「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

今年いちばん聴いた作品は・・・

2014年も残すところあとわずか
今年もまた面白い新譜とも沢山出会えたし、
知らなかった旧譜とも沢山出会えたんだけど
職業柄、というか俺の性格上、
漁るほうが先行して、
なかなか
「聴きまくりました!!!」という作品はない
4、5回も聴けば結構聴いたほうってくらいだからね

そんな俺にも関わらず、
今年間違いなく50回以上は聴いた作品がある
それがこれだ

d0094512_1323849.jpg

"Thelonious Himself" by Thelonious Monk (1957)

この、半世紀以上前のジャズピアノ作品は
ジャズ界では名作とされる作品なんだけど、
それを何故また改めて聴いているかというと
もちろんモンクのピアノが大好き、というのもあるんだけど
ある実験を自分の体でしてみたかったからだ

先に述べたように、
昔は何度も聴きまくった作品があったが
最近はめっきり減ってしまった

昔はもちろん金もなかったし、インターネットも無かったから
手に入れたお気に入りの作品を聴きまくって、
結果そらで歌はもちろん、アレンジまで覚えちゃう、
なんてことがよくあった

気に入った訳じゃない、
先輩に「これが分かったら一人前!」と言われた作品とか
本や雑誌で見た「名盤!」とされるものを
頑張って何度も聴く、ということも沢山してきた

そう、ある種この
「頑張って何度も聴く」
という行為は俺の音楽観の基本かもしれない

例えばブルース、
18歳のころに初めて、ブルースを知るんだけど、
「あ、こういう感じね」
「12小節の3コードね」
「なんだ簡単じゃん!」
という印象で、
結果
「なんでこんなシンプルな音楽をいいって人が沢山いるんだ??」
という疑問だけが残った

そしてピーターバラカンさんの本に出会ったりして、
ニューオーリンズのブルースはまた独特で面白いことを知ったり、
ブルースに影響を受けたサザンロック〜スワンプロックを知ったりして
それらを
魅力が漠然としか分からないのに
なんども聴いたり、弾いてみたりしていくうちに
あるときフワッとその神髄が見える瞬間が訪れるのだ


例えるなら、
なんども同じ料理を食べているうちに
その素材、味付けの違いに敏感になり
そこを楽しみながら食べれるようになる、
て感じかな

その瞬間はまさに快感なのだ
そしてその快感を快感として積極的に経験を重ねて行くと、
自分の生活に活かすことが出来るようになる
今の俺のピアノスタイル、アレンジスタイルはそうやって出来ている

ミュージシャンじゃない人も、
その「快感」を知ることが出来たら
きっと世界の見え方が一つ変わるはずなんだ
何せその「快感」とは「扉を開く」快感だからね

残念ながら現代は
その種の「快感」を求める人は減っている気がする
扉を開くにはどうしてもそれなりの時間がかかる
「頑張って聴く」時間をつくらなきゃいけない
考える時間もつくらなきゃいけない
妄想する「間」の時間も必要だろう

今はそんな時間がかかるものより
コンビニエントなものが主流だ
パッと聴き魅力的でない音楽はスルーされるし
パッと見よく分からない芸人はテレビに呼ばれない

でもそんな使い捨て消費な社会のあり方に限界が来ているのは
皆さんご存知の通り
このBLOGでも何度も言ってきた通り

色んな先人の経験、知恵を再び必要とする時代になることは間違いないだろう

*****

で、本題に戻る
俺が何故このアルバムを何度も聴いているのか?
て話だったね

話がちょっと壮大になってしまったけど
何度も聴いている理由は簡単

この、少し難解でもあるモンクのピアノスタイルは
これまでずっと俺の中で「リスナーとして」魅力的だったんだけど
自分の体の中に
この「モンクのエッセンス」を入れたい!
と思ったからなんだ

実際、こうして何度も聴いていると
どの音を弾いているのか少しずつ聞き分けられるようになってきたし
彼の数多くあるアルバムの中でこれが何故名盤とされるのかも分かってきたし、
実際本人も他の作品と比べても、
より気持ち良さそうに弾いているのが分かるようになってきた

