<   2016年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Book : 『羊と鋼の森』レビュー

d0094512_00483383.jpg
『羊と鋼の森』宮下奈都著
先日読んだのが『絶対音感』だったところに
「最近売れてる本でピアノ調律にまつわる小説があるよ」と聞いて
早速購入して、2日で読み切った

うん、ちゃんと基音の歴史も記してあるし
(モーツァルトの頃が422hzだとか)
調律に関しても軽く、だけど平均律や純正律に触れてあったし
かなりちゃんと取材をしたと思われるしっかりした土台の上に話が進む
そして森の音に耳を傾ける、主人公の少年の心象風景もいい感じではある

なんだけど、
素敵な話ではあるんだけど
クリーンすぎる感じがあり
(性的なエッセンスがほぼゼロ)
大成功する話ではないんだけど
アメリカ資本主義/「夢」をベースに生きていくことを基調として話が進むし
ってあたりがひっかかり
結果
三浦しをん「舟を編む」
の読後感と同じなんだよねぇ

ちゃんと、それもかなりちゃんと取材をした上で、
「ピアノ~ピアノの調律師を素材にしたら
今の大衆に響くもの、
大衆が今、足りてないと感じてるところを埋めるもの
が書けるのではないか?
といった著者の気持ちが通奏低音としてずっと聴こえてくる感じ
つまりマーケティングで書かれている感じが気になってしまうまま終わってしまうのだ

結果
それは消費される商品としての小説となってしまう
うまくこの素材をポップな料理にしたなぁ!という印象のほうが強い
つまり「うまい!」という感想しか残らないのだ

ま、多くの人にとっては、
「だから」分かりやすくていいんだろうけどね
俺は、何か違うんだよなぁ
帯には「村上春樹のドライさと湿り気」
と書かれていたけど、
村上春樹的なのは
ひとりでいろいろ妄想しているところ、くらいかな
春樹のもう少し深いところに響く感じとは全然違うね

これも本屋大賞かぁ
「舟を編む」もそうだったもんなぁ
本屋大賞が好む感じなんだなぁ、てのはすごく分かった
この宮下奈都、そして三浦しをん、原田マハ、有川浩から宮部みゆきまで、
最近のヒット女性作家に俺が感じる共通点だね
「うまい!!!」「よく調べました!」
、、、でも、、、て感じ

先日、本好き先輩とも話したけど
ひとことで言うなら
「浅い」
という印象ですね
女性作家に限らず、
今売れてる本って、そういうものがほとんどな印象です
あ、音楽も一緒か

でも、それでもフォローするならば
今回は俺の本業に関する話でもあり、
かつ「よく調べて」くれているおかげで、
ピアノの調律を頼む上での注意点や
「そっか、ペダルの具合もリクエストしてよかったんだ!」
なんて今更なことを知ったり、な側面もあり
それに関しては読んでよかったなと思った次第


PS
「天下のリーゼンフーバーのピアノ」となってたのは
ほぼ間違いなくベーゼンドルファーのことを差しているんだろう
ま、少し悪く言っているので、敢えて名前を誤摩化したのかなと思われます



[PR]

by jazzmaffia | 2016-05-30 01:06 | SWING-OによるReview | Comments(1)

プリンス名曲選2 "Money Don't Matter 2 Nite"

殿下が召されてもう1ヶ月以上経ってしまった
あらゆる音楽誌に載っている追悼特集を見ながら
改めて殿下の凄さと面白さを再確認する日々

そして話すネタとしても本当に面白い
人それぞれの、世代それぞれの「プリンス」のイメージがあるから
話が尽きないんだよね

そんな中
時折、自分にとっての殿下の名曲を紹介していくことにします

まず自分にとっての第一の名曲は、
召された直後のBLOGにも記したように
"Pop Life"(1985)
だね
→記事はこちら http://jazzmaffia.exblog.jp/23087695/

続いて思いつくのが・・・


d0094512_12231130.jpg

"Money Don't Matter 2 Night"
by Prince and the New Power Generation (1992)
https://youtu.be/L7FffaOqqYA
この頃のプリンスは
ぐいぐい時代を牽引していた側だった80年代に比べて
少し迷走し始めて、
結果、時代に乗っかる側になってきた
という印象の頃だね

