<   2016年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

「夢の技術」に夢がない

d0094512_02203782.jpg
今年の頭に出たCOURRiER Japon2月号の中に
新しい文明が目前に!
姿を現した「夢の技術」39
なる特集があったんだが、
全くもって「夢」を感じることが出来なかった

これは3以降だが、
1民間ロケットの一般化
2時速1223kmの列車
、、、とまぁ似たようなベクトルなもの

そもそも人間としてこんな技術は必要なんだろうか?
という疑問が浮かぶものばかり
ほとんどが
人間のコンピューター化と
コンピューターの人間化
といったベクトルのもの

11の「脳波がパスワードのかわりをする」なんて怖さしか感じないよね

新規「事業」としての可能性はあるのか知らないが
そこに「ワクワク」はもうない
「成長」を前提とした経済の在り方の限界を
アメリカ式資本主義の限界を
また1つ浮き彫りにしているように思うのは俺だけだろうか?

こうした「最先端」にワクワク出来ない人は
社会の波に乗れない、仕事を失っていくよ、、、
というのがこうした雑誌の基本テーゼな訳だけど
残念ながら、否幸い、俺はその洗脳からはもう解脱出来ている

それよりも、これまで紹介してきたような
里山資本主義
里海資本主義 → http://jazzmaffia.exblog.jp/22338671
などの考え方とかのほうが
未来がワクワク出来る感じがある
次の世代に伝えていきたい「何か」がある

俺たちはこのまま
ただの数字(マイナンバー)になってしまうのか?
せめて考える猿でありたい
と思う今日この頃だ

*****

PS
初期はワクワク出来る特集も多々あったCOURRiER Japonだけど
先日出た4月号でもって、雑誌としては終了
Web メディアへと移行することになったそうだ
これを機に定期購読もやめることにした

実際最近の特集はワクワク出来ない特集ばかりだったからなぁ
世界のニュース誌としては良かったんだけどね
ま、それは今後はAP通信でも読んでればいいかなと

また定期購読したくなるような雑誌を探してみることにしよう
俺はやっぱり、時代がどうなろうと
紙媒体の良さを支持する
アナログレコードを支持しているように




[PR]

by jazzmaffia | 2016-03-28 02:44 | ひとりごと | Comments(0)