特にこの
A-3"Functional"
は2014年最も俺の体に共鳴した曲となった



この、ブルースを解体したようなブルースを
なんと9分以上も1人で弾き切っている
そして本人もよほど気持ちよかったのか、
終わり方が可愛い
終わり!・・・と思いきや・・・と思いきや・・・
とモンクにしては珍しく尾ひれが沢山ついた終わり方をしている
まるで汽車が遠ざかって行くような終わり方だ

もちろん1年聴き込んだくらいでは
「モンクへの道」は片足突っ込んだくらいに過ぎないことは
俺自身の体がよく分かっている

でもあの「快感」を得るために
時間かかっても向かってみたいなと思っている近年今日この頃なんです

また来年もどこかで
「モンクへの道」な話をしてみようと思う
[PR]

by jazzmaffia | 2014-12-28 14:17 | ひとりごと | Comments(0)

TITAN CINEMA LIVEを見てきました

d0094512_2338132.jpg


昨晩見に行ったのはR25のあれではなく、
なんとお笑いのショーケースライブなこれ!
爆笑問題の事務所タイタン主催の、
全国映画館同時中継のお笑いショーケースライブ
"タイタンシネマライブ"でした

そう、ひょんな縁で、10月くらいに俺、
日本エレキテル連合と飲んだんだわ
その時に既にこのライブをオススメ&招待されていたもので、
こっちを選んでしまいました

タイタン所属の芸人が半分、
別事務所からの芸人も多数参加した計14組のショーケースでした

【出演者】
爆笑問題/長井秀和/宮地大介/ゆりありく/瞬間メタル/ウエストランド/日本エレキテル連合
【ゲスト】
BOOMER&プリンプリン/パペットマペット/パンクブーブー/チョコレートプラネット
360°モンキーズ/エルシャラカーニ/シティホテル3号室

で、やはり新鮮で、めっちゃ面白かったね
俺が見たのは映画館ではなく、本人たちがいるほうのステージ
ネタが始まる瞬間の皆の緊張感
そして売れっ子はやはりそこからのグルーヴの上げて行き方が出来ている
イマイチな人はグルーヴによれがある

13組出た中で、個人的に印象に残ったのは、
うん、やはりダントツ爆笑問題だったな
このフライヤにもあるように、
これはテレビ放映ではないが故、
より危ないネタ、放送禁止になりそうな時事ネタを題材に
例のテンポ感でぐいぐい進んで行くその感じを
ナマで見るとまた違うね、ほんと素晴らしいわ
二人とも固有名詞がバンバン出て来るボケとツッコミの感じは
ほんと名人芸という印象で、感動的ですらあったね

で、誘ってくれた日本エレキテル連合のネタもよかったね
例のアケミちゃんネタだけじゃないんだよ
昨日は「タ行、サ行が発音出来ない二人」的な設定の、
漫才をやってたんだけど(もちろん独特のメイクはしてました)
これも是非極めて欲しいネタだったな
個人的にはコントの田所先生ネタも好きなんだけどねw

他印象に残ったのは
どこまでがボケかリアルか分からない、
ある種オーソドックスなスタイルの漫才の
エルシャラカーニとか
数字の秘密を題材にした後藤田先生のラジオ番組、
という設定の宮地大介もシュールで俺は好きだったな

なつかしの?パペットマペットも流石のシュールな面白さだったし
片方が言葉を一切発しない、って斬新なコントのチョコレートプラネット
女性を救出しなきゃいけない!という設定から何故かリズムで遊ぶ状況になる、
シティホテル3号室
とかも面白かったね

*****

で、総評としては
こういうライブを企画しているのが素晴らしいなぁ、と思ったね
テレビに出まくっていることにあぐらをかかず、
むしろお笑いのあり方を冷静に考えているからこそ出来る企画

なにせ昔は政治批判だろうが下ネタだろうが
笑いをとれればいい、というスタンスだった訳で、
それがいつしか芸能界の中心にいるようになり、
結果そうした際どいネタがやり辛いご時世になっている
かつもちろんテレビが斜陽産業だというのもあるだろう

そういう現況を把握した上でやっている試みだと思う
なにせSGな自虐ネタ?をばんばんやる長井秀和なんかも出ちゃう訳だからね

音楽業界が学ぶことも多々あるなぁ・・・
なんて思いながら、笑いを沢山いただきました

またこうした別現場レポはやろうと思います
 
 
[PR]

by jazzmaffia | 2014-12-20 23:58 | ひとりごと | Comments(0)

