<   2012年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

JAPRIDE報告とピアノ弾き・語りライブのお知らせ

JAPRIDEの熱も冷めやらぬ中ですが
まずは俺のグランドピアノ演奏&語りのライブの案内から

下北沢のワークショップスペースSEED SHIPという新しい場所で
ピアノを弾きながら、SOUL大学の授業的なお話を繰り広げる
一方でNOVOL氏によるライブペイントも同時進行
会場にはソウルなカメラマンKEITA氏の作品展示
そんな黒汁満載な実験的イベントです

是非みなさん黒い授業を受けに来てください

d0094512_1238198.jpg

1.29(Sun) @下北沢SEEDSHIP
"People Tree"

18:00 open /start
charge 2,500yen
SWING-Oa.k.a.45(Piano)
NOVOL(Paint)
KEITA(Photograph)
http://www.seed-ship.com

****

そんな訳でJAPRIDEの第一回ツアー東京&大阪
無事に大盛況に終わることが出来ました

発起人竹内朋康氏に感謝すると共に
今後の展開をまたみんなの協力とともに広げていきたいなぁと思う次第です
見てくれた人は感じてくれたと思うけど、
実にエンターテイメント性溢れるバンドたちだったでしょ?
Fiasco3(竹内朋康、鈴木渉、屋敷豪太)
45trio(SWING-O、SUNAPANNG、久保正彦)
Dezille Brothers(椎名純平、SWING-O、竹内朋康、鈴木渉、白根佳尚)

という順番の流れも実に良かったかと思います

SOUL〜R&B〜FUNK〜HIP HOP〜JAZZなどの
所謂黒い音楽をやっている方々は
どちらかと言えばスタイリッシュになりがちで
初見のお客さんには敷居が高く見えがちなのも否めない点で
それがゆえに、日本の中では大きなシーンを作って来れていないのが事実
ロックフェスがあってもファンクフェスなりHipHopフェスがないのがその証拠だね
ひとつにある程度なれているのはReggaeくらいかな
もっとも、久保田利伸氏やKreva氏のように、
個々で大活躍しているアーティストはいるんだけどね

今回はたった2カ所だったけど(45trioは愛知県岡崎市でもやらせて頂きました)
それでもかなりの手応えがあったね
お客さんの反応もかな〜〜りよかったし
ありがたい限りですよ、感謝感謝

ちょっとずつ、ちょっとずつではあるだろうけど
この仲間を軸にして、輪をどんどん広げて行きたいと思ってます
今後とも黒汁音楽集団DINGO STARS
そして黒汁イベントJAPRIDE
をよろしくね!

早速ですが、1.18の東京のライブの写真が届きました
撮影は古賀恒夫氏によるものです、いくつかを紹介しましょう
まずは45trio
d0094512_2316023.jpg

d0094512_23144918.jpg

d0094512_23163131.jpg


Dezille Brothers
d0094512_2318012.jpg
d0094512_23171086.jpg

d0094512_23182627.jpg


他にも沢山あります
こちらをご覧下さいね
http://japride.tumblr.com/

****

他SWING-Oのライブ情報はこちらです
d0094512_22344760.jpg

new URL: http://swing-o.info/
[PR]

by jazzmaffia | 2012-01-23 23:27 | 最新Live情報 | Comments(0)

濃密SWING-Oライブ情報2012年第一弾!

2012年も2週間がすぎ、日常に戻りつつある今日この頃
あっしもそろそろライブな日常に戻らせて頂きます!
早速の濃厚なるライブたちです!
こぞってお越し下さい!

d0094512_1230999.jpg

2012.1.18(Wed) @青山CAY
"JAPRIDE"

竹内朋康主催の黒汁音楽集団DINGO STARSとしての旗揚げ公演、それが”JAPRIDE”
そもそもいずれも名付け親が俺だったりするので、ある種俺も中枢なり
当然45trioとしてもDezilleBrothersとしても出演します!
2012年の幕開けを、まずは東京と大阪でスタート
■45trio,DezilleBrothers,Fiasco3
★open 19:00 /start 20:00 adv 3,000yen /door 3,500yen
東京都港区南青山5-6-23 SPIRAL B1
http://www.spiral.co.jp/f_guide/cay/

