「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

あの頃はマネジャーもぶっ飛んでたんだ・・・

d0094512_1164428.jpg

『この胸のときめきを
~You Don't Have To Say You Love Me』

サイモンネピアベル著 (1982)


シンガーソングライター西寺郷太氏書き下ろしの、
『噂のメロディメーカー』にこの本のことが出て来ていて、
興味深かったので、古本で見つけて読んでみたのがこの本

しっかしこれはぶっ飛んでいて
ひどくて
笑えて
でも興味深くもあって
中々の本でした

翻訳もいいせいか、読みやすくて、
数日片手間に読んでるだけで読了しました

俺が解説しちゃうよりも、
面白かった言葉やエピソードを紹介した方が早そうだね

1)氏の最初に作った白人黒人2人組のレコードのプロモーションエピソード
ラジオ局プロデューサーには
郵便受けに入らないサイズの大きさの資料とテープを朝7時指定で送る
   ↓
朝叩き起こされる
   ↓
一時間後に氏からの電話が入る
   ↓
「あのレコードをかけないと言うのですか?
あなたは人種偏見を抱いてるのですか?
だとしたらしかるべき新聞雑誌に、あなたの局が
人種差別主義だとぶちまけますよ!」と脅す

このプロモーションにより、大したレコードじゃなかったそれは
ヒットチャートを駆け上ることになったそうだ

ここから氏の名アーティストマネージメントから
そうそうたるでっちあげ作品作りとの二本立てキャリアが始まる

2)ローリングストーンズがブレイクし始めた頃の話
「わたしは、まだ4分の3くらいしか入ってない彼らのコンサートにいあわせたことがある。ホールの後方、見たところガラガラのあたりから、甲高い矯正が聞こえてくるので行ってみると、(ストーンズのマネジャーの)アンドリューが床に寝そべってティーンエイジャーが泣き叫んでいるさまを自作自演していたのだ。数分後には、彼はホール全体を共鳴させる事に成功していた。」

→この手のでっちあげ/はったりから始まる成功話がなんと多い事か、が分かる本でもある
「ヒットチャートを金で買うことにした」、という話もこの本の中に数多く出て来る


3)ロックグループの売り方
「今日までに私はロックグループに関してもう2,3のことを学んだ。一つは、音楽を売るのではなくてイメージを売るのだということ。若者達は感情移入する為の、手っ取り早いパッケージングされた生活様式を求めている。それは自分たちの感じ方、生き方を表してくれる簡単な象徴であり、すがることのできる何かであるーーそれは手の届くものでなければならない。(ー省略ー)

 ファンをひきつける第一の要素はそのイメージである事をグループは学ぶべきである。しかしたとえそのイメージが暴虐的で尋常ではないものでも、やる音楽は聴きやすく覚えやすい流行のものにしなくてはならない。有名になるためには、時流に会ったスタイルで近づきやすい音楽を作り上げ、そこに普通ではない、という外見上のイメージをほんの少し付け加えるというやり方がベストであるからだ。

 セクシーで売ろうと思ったら、寛大なる大衆を憤慨させるくらいセクシーに作り上げるのだ。ズボンにバナナを描いてもいいし、ステージで胸をはだけてみせてもいい。暴力的にしようと思ったら、同様にサッカーの会場で暴力沙汰を起こさせたり街中で年配のレディを蹴っ飛ばさせたりすればよい。そうするうちに大衆はそういった噂を聞きつけてそのアーティストの最初のレコードを心待ちにするようになるのだ。彼らはそれが危険でスキャンダラスであることを期待し、発売と同時に耳を傾ける。しかしその音楽自体は暴力的であろうがなかろうが、時流に合ったありふれたものでない限りヒットはしないのだ」

→ということで、ヤードバーズのマネージメントをしていたころ、ジェフベックにギターを壊させるように指示した話から、T.Rexの前身バンドジョンズチルドレンの会場での暴れ方を指示した話などが数限りなく出て来る



4)「スター性」とは何か?・・・マークボランとの出会いの章で
「「スター性」と呼ばれているもの、その実体はアーティストが自分自身を、自分のアートにとって必要不可欠なものと見なしている事なのだ。実際に彼は独自のユニークなイメージとライフスタイルを作り上げてそれを周囲の者に投影させていた」

→これはシンプルで奥深い分析だね


5)ビートルズのマネジャー、ブライアンエプスタインの死因は??
これは個人的にもビックリなネタではあったね
ブライアンがゲイなのは現在では有名だけど、
彼はビートルズの4人の中でもジョンレノンが好きでしょうがなかったんだが、
その頃インドヨガなどにビートルズがはまりだしたため、
その頃一緒に過ごしていたマハリシ・ヨギに嫉妬心をあらわにしていた。
そのタイミングに、ブライアンは著者サイモンに恋したらしく、
執拗に一緒に過ごす事を提案される、が、それを断った
その数日後にブライアンはドラッグのオーバードースで亡くなったのだ。
かつサイモンの留守電に数多くのブライアンからのメッセージが残されていたという。
死の直前に・・・

そう、60年代に現れた、ブライアンエプスタインを筆頭とする、
ヒットアーティストを手がけるマネージャーたちというのは
往々にしてホモだったのだ、という話も多々出て来るね
(サイモン氏自身がどうかは曖昧になってるけど)
当時はまだまだカミングアウトし辛い時代
そんな時代のホモの抑圧と男性アーティストへの愛が
ヒットアーティストを多数生み出した、とも言えるのかも?