SWING-Oの12月ライブ/イベント情報

いよいよ2014年も残すところあと1ヶ月です
そんな折に選挙をぶつけてくる安倍首相もどうかと思いますが
我々は我々なりの日々を送るしかありません
でも、選挙は行きましょうね

正直、選ぶ人を見つけるのはほんと大変ですが
そこを頑張って探すこと、
政治って結局なんだ?と考えること
は今ほんとに必要な事だと思います

*****

てな訳で
俺のライフワークの音楽活動は
年末も、ずずずい〜っと続きます
ぜひぜひどこかでお会いしましょう!!!
2014年最後のライブ情報です!!!

12.5(Friday)
■FLYING KIDS のサポートで出演!
@渋谷ラママ 『道玄坂異種格闘技戦 vol.74』
OPEN/START 19:00/19:30
ADV/DOOR ¥4000+D/¥4500+D
FLYING KIDS HP
http://fk6.jp/
渋谷La.mama HP
http://lamama.net/



12.11(Thursday)
SWING-O主催のソウルなラウンジイベントです!!!
6年続くそれなりな長寿イベントになってきました!!!
恵比寿駅近くの素敵な場所です
お気軽に!乾杯しましょう!!!
深夜にはセッションもあるので、ミュージシャンもお待ちしております!!!
“MY FAVORITE SOUL”
bpm under100 -soul,hiphop,jazz-

21:00 -all nite /charge 2,000yen
Hosted by 45a.k.a.SWING-O(origami)
Guest Live: Steph Pockets
Guest DJ: Skeme Richards

他詳細はこちらまで
https://www.facebook.com/events/748204915271992/
BATICA HP
http://www.batica.jp/


12.12(Friday)
■森本秀樹展
~Opening Party~
場所:銀座ギャラリーゴトウ
OPEN/START 17:30/18:30
Charge : Free
演奏:SWING-O & 伊原”Anikki”広志
Gallery Goto JP
http://www.gallery-goto.com/


FM802 BEAT EXPO Cleansui WATERSIDE MUSIC
公開収録&ライブ

■ 日程 12/18 (thu)
■ 場所 心斎橋 digmeout ART&DINER
■ 時間 18:30 open / 19:00 start
■ 出演 Hanah Spring × AFRA × SWING-O
■ MC 吉村昌広 (BEAT EXPO / brainstorm DJ)
■ チケット FM802リスナー 25組50名様をご招待! (完全招待制) → 応募はこちら
■ 募集期間 11/25(火) 19:00〜12/11(木) 15:00まで
※ 立ち見となる可能性もございますがご了承ください。
※ 当選された方にはメールで当選通知を遅らせていただきます。
【番組内容】
≪タイトル≫
BEAT EXPO Cleansui WATERSIDE MUSIC
≪オンエア日時≫
毎週火曜日 19:20〜19:40 (BEAT EXPO内)
≪担当DJ≫
吉村 昌広
≪番組内容≫
水のように透明感のある楽曲を毎週ピックアップ。
クリアで透き通ったサウンドをお届けするとともに”水にまつわるクイズ”を出題。
正解者の中からタンブラーをプレゼントします。
(提供:三菱レイヨン・クリンスイ)
詳細はこちら
http://funky802.com/pages/pickup_detail/3198


12.24(Wednesday)
TOKYO ROUND ABOUT
-OUR FAVORITE BOURBON MAKER’S MARK-
Love Lounge vol.4 ~Christmas Special〜
■Azumi (ex.wyolica)

Place: Shibuya NOS ORG
Time: 19:00 open / 20:00 start
Charge:4,000yen(Standing) /5,000yen(Seat):sold out
Guest DJ: SOIL&“PIMP”SESSIONS 社長 / DJ KAWASAKI
VJ: mossolini(moss design unit)
BAND: SWING-O(Piano)、Sunapanng(Bass)、西岡ヒデロー(Percussion)

-Ticket INFO- Shibuya NOS ORG
http://org.nos-tokyo.com/reservation/
※お名前(フリガナ)、メールアドレス、電話番号、予約人数(上限2名まで)、着席or立見、最後に”12/24Azumiライブ希望”と必ず明記の上お申し込みください。
[PR]

by jazzmaffia | 2014-12-03 00:29 | 最新Live情報 | Comments(0)