2012.1.19(Thr) @愛知県岡崎市Ragslow ひかりのラウンジ
Size R×D presents “S,P,B vol.1″

■45trio
OPEN・START / 20:00
adv3,000yen / door3,500yen
http://www.ragslow.com/

2012.1.20(Fri) @梅田NOON
"JAPRIDE"

■45trio,DezilleBrothers,Fiasco3
★open 18:30 /start 19:30 adv 3,000yen /door 3,500yen
大阪市北区中崎西3-3-8JR京都線高架下
http://noon-web.com/

2012.1.22(Sun) @元住吉Powers2
UNDER THE WILLOW NITE

ADV./DOOR: 2,000
GUEST DJ + MUSICIAN: SWING-O a.k.a.45 (45trio/origami)
【LIVE】タケウチカズタケソロ with DJ TOKNOW
    UNDER THE WILLOW band
【Resident DJ】TOKNOW  
DJ&セッションミュージシャンとして参戦します!
http://www.powersbar.com/powers2/

d0094512_1238198.jpg

1.29(Sun) @下北沢SEEDSHIP
"People Tree"

18:00 open /start
charge 2,500yen
SWING-Oa.k.a.45(Piano)
NOVOL(Paint)
KEITA(Photograph)
SWING-Oa.k.a.45(Piano),NOVOL(live Paint),KEITA SUZUKI/PLOT.lv04(Photograph)の3人による新しいイベント”People Tree”
KEITAが撮影した、アーティスト写真を元にNOVOLが絵を描き、SWING-Oがピアノを奏でる空間第二回はヴィブラフォン奏者RoyAyersを発端(Root)に、彼の曲はもちろんのこと、彼と関わりのあるアーティストの音楽をピアノで奏でる、そして絵が描かれる、まさに一つのPeopleTreeを浮き上がらせようというイベントです
下北沢の新しいワークショップ空間SEEDSHIPで、そんな黒い空間をくつろぎながら過ごしてみませんか?
http://www.seed-ship.com


****

他にも沢山ライブが待ってます
詳しくは新しいHPこちらで確認下さい
d0094512_22344760.jpg

new URL: http://swing-o.info/
[PR]

by jazzmaffia | 2012-01-15 12:42 | 最新Live情報 | Comments(0)

刺激集 01

d0094512_1242530.jpg


昨日の今日ですが
語ってばかりじゃしょうがない、とばかりに
刺激を求めて街に繰り出して来ました
写真がその証拠のチケットたち

上からそれぞれ
映画『サウダーヂ』
舞台『下谷万年町物語』
美術館『フェルメールからのラブレター展』

のチケットです
そしていずれもかなりの刺激物でした
これぞ「大人の芸術」だったね

な訳で今後こうした刺激収集に積極的に街に出ようと思うので
『刺激集』という名の元にレポートを記したいと思います
その刺激が冷めぬうちに、、、

では見た順番に紹介しましょう
d0094512_1332332.jpg

映画『サウダーヂ』富田克也監督作品
これは滅多に映画を人に勧めない友人から
「あれ、いいっすよ」と勧められたので、見に行った
空洞化が叫ばれて久しい、山梨県甲府市を舞台にした、インディー映画で
ほとんどが街の住民がキャストとなって作られているということ
詳しい大筋はリンクページで見てもらうとして、
確かに胸ぐらを掴まれるような、痛い、でも「あるある」満載の映画だった

仕事が減る一方の土方仕事な男はタイ人ホステスに惚れ込み
街は気がつくとフィリピン、タイ、ブラジル人が溢れかえっていて
東京帰りの可愛い女の子はエクスタシーにはまっていて
そんな街に生きるラッパーの天野(田我流が演じている)が言葉を紡いで行くが、、、
まぁそれ以上は映画を見た方がよいね

もちろん、映像も音も綺麗ではないが
何よりリアリティに溢れている映画だ
そこに、相当な取材量を感じられる
金をかけずに良いものを作るには、
フットワークが一番の武器なのだと再確認させられる映画だ
友人曰く「これぞヒップホップでしょ!」


d0094512_15042.jpg

『フェルメールからのラブレター展』@渋谷文化村ミュージアム
よく見る、まるで写真のように細密に書かれた人物画たち
17世紀のオランダの絵画展

いやこれはなめてたね
映画と舞台の間の空き時間にちょろっと寄っただけのつもりが
かなり見入ってしまった

写真だと「ふむふむ、上手だねぇ」くらいにしか正直思ってなかったが
絵画の実物を見ると、それはもうまるで眼球に入り込んでくるかの存在感
手紙を書いていたり読んでいたり、だけではなく
酒場の風景であったり社交場であったり子供の教育風景であったり
すなわち動きがあるものを、
写真がないこの時代に、一体どうやってここまで緻密に書けるのか???

