<   2013年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「地球がおかしい」て言う貴方こそおかしい件

「観測史上最も〜〜」なんて報道が毎年毎年のように叫ばれている
そんなの、当たり前じゃない??

気象観測が日本で始まったのは1872年だという
つまりまだ141年しか経っていない
地球は40億年以上生きている
わずか140年のデータでもって「地球がおかしい」的に騒ぐのは
根本的におかしいのは明白

また、日本の気象だけで騒ぐのも違うよね?
地球は地球全体でバランスをとっているし
太陽の都合もそこに大きく関わって来る
今年は黒点の数が少ないらしく、結果地球に来るエネルギーが少なめだと言う話もある
(このまま進むと氷河期、という観測も)
つまり、あらゆることの複合的な結果が今の状況なのであって
ちょっと自分のいる地域で大雨が降ったり、猛暑だったりしたからって
「地球」の話をするのはナンセンスなのも明白


では

何故その様な報道をするのか?
答えは簡単、視聴率稼げるから
ま、かく言う俺も恐怖報道はつい見ちゃうからね
「へえ、結構凄いんだね」というある程度の基準になることまでは分かる

でもあまりに毎度そんな報道が続いているうちに
俺の周囲でも
「地球は怒ってる」「地球がおかしい」
って発言をする人が出て来るようになった
言われた側も「そうだねぇ」とブルー気味に答えるだけ
それは危険信号だ
「視聴率」という目先のことしか考えていない報道に
毒されてしまった証だ
(そもそもその会話の先は何処にも行けない)



それは正確に言うと
「僕たち人間にとって都合の悪い環境になってきてるね?」
であって
「地球」が病んでいる訳では全くない
あくまで人間だけの都合でしょ??

たかだか数千年前の縄文時代は今より海の水位が4mも高くて
渋谷あたりまで海は入り込んで来ていたんだよ
温度も今より2~5度も高かったって話もある
氷河期はそれに対して・・・て言い出すと切りがない

常に変わりゆくもんなんです
そう捉えたほうが自然じゃないかな??


変わっていくのが当たり前
そんな中、どう生きていこうか?
そこから始めるのがポジティブだと俺は思う

だってそれが進化を生んだんでしょ?



PS:
このブログでは数年おきにこの内容を書いてる気がするね。
あまりに毎年同じ様な報道&同じ様な反応があるからね。


d0094512_17463328.jpg

[PR]

by jazzmaffia | 2013-08-30 17:46 | ひとりごと | Comments(0)

終戦記念日に読んでみたら?

終戦記念日
だからといって、
「戦争を知らない子供たち」である俺は
学校で教えられて来た
&テレビで毎年放送される「戦争の悲劇」
「二度と繰り返してはならない」
といった類いの話以外には何ら知っていること/感じていることは無かった

そんないつもの夏の一ヶ月前に参議院選挙があり
仲間のミュージシャンの三宅洋平が立候補した
そして、彼が「影響をうけた」とする、
元外務省・国際情報局長の孫崎亨(まごさきうける)氏の
この本を紹介していた


d0094512_1372446.jpg

"戦後史の正体 1945-2012" 孫崎亨 著

これは帯にもあるように
俺もかなり「驚く」内容に溢れていて
高校生にも分かるように、という裏テーマの通り、
実に分かりやすく日本の戦後史を
歴代総理大臣や外務大臣のあり方と共に紹介していた

簡単に言うと
いかに日本では第二次大戦直後から現在(2012年)に至るまで
アメリカの指図の元に事が起きて来たか?
という話だ

更には
いかに日本の政治家だけでなく、
メディアを含めてアメリカ追従なシステムが出来上がっているか?

という話でもある

もちろん色んな側面からして、
俺のこれまで学んで来たわずかな知識からしても
海外から見ると
日本がアメリカの属国であり、51番目の州に等しい
ということは認識していたけど
ここまで具体的にその経緯を説明されている本は初めて読んだ
こうした情報はこれまで抹殺され、目につかないようにされてきた
という側面もあるようだけどね

初っぱなの第一章からして「確かに」な話である
我々の言う8月15日「終戦記念日」とは
日本が降伏宣言をした日に過ぎず、
外国からすると、降伏文書に署名した日こそが正式なる「終戦」だ
その日は実は9月2日なのだ
(東京湾に停泊する米国戦艦ミズーリ号にて署名)

何故日本はそのように一般的なる解釈と
国内での解釈を都合良く変えてしまうのか?
という話からこの本は始まる


「連合国最高司令官からの要求にすべてしたがう」ことに署名した、
あらたなる日本は事実上9月2日から始まった
そこからの厳しいアメリカによる戦犯逮捕と支配とがはじまり
朝鮮戦争〜冷戦と変わりゆく世界情勢の中で日本は
アメリカにとって都合のよい国として機能していく為に、
対米自主路線の首相、外務大臣は切られ、
対米追従路線の首相、外務大臣は長期政権となってゆく