6)レコード会社とは
「レコード会社というものは黒いプラスチック盤を非常に高い値段で売る商業機関に過ぎない。彼らはアーティストを、そのプラスチック盤が市場に出される過程の一環としてしか見ない。レコードのプレス、レーベル、配達の車、アーティスト、宣伝マン、賄賂と、すべてに均等な注意が払われる。そしてそのアーティストが既に確固としたスターの座に着いている者でない限り、彼が生きた人間だという事はほとんど考慮されない。

 そしてアーティストたちも、10時から6時までの仕事をし、レコードよりも自分のサラリーや住宅資金の方をはるかに心配しているような、いい人間かもしれないが、ごく平凡なレコード会社の人々に対して感情を動かさないようになる訳だ」

→立場上俺のコメントは出し辛いけど、1982年に1960年代を振り返る形で書かれたこの本に、このようなことが書かれている点が面白いね


*****

そして後はもう、
ホンコンマフィアに巻き込まれた話から、
デッチアゲで契約だけ先に取り付けて、アーティストを後から探す、音はセッションミュージシャンで録ってしまう、なんてひどい方法で金を儲けまくった話など
もう笑っちゃうくらいアホっつうか愕然とする話のオンパレード

何も考えてないレコード会社から金を巻き上げる方法!
ともとれる話でもあり
センセーショナルなアーティストに見せるにはどうすべきか
の実践例集でもあり
何せ、今そこらじゅうにある「音楽マーケティング本」では絶対に見れないような話ばかり
・・・なんだけど、現代社会のウィークポイントをうまく捉えている話ではある

事実、70年代には引退状態だった氏は
80年代には再び働く事にして、
あのWham!でありGeorge Michaelを世界に売ったマネージャーとなったのだ
そして欧米アーティストとしては初の中国ライブを実現させた人にもなった

うん、この角度の話の方が
下手なマーケティング本よりも
俺には新鮮に見えるし
資本主義社会の根源的なものが分かる
そんな気がしましたとさ
[PR]

by jazzmaffia | 2014-08-23 02:15 | ひとりごと | Comments(0)

"Ki-o-Ku vol2"はいよいよ明日!

"Ki-o-Ku Vol.2” supported by TDK Life on Record
はいよいよ明日やね

こちらの準備は万端
あとは現場で何を起こせるか、てとこかな

やっていても面白い面々なので
グランドピアノとヒップホップ・R&Bな夜を
心地よく演り過ごそうと思いますv

では心の準備の為に、
各アーティストのオススメ映像を紹介しておきましょう
こんな面々が集まる、訳ですv


Afra の新曲映像はこちら
これもピアノと絡んでやってみちゃおうかなと


サイプレス上野は、UMC Battleという、
即興ラップのバトルセッションで今年の神奈川大会優勝!
全国大会にコマを進めてるわけだけど
去年のこのNaomyという姉さんとのバトルは面白いよ!



@djtomoko n Ucca-Laugh略して「ともゆか」は
今回のイベントに向けて、こんな映像を作ってくれました!



ほんでもって我らが45trioのライブ映像はこんな感じ
もう3年近く前になるんやね、このフリーライブ@Liquid Room



・・・てところで予習は万全ですかね?
Motion Blue Yokohamaにてお待ちしております!!!


d0094512_14211954.jpg

■イベント名 "Ki-o-Ku Vol.2” supported by TDK Life on Record
■ 日程 8/18 (mon)
■ 会場 Motion Blue yokohama
■ 時間 open 18:00 / showtime 20:00
■ 料金 
自由席 ¥2,900
BOX席¥11,600+シート・チャージ¥6,000
(4名様までご利用可能)

■ 出演 
45trio (SWING-Oaka45/Sunapanng/久保正彦)
AFRA
サイプレス上野
@djtomoko n Ucca-Laugh
 
■ チケット
6/28 11時より販売開始
http://www.motionblue.co.jp/artists/45trio/
 
■ お問い合わせ
Motion Blue yokohama
045-226-1919
(11時~22時)
 
 
 
[PR]

by jazzmaffia | 2014-08-17 14:21 | 最新Live情報 | Comments(0)

SWING-Oホストなイベント2つ!

このお盆前後に
あっしがホストで
SOULなイベントが2つ
あります!

簡単に説明すると

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
8.14(木曜日)@恵比寿BATICA
"My Favorite Soul"

21時〜朝まで

どんなイベント?
→立ち飲みバーみたいな感じのユル楽しいラウンジイベント
終電前にライブ、深夜にセッション
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
8.18(月)@Motion Blue Yokohama
"Ki-o-Ku vol.2"

18時開場/20時開演

どんなイベント?
→おしゃれな場所で、グランドピアノとヒップホップを楽しむ、ライブイベント
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どちらも安いので、
お気軽にお越し下さい!!
SOULな時間を用意しております!!