人物の描写も凄いが、個人的にはそれ以上に
背景や椅子、布、カーテンなどの描写の仕方に
見ていてかなり吸い込まれた
上記のフェルメールの『手紙を書く女と召使い』も
光が見える感じ、そして手前のカーテンやテーブルクロスのリアリティにやられたね
こうした緻密さの裏にある技術/労力を思うと、、、
引き込まれるアートは「才能」とひとことでは片付けられないものがある


d0094512_244094.jpg

『下谷万年町物語』
唐十郎 作 /蜷川幸雄 演出
出演 宮沢りえ、藤原竜也、西島隆弘 ほか

家と同じマンションに、蜷川幸雄の舞台に良く出ている役者がいて
かつ彼が普段やっているバーも家の近所にあるということもあり
蜷川さんの舞台を見に行く機会が増えて来た、これでまだ3本目だけど

そして毎度のごとく、今日も打ちのめされた
否、今まで見た舞台で一番かもね
毎度のごとく、難解なストーリーではあるのだけど
演出の力と、そして今回は役者の力の凄さを目の当たりにした

特に宮沢りえは美しく、かつもの凄いパワーで引き込んできた
テレビや映画では何度も見ていたが、
舞台の彼女はまた全く別のエネルギーの出し方をする、当然だろうけど
台詞の細部まで分からなくても、動きと声のパワーでもって感動してしまう

いきなり池がある舞台だよ
3階建ての木造の長屋がある舞台だよ
そんな作り込んだ舞台セットの上で
作り込まれた、演じていることを感じさせない役者たち
そこにもまたかなりの練習量が垣間見えた
素晴らしい舞台にもまた、「才能」だけではないエネルギーを感じたのであった

*****

音楽は機材の発展と共に、
ある程度のスキルを磨くところまではみな頑張るんだが
そこからは練習量よりもマーケティング、という世界に今やなってしまっていて
その結果、薄っぺらくなってしまっているんだなぁ、とも再確認
こなしちゃいかんよなぁ

あぁ、色々とまた考えさせられる1日でした
[PR]

by jazzmaffia | 2012-01-12 02:25 | Recommend | Comments(0)

雑考01 -知識はどこにいく?-

今年はこちらのBLOGで
最低月1ペースで
「雑考」という名のひとりごとを記していこうと思う
本を読んだり、人と話したり、まれにテレビを見たりしていると
色々思うことが溢れんばかりになってきたので
ある種の俺個人の吐き溜めみたいなもんです
でも一方で、是非共感出来る人が多くいてほしいとも思う

*****

『雑考01 -知識はどこにいく?-』
新年最初のBLOGにも記したが
少なくとも今の自分が感知する範囲では
歴史でありノウハウであり哲学であるような
所謂「知識」というものが大事にされていないような気がしてならない
文化の幼児化が進む一方なのはこれ如何に?と思う一方
どうすべきなのか、ということを考える日々が続いている

いい加減落ち着きつつはあるものの
「おバカタレント」の流行がいい例だろう
日本の首相や首都の名前を言えなくたって
即座にぶっ飛んだことさえ言えれば成立してしまう
結果「私はマシ」と思うか、
「勉強なんて出来なくたって楽しく生きて行ければいいんじゃない?」
的な印象を視聴者に与える流れ
まるで人生のジャンクフード化だ
その象徴としてAKB48などは存在していると言っていいだろう

もっとも、AKB48もここまで露出されると
「意外と**は可愛いかも」と罠にハマっている俺がいるのも事実で
問題に思うのはAKB48ではない
あれはあれで良く出来たエンターテイメントビジネスだし
一方の極地としての存在意義は充分にあると思う
童心に帰る、日頃のストレス発散の為のアミューズメントパークとしてね

