

by J Dilla
→音楽製作をする者、サンプリングをする者ならこの含蓄が分かるだろう

格言13
『「ひとつの壁がとなりの壁に何て言ったか?」
「角のところで会いましょう」』

From "For Esme" J.D.Salinger
→正確には格言じゃないな、まさにアメリカンジョーク


で、ツイッターに転がっていた素晴らしい言葉を一つ紹介しよう

『いろんな意見がある。人に文句言う前に、自分が何をしたかだろうよ。
俺はそう思うから、俺に出来ることを、俺がしたいときにする。
ときに、それを共有してくれるひとがいたら良いと思う。
まずは自分から。文句を言うのが一番楽なんだということを忘れない、俺は。』

By Gotch(Asian KungFu Generation)




SWING-O's Twitter (つぶやき/ひとりごとしてます)
http://twitter.com/swingo_aka_45


写真のレコードはこちらで紹介してます
http://www.waxpoetics.jp/blogs/45/2010/02/15/
 
 
[PR]

by jazzmaffia | 2010-02-15 02:51 | ひとりごと | Comments(1)

『リズムアンドブルースの死』

古い本ですが、ブラックミュージックを知る上で良い本でした
レビューを書いてみました


d0094512_1434858.jpg

『リズム&ブルースの死』ネルソンジョージ著

「こうして、多くの市民は自分たちの願いをかなえた
ビッグバンドジャズの発達の過程で、
アフロアメリカの音楽的伝統は、アメリカ音楽の
商業的な浅薄さと見分けがつかないものになってしまった」
(リロイジョーンズ『ブルースの魂』)

ブルースの死について書かれたこの言葉を
リズムアンドブルースに置き換えても言えることに気づいた作者が
この音楽にとって重要であったラジオ文化史と、音楽産業の推移を詳細に渡って引用しながら
R&B~Soulの誕生と死について解説を試みた本

つまり黒人は同じことをまた繰り返しているのだ、と
黒人である作者が、同胞への警鐘として書いた
という側面が強い本でもある

アメリカという、移民&奴隷によって作られた特殊な国
そしてその特殊な国にもたらされた特殊なストレスがもとで生まれた
特殊な音楽たちは
常にその人種問題とリンクして発展、変化してきた
黒人には大きく2通りの生き方の軸があって
1)頑張って白人社会に割り込み、馴染む、同化主義
2)黒人だけの社会を別途作り上げ、白人社会と対等な関係を築く自立主義

もちろん2つのうち一方しか選べないのではなく
そのバランスが問題なのだが
少なくともビジネス音楽に関しては、
限りなく1の同化主義に傾きすぎてきた
何故なら音楽をレコードをビジネスにするためには
金を持っている白人たちが買ってくれるものを作らなければ儲けにならないから

70年代に入り、
音楽ビジネスが大きくなってくればくるほど
その傾向は強くなり
しまいには音楽はプロデューサーのものとなってしまう

プリンスはこの本の中でこう語る
「今日では、人々は歌などつくらなくなった。
つくられるのはサウンドであり、繰り返しでしかない。
プロデューサーが力を握ってから、こうなってしまったんだ」
(ここで言うプロデューサーはサウンドプロデューサーではなく
金を出す、ビジネス側の制作プロデューサーのこと)

この本は1988年に書かれた
HipHopがまた生まれ育って、大きくなってきた頃だ
だが、今の現状をみると、
HipHopもまたやはりブルース、R&B、ソウルなどと同じ轍を踏んでいる
何故なら今やヒットチャート上では
白人のHipHopも黒人のHipHopも区別がつかないくらいPopになってしまった
黒人の独自性はまた黒人によって白人社会に売られてしまったのか?


「アメリカ黒人の同化主義への執着が、自らを文化的自殺に向かってまっしぐらに突き進ませているのはあきらかだ」

彼の警鐘は20年以上経った今でも変わらない
[PR]

by jazzmaffia | 2010-02-13 01:50 | Recommend | Comments(0)

相変わらずええイベントやったなぁ

d0094512_15303891.jpg


昨夜の代官山UNITにおける
"PEACE-A J Dilla Tribute-"
は大盛況のうちに終わりました
もう超満員やったね?