膨大な資料を片手に
吉田茂首相の長期政権の理由から
田中角栄のロッキード事件の理由から
初めての非自民政権の細川内閣の短命の理由
鳩山由紀夫首相の短命の理由までが
実に明快に説明されている


細かいその背景は是非読んで頂くとして
個人的に衝撃的だったのは
北方領土問題も尖閣諸島問題も竹島問題も
アメリカが仕組んだ「紛争の種を残す」戦略によるものだ

という話だった
17世紀から世界を徐々に植民地化し分断して来た欧米諸国(特に英国)は
20世紀以降には次々に各地域を独立させてきた訳だけど
その植民地から撤退する時に必ず紛争の種を残して来た
何故か?

その植民地だった地域が団結して
反英国勢力になるのを防ぐため


。。。残念極まりないくらい理にかなった話だよね?
英国から独立したインドの周囲のパキスタン、バングラデシュ、カシミール、
全方位に紛争の種があるという事実を引き合いに出されると
納得せざるを得ない
そして日本の全方位に紛争の種があるという事実。。。


日本に関しても、より具体的にその
「紛争の種を残す」戦略の流れが
ポツダム宣言などを引き合いに出しつつ説明されています

案の定現在の日本は
色んな島々を巡って隣国と敵対しちゃってるよね?
それの元を正すとアメリカで、、、なんて全く議論になっていない

よきにつけ、悪きにつけ
政治ってこういうことの積み重ねなのか、
という勉強にホントなります、この本


*****

そしてこれは俺ら日本人の正体を説明した本でもあると言っていいね
数少ない、アメリカと対等に議論し合おうとした戦後間もない頃の外務大臣、
重光葵(しげみつまもる)氏は
自らの地位を守る為にアメリカの顔色ばかり伺っている人たちを差してこんな言葉を吐きます

「結局日本民族とは、自分の信念をもたず
強者に追随して自己保身をはかろうとする、
三等、四等民族に堕落してしまったのではないか?」

「節操もなく、自主性も無い日本民族は、
過去においても中国文明や欧米文化の洗礼を受け、
漂流して来た」



そう、言葉こそきついけど
結局の所日本人の日本人らしさって
残念ながらそこなのではないか?

「辺境の島国、日本は
常に隣国や海外の顔色をキョロキョロ伺いながら生きて来た」

とする「日本辺境論」内田樹著 とも実に符合する日本人論だと思う

もちろんその「辺境」日本の特殊性が元で
世界で抜きん出ることが出来てきた点も多数ある
例えば日本人の「学び」の素晴らしさ、など。。。
ま、そこらへんはそこらへんで各自いろいろ考えてもらうとして
この「戦後史の正体」という本は
何故いま日本は、日本の周囲はこうなっているのか?
ということを知るにうってつけな本のひとつだと思う


終戦記念日
これを機にあなたも
「戦後史の正体」を読んでみることをお勧めします



[PR]

by jazzmaffia | 2013-08-15 02:56 | ひとりごと | Comments(0)

来週木曜日はMy Favorite Soul!

2ヶ月に一度のお楽しみ、
俺主催イベントのMy Favorite Soulがいよいよ来週木曜日です!
DJのBPMを100以下に限定することで
落ち着いた溜まり場空間を演出してます

今回のゲストはソウルな女性シンガー2人!
カマタミズキ
EYE (清水愛)


彼女たちの素敵な歌声と共に過ごす平日の夜
。。。なんか贅沢でしょ??
もちろん、俺も演奏に絡みますよ!!!

ライブは終電前22-24時の間を予定してます
深夜には恒例の、出演者関係者巻き添えのスペシャルセッションもあります

ま、2000円と割安だし、ぶらり来ちゃえばいいじゃない?


d0094512_17142097.jpg


d0094512_17152414.jpg



My Favorite Soul
bpm under 100 - soul, hip hop, jazz -
8.8 (Thursday) at Ebisu BATICA

21:00 - all nite / charge 2,000 yen

Hosted by 45 a.k.a.SWING-O (origami)
Live : カマタミズキ / EYE(清水愛)
    
Resident DJs
45 a.k.a.SWING-O (origami) ,DJ TOKNOW (Romancrew)
DJ bara (Peanuts Pro.),TSUYO-B (jazzswindle)
BEat-taku-around (来音食堂) ,NELLO (月歩-GHEPPO-)
君嶋麻里江 ,CHICK-D (UStream)
小勝武史 , 白根佳尚(Dezille Brothers)
Satoshi Fukuda (FKD Studio)
and more...

Live Paint : KIO (optimystik)
[PR]

by jazzmaffia | 2013-08-02 17:32 | 最新Live情報 | Comments(0)