前作サントラ"Graffiti Bridge"(1990)に
名曲こそあるものの、全体的に
無理矢理なヒップホップ感を感じたりしたし
ポップセンスが少し陰ってきたように思ったりしたし
結果映画もろともセールスがイマイチっぽかったし

、、、といった印象の時に
ふわっとリラックスした、
殿下のポップセンスが全開のアルバム
"Diamonds And Pearls"(1991) がリリースされた
そして久々の、
かつ結果生前最後の全米No.1ヒット"Cream"も生まれ
続くアルバムタイトル曲も3位と大ヒットして
、、、という中の4枚目(厳密には5枚目?)にカットされたシングルがこれ

これまでの殿下にはなかった、
ミドルのメロウでメロディアスな作品
なんつうか、当時はSimply Red的な空気も感じたかな

これが凄く好きになった理由は曲の良さはもちろんだけど
なんと日本でレコーディングされた曲
と知ったからだ

ツアーで来日していた狭間に
「レコーディングしたい」と日本のワーナーの担当者に伝えて
空き日に急遽レコーディングされたのが
この曲と"Strollin"だったらしいが
いずれも、実にリラックスしたスムーズでいい感じの曲

人づてで聞いた話だけど
殿下はいろいろ注文がうるさくて、わがままで、
大変だなぁ、、、と思っていたが
いざライブを見て、作品を聴いたら
ただただ圧倒されて、、、
感動しちゃった、らしい

なにがあったか知らないけど
この、日本で録られた曲は、
ふと我に返った殿下が、何のエグい装飾も施さずに
さらっと自然体で録ったんだろうなと

なにがあったか知らないけど
「金のことはもういいじゃないか」
「金のために、石油の利権のために子供を戦争に送り出すなんて馬鹿げてるよ」
なんてシンプルなメッセージを、
ブラックジャックにはまって身を滅ぼしそうな男の姿に託して歌っている

うん、素朴でいい曲だ

俺はいつも
この曲を聴くと
ネオンだらけの東京の繁華街を歩いている気持ちになる



[PR]

by jazzmaffia | 2016-05-28 12:58 | SWING-OによるReview | Comments(0)

SWING-Oライブいろいろご案内w

SWING-Oのライブ
SWING-O率いる45trioのライブなどが
近日いろいろあるので、ご案内をまとめておきます!!!

5.21(Sat)@富士スピードウェイ
"Harley Davidsonイベント"
■Tina with 45trio&田中拓也
出演は夕方18時頃です
http://www.harley-davidson.co.jp/bsh/program.html

5.22(Sun)@club bar FAMILY
"club bar FAMILY 20th Anniversary"
■45trio feat.Coma-Chi,Sequick,岩間俊樹(from SANABAGUN)
出演は21時頃です
http://club-bar-family.com/

5.25(Wed)@Hangout Hangover
■SWING-O and N'Dea Davenport(ex Brand New Heavies),Sequick
19時スタートです
http://casiosoundtradition.com/

6.4(Sat)@club bar FAMILY
■45trio
出演は深夜になります
http://club-bar-family.com/

6.9(Thr)@EBISU BATICA
■My Favorite Soul
SWING-O主催イベントです!!
21時〜朝までです!!終電前も深夜も楽しめますよw
http://swing-o.info/2016/pick-up-event/

d0094512_17472504.jpg

その他、その後もいろいろあります
詳しくはこちらのSWING-OのHPをご覧下さい
http://swing-o.info/
 
 
 

[PR]

by jazzmaffia | 2016-05-20 17:54 | 最新Live情報 | Comments(0)

Book : 『絶対音感』レビュー

d0094512_22123057.jpg
『絶対音感』 最相葉月 著
俺は一応、絶対音感はある
半音くらいは間違えたりするものの、
基準音無しにおおよその音は当てることが出来る
幼稚園くらいからピアノは習っていたし
所謂絶対音感教育を受けたのかどうかは覚えていないが、
ソルフェージュと呼ばれる、先生が弾く音を譜面に書くという授業は
結果中学くらいまでずっと受けていた