死後4年目の命日
にも関わらず、むしろ増える一方なJ Dillaキッズたち
彼の提案してきた、音楽的でドープなHipHopは
むしろ今やっとDNAが着床したくらいなのかもしれない

俺のライブも大好評大盛況やったね?
HipHop大ネタ連発!なずるい(?)手は使ったけど
それだけではない、演奏そのものでの盛り上げも出来たと思う

とはいえ、
もっともっとグルーヴはタイトにしたいね
そして、もっともっとSoulfulにもしたいね
世界中に持っていけるFunky Piano Trio構築はまだまだこれからです

写真は昨日のメインゲスト、J Dilla弟のIlla J
そしてDJを勤めたDJ Sarasa
Thanks Everybody!


d0094512_15404321.jpg

V.A. "Jump Start Music"

UKのレーベルSoul Unsigned Records制作のコンピレーションCDに
俺の"I Believe Feat. Stephanie McKay"が収録されました
しかも1曲目!

現在逆輸入で日本でも入手できるようになってます
他に沖野修也、Monday Michiruなどの日本勢も収録です

Soul Unsigned Records

こちらで購入できます
Tower Records
HMV

 
[PR]

by jazzmaffia | 2010-02-11 15:52 | Live Report | Comments(0)

"Don't Say Goodnight"

d0094512_544880.jpg


やっと寝れる、、、
そんな朝方にこの中のB-2"Don't Say Goodnight(It's Time For Love)"はいかが?
つか寝れんやんけ!

http://www.waxpoetics.jp/blogs/45/2010/02/09/


さていよいよ明日2月10日はJ Dilla Tributeイベントです
弟のIlla Jも来ます
つか本日Illa Jのリハに参入します
てことは???お楽しみに!

2010.02.10 (WED)*Before Holiday @ UNIT
Open/Start : 23:30
Admission : Adv. 3000yen, W.Flyer 3500yen, Door 4000yen
“PEACE”-A Tribute to J DILLA-
supported by Wax Poetics Japan

http://www.unit-tokyo.com/schedule/2010/02/10/100210_peace.php


[PR]

by jazzmaffia | 2010-02-09 05:10 | 最新Live情報 | Comments(0)

Inside My Love

d0094512_12445082.jpg


寒いけど、暖かい日差し
そんな日にピッタリだね、このアルバム
そしてこの中のB-2"Inside My Love"

あの、有名な感想のエレピはJoe Sampleでし


today's recommend :
"Inside My Love" by Minnie Riperton
http://www.waxpoetics.jp/blogs/45/2010/02/07/



J Dilla Tributeイベント、間近です
2010.02.10 (WED)*Before Holiday @ UNIT
Open/Start : 23:30
Admission : Adv. 3000yen, W.Flyer 3500yen, Door 4000yen
“PEACE”-A Tribute to J DILLA-
supported by Wax Poetics Japan
http://www.unit-tokyo.com/schedule/2010/02/10/100210_peace.php

 
[PR]

by jazzmaffia | 2010-02-07 12:48 | Recommend | Comments(0)

コナンドイルとサリンジャー

d0094512_056392.jpg


かなり以前も紹介したこれを聞きながら
10年以上ぶりに、
コナンドイル『シャーロックホームズの思い出』
J.D.サリンジャー『ナインストーリーズ』

を読んでいる

サリンジャーはご存知のように、先日91歳で大往生されたと聞き
久々に読むか!と思ってBook Offに向かった
そこで何かもう一冊!と思って買ったのがホームズ、な訳

どちらも久々に読むとまた新鮮でいいね

おっと、最近なんだかタレントみたいに毎日更新してんな?
ま、今週が暇だったからなんだけどね

でもそろそろ忙しくなりつつあるので
そのうちまた気まぐれになります、こちらは

てな訳で、日々更新しているこちらもどうぞ
SWING-O's Twitter (つぶやき/ひとりごとしてます)
http://twitter.com/swingo_aka_45

waxpoetics BLOG(隔日更新中)
http://www.waxpoetics.jp/blogs/45/


近づいてきました、J Dilla Tributeイベントは
2月10日深夜です!
詳細はこちらです
http://www.unit-tokyo.com/schedule/2010/02/10/100210_peace.php
[PR]

by jazzmaffia | 2010-02-05 01:05 | ひとりごと | Comments(0)