問題に思うのは、その対極にあるものが簡単には見当たらないこと
もちろん存在は多々している
音楽であれ、舞台であれ、映画であれ、小説であれ、お笑いであれ、アートであれ
タブーを怖がらない、歴史と機知に富んだものは多く存在している
それをフックアップしようとする世の中の流れが薄いことを問題に思うのだ

御陰さまで、ちょっとロジカルなことを言うと
「理屈っぽい」と言われたり
良くて「大人だね」と距離を置かれるような返答があったりする
さも「もう最前線ではないんだね?」と言われたかのようなニュアンスがそこにあったりする


ーーーあ、まぁ俺自身のことを正当化したい側面も多々あるので
お聞き苦しい方はここらへんで読むのをやめたほうがいいでしょうーーー



菊地成孔/大谷能生著『アフロディズニー』の後書き対談でも同様のことを言ってるね
(そもそも「文化の幼児化」というのはここからなるほど!と納得引用している)

「ジャズは大人の文化というふうにいつのまにかクラッチされててー略ー「ジャズをやってます」と言うと、生贄みたいで尊敬されるんですよね。聴きもしないのに。「ああ、すごいですねえ、僕はあんまり聴きませんけど、大人の音楽ですよね」みたいな感じの、共同体のための生贄として、知りもしないのに無条件で尊敬されるという、奇妙な状況のなかにいる。ー略ー
 そもそもは大人であろうということに無理を感じたからだと思うんだ。子供である方が楽だし、子供に戻ろうと」
 

まさにここの「ジャズ」を「ソウル」「ブルース」に置き換えても、
下手をすれば「クラブジャズ」と置き換えても、
今や同様のリアクションが得られるだろう
何がしか学ばないと楽しめないもの、というのは
=大人、すなわち子供には楽しめない

だから今音楽を楽しむにはフェスになってしまう
フェスならば音楽以外にも色々楽しみが用意されていて、
ちょっとしたアミューズメントパークとなっている訳でね
何も考える必要がない、ただ楽しもう!と

結果フェスで聴いているのがどれだけハードコアな音楽だとしても
楽しみ方はAKB48やジャニーズやEXILEと何ら変わらない、という
もちろんそれはそれで必要なものだとしても
日常の中で濃厚な音楽を楽しむ美学を
今の日本で広める方法はないものだろうか??
というのが俺の悩みであり目標だ



いやね、そんなことを思ってしまうのは
70年代に書かれた寺山修司や筒井康隆のエッセイなどを読んでいると
実に多くの知識と探求と自己分析を元にエンターテイメントを生んでいることが伝わって来て
俺自身の勉強不足な部分を感じると共に
爽快なほど、新たな視点を提供されるという快感を味わえるからなんだ

そうした快感を与えてくれるのは得てして今や還暦越えな人たちが多い
村上隆なり菊地成孔なりの世代も面白い人は多数いるが
俺の勉強不足もあるだろうが、若手でぶっ飛んだ人がどれだけいるのか、中々伝わってこない
そもそも若くてエネルギーに満ちた人が少なくなったということなのか、
いたとしても俺のいる場所に興味を持っていないからなのか?
もしくはさっさと海外に行ってしまうからなのか?

もちろん技術的に素晴らしい若手は沢山出てくるようになったのは事実
音楽の世界では少なくともそうだ
ただ、「日本を、世界を驚かせてやる!」という意気込みを感じる人が中々いない
時代の流れもあるんだろう、
議論をしない、ほめられる環境にしかいない、
もしくは売れることが目標であって、
ビックリ作品を(ライブ含む)作り上げることを目標にしていない
それじゃあせっかくの輝く腕前も台無しなんだけどなぁ

例えばテクノという音楽は
アルヴィントフラー「第三の波」という評論の中の
"Techno Rebels"(科学技術反逆者)という言葉の引用で名付けられていたりするし
ニューウェイヴと音楽は
それが誕生した70年代後半あたりに世界的にブームにもなっていた、
SF小説とリンクして広がりを見せた音楽であったりするし、
音楽と知識とはリンクしているものだった

同じテクノを楽しむにしても、
その背景を知った上で聴く、
踊るほうがどれだけの快楽になるか

というのは知っておいて損はしない
、と思うのは俺含めた一部の人間だけなのだろうか??