詳細を下に記しますね


d0094512_18555786.jpg


“MY FAVORITE SOUL”
bpm under100 -soul,hiphop,jazz-
21:00 -all nite /charge 2,000yen


Hosted by 45a.k.a.SWING-O(origami)
Guest Live:
高橋あず美
KAORU Tominaga


Resident DJs:

45 a.k.a.SWING-O(origami)
ROCK-Tee
横山龍助(Rare Drops)
DJ bara(peanuts pro.)
TSUYO-B(jazzswindle)
BEat-taku-around(来音食堂)
NELLO(月歩-Gheppo)
君嶋麻里江
二宮純一(Speacloud) ←new!
白根佳尚(Dezille Brothers)
CHICK-D(UStream)
Kyohei The Kitchen
Luiger
Satoshi Fukuda(FKD Studio)
and more…

Live Paint:KIO(optimystik)

http://www.batica.jp/

SWING-O主催の隔月ソウルイベント
それがMy Favorite Soul
全てのDJがBPM100以下で選曲するその空間は
熱すぎずラウンジ過ぎない、まさに平日深夜の理想的な音楽空間
毎回豪華なゲストを迎えてのライブ
そしてゲストを交えたSWING-Oが仕切るセッションはその日限りの贅沢な時間
今回は毎年夏恒例、素敵な女性たちを呼んでます
高橋あず美とKAORUという2人の新世代DIVAを呼んでます
小さくて凄いやつと大きくて凄いやつ 笑
彼女たちのライブと
夜中には恒例のセッションでお楽しみ下さい!!!



*********

d0094512_1848547.jpg


"Ki-o-Ku Vol.2” supported by TDK Life on Record
■ 日程 8/18 (mon)
■ 会場 Motion Blue yokohama
■ 時間 open 18:00 / showtime 20:00
■ 料金 
自由席 ¥2,900
BOX席¥11,600+シート・チャージ¥6,000
(4名様までご利用可能)

■ 出演 
45trio (SWING-Oaka45/Sunapanng/久保正彦)
AFRA https://www.facebook.com/afra.beatbox
サイプレス上野 http://www.sauetoroyoshi.com/
@djtomoko n Ucca-Laugh http://www.tomoucca.com/

 
■ チケット
6/28 11時より販売開始
http://www.motionblue.co.jp/artists/45trio/
 
■ お問い合わせ
Motion Blue yokohama
045-226-1919
(11時~22時)

45fes Pt2 feat.HipHop/Soulと言っていい濃厚なメンツとのコラボイベントを
TDKプレゼンツ
横浜Motion Blueでオサレに開催しちゃいます!!!
俺のグランドピアノ演奏~45trio演奏をバックに
日本を代表するビートボクサーAFRA
ヨコハマのマスコット的ラッパーサイプレス上野
赤と青の女性R&Bユニット@djtomoko n Ucca-Laugh
このメンツで自由席2900円って安いでしょ!安すぎでしょ!!!


 
 
 
[PR]

by jazzmaffia | 2014-08-12 12:01 | 最新Live情報 | Comments(0)

8.18のリハのもようをチラっ!

いよいよ8.18にMotion Blue Yokohamaで開催する、
"Ki-o-Ku Vol.2” supported by TDK Life on Record
が迫ってきました!!!

ってことでリハーサルのもようをチラっとお見せしちゃいます!

今回の裏テーマは
『グランドピアノとヒップホップ』
です!
リハーサルではエレピですが
本番はグランドピアノだよ!!!

まずは日本を代表するビートボクサー、
AFRAと俺のリハーサルもようをどうぞ!!
d0094512_0583022.png



今回の紅二点、
@djtomoko n Ucca-Laughと45trioのリハもようをチラっ!

d0094512_0575211.png



そして更にサイプレス上野もいるからねぇ
これは演者の俺も楽しみです!!!
それでたったの2900円だからね
BOX席に4人で来てもお得だよ!!
(1人あたり4400円)

お待ちしてまぁす!!!

【ライブ詳細】
■イベント名 "Ki-o-Ku Vol.2” supported by TDK Life on Record
■ 日程 8/18 (mon)
■ 会場 Motion Blue yokohama
■ 時間 open 18:00 / showtime 20:00
■ 料金 自由席 ¥2,900 / BOX席¥11,600+シート・チャージ¥6,000(4名様までご利用可能)
■ 出演 45trio / AFRA / サイプレス上野 / @djtomoko n Ucca-Laugh
■ チケット
http://www.motionblue.co.jp/artists/45trio/
■ お問い合わせ
Motion Blue yokohama
045-226-1919(11時~22時)

イベントページはこちら!
https://www.facebook.com/events/667791913303430/
[PR]

by jazzmaffia | 2014-08-09 00:58 | 最新Live情報 | Comments(0)