ほんの僅かでもそうした、
より深い音楽快楽/芸術快楽を求めたい人がいることを信じて
この「雑考」シリーズを続けて行くことにしよう
最後には必ずお勧めなる本を紹介していくしね
俺の言葉をきっかけに、よりその深みにはまりたくなった人は
是非ある程度の読書をお勧めする
そして同じ程度の快楽外出を同時にお勧めしておこう

ここまで読んでくれた方は、快楽まであと一歩だ


*****

d0094512_040340.jpg

菊地成孔/大谷能孔 著
アフロ・ディズニー エイゼンシュテインから「オタク=黒人」まで(2009年出版)

これは慶応大学で行われた講義を元にした、
まさに「20世紀文化論」といった大枠のテーマに対して
音楽から映画からファッションショーからオタク文化までを一束にして
ギュッと絞って出て来たものをただただ述べて行くといった、
一つの結論に向かうのではなく、思いつくままにネタを並べた市場的な本
後編では濃密なゲストを迎えつつの対談で、
果たして話はまとまっていくのか???


d0094512_0485086.jpg

筒井康隆 "着想の技術" (1983年出版)
菊地成孔の本でもよく筒井康隆の話は出て来たりするが
よくよく筒井康隆氏の本を読み直すと、文体が似ていたりもする
特にこの「小説とは?」そしてそもそもの「着想とはどうやって得るのか?」
といったテーマに対して編集されたエッセイ集はそれが顕著だ
つまりは、パッと見よく理解出来ないことが多いってこと 笑

にしてもこの、70年代に書かれたエッセイの中にも既に、
芸術の安売り、幼児化について批判的に書かれている部分が多々あって驚く
否当然か?
アメリカ式資本主義というのが、必然的に向かう所がそこだったのだと
そんな再確認が出来る、とも言える
どの時代にも「最近の若い奴らは」と言う大人がいたのは何故か?
ということの答えなのかもしれない
[PR]

by jazzmaffia | 2012-01-11 01:07 | ひとりごと | Comments(0)

2012年も大吉

d0094512_2281542.jpg

pics by Sachiko(Glowz)

2012年、明けましておめでとうございます!

2011年いろいろあったけど
率直に、俺には良き 2011年だった、と振り返ることが出来る
そして新たな課題も沢山得ることが出来た
決して満足はしてないし
むしろ不安な要素も沢山あるが
やらねばならないこと、考えなければならないことが
かなり見えてくる年だったと

1年前の今日掲げた、個人的なる目標
SWING-O=SOUL
を布教して行こう!
というのもある程度は実践出来たと思う
何せ俺プロデュースのアルバムを3枚リリースすることが出来た訳だからね
そして去年には萌芽のあったアーティストとのコラボも多数実践できたしね

だが、、、
今日俺の人生初の2年連続おみくじが大吉!
ということがあったばかりだが、、、
今の俺には漠然とだが変革への欲求が湧いてくるのだ
俺の思う方法は全てとは言わないまでも実践出来た2011年ではあったんだけど
結果そこまで広げられていない、
すなわち自分の力不足&何かが足りない、という悔しさがつのる2011年後半でもあった

やるべきこと、できることでやり切れていないことが多々あるのではないか?
時代は大きく幼児化に向かっている
多くの人が童心に帰りたがっている
シンプルで楽しいものを求めている
それが結果AKB48となるのかダブステップとなるのかはあれど
いずれにせよ大きく求められているのは
深みというよりはシンプルな楽しさだ


そこに色んなウンチクや歴史がつまった作品よりも
パッと聴き分かるかどうか、が重要視されてしまう時代
そこに不満を言っても仕方が無い、今はそうなってしまったのだから

そんな時代に、俺の愛する音楽及びエンターテイメントを
どうやって伝えていくべきなんだろうか?
その答えを、
多数の本を両手に抱えながら、試行錯誤し
多数の情報を集めながら、街に出る

そんな2012年にしたいと思う元旦だ

*****

d0094512_22344760.jpg


そんな新年、ご覧いただいて分かるように
BLOGのデザインが変わりました!
そしてホームページもリニューアル&引っ越しました
ブックマークしていただいていた方は
お手数ですがしなおして下さいね!

デザインはorigami PRODUCTIONSのHPなどもやって頂いている、
Glowz のSachikoです!

new URL: http://swing-o.info/
[PR]

by jazzmaffia | 2012-01-01 22:38 | ひとりごと | Comments(0)