でも、だからプロのミュージシャンになれた訳では全くない
(そもそも「プロのミュージシャン」ってなんだよ?て話はまた後日w)
クラシック系ならいざ知らず、ポップス界に絶対音感を持つ人なんて
ほんの一握りの人しかいないはず

むしろ大事なのは
所謂相対音感であり、
ハーモニーをキャッチ出来る能力であり、
音質の違いを把握出来る能力であり、
多くの音が同時に鳴っているところで、特定の音を拾える聴力だね
それは年齢関係なく、練習量に比例するものだ

言うなれば
料理人が、ある料理の調味料を当てることが出来るように
野球選手が、バットの振りの少しの違いを、ピッチングフォームの少しの違いを当てれるように
後天的に鍛えた技術のほうが重要な要素を占めている、と俺は思っている

実際俺も20代では聞き分けられなかった、
ブルース〜ファンク〜ジャズ系の音楽で、それぞれの楽器が何をしているのか?
を聞き分けられるようになったのは20代後半から少しずつ、て感じだ
ましてや音質に関しての耳は、
30代以降、トラック制作を本気でやり出してから習得した

そう、いくつになっても耳は成長するんだ

*****

っていう俺にとっての「絶対音感」とは
この本の中で多くのインタビューが紹介されているように
「あるに越したことはないけれど、
なくても大丈夫じゃないか?」
という程度の代物ではある

一般論でよくあるように
「絶対音感があると、
あらゆる街の騒音が音符に聴こえて大変」
なんてことは特にない

既に皆さんがやっているように
うるさいレストラン〜居酒屋で、特定の人の声だけを聞くことが出来る能力
というのは誰しもが持つもの
絶対音感を持っていたとしても、
ちゃんと、聴きたくない音にシャッターを降ろせばいいだけだ
ま、絶対音感を持つに至る過程に問題があると(スパルタ教育を受けたとか)
話は違うのかもしれないけどね

そんな、今までふわっとしたトリビアぐらいにしかなっていなかった、
「絶対音感」という概念を
正面から音楽家に、脳科学者に、実際に絶対音感教育をしてきた教師に
取材を取りつつ、歴史をひもときつつ、語られた本でした

個人的に面白かったのは
1)日本で絶対音感教育が普及した理由に
*明治維新後の西洋音楽教育をしていく上で、過剰な西洋音楽コンプレックスの元に進められた
*第二次大戦時に、敵の飛行機の音を聞き分けたりするのに使えるということで、普及した
という点だ
後者がなるほど・・・な話だし
前者は未だに、子供に絶対音感を持たせようとするマダムたちの心理に受け継がれているね

2)音感と調律はもちろんリンクする、ということで
調律の歴史も色々記されていた
A=440hz(摂氏20℃で)の調律は1939年の国際規約で決められた
1780年頃のモーツァルトのピアノは422hz
1885年ウィーン国際基準音会議で決められたのは435hz
1890年にスタインウェイのピアノが457hzになったこともあった
*純正律〜平均律についてももちろん触れられていた

→もう、こうなってくると、A=440hzで正確な絶対音感を持っていたとしても
全く役に立たないよね?

そんな、『絶対音感』という概念を軸に、
そもそも音楽に感動するってどういうことなのか?
音楽って何なのか?
と掘り下げて行く本です
興味のある方は是非ご一読を!
文庫本で読みやすくなってますよw




*****

俺のようなポピュラー音楽をやっていく上では
聞き分ける耳こそ大事だけど、
絶対音感というのは特にマストではない

むしろ今問題なのは調律だよね
どんなプロ歌手も歌の音程をコンピューター補正してしまう時代
それも大抵平均律という調律でされてしまう

でもハーモニーが気持ちいい、身体にも共鳴するのは
ピタゴラス調律〜純正律のほうなのだが
あまりに平均律な音楽に幼少期から大人まで耳慣れしすぎているため、
共鳴していて本来「気持ちいい!!」と言うべきものを
まさかの「気持ち悪い!」と反応する人が増えているそうなのだ

例えるなら、
化学調味料に舌が慣れすぎていて
オーガニック素材で作ったハンバーガーよりも
ファーストフード系のハンバーガーのほうが美味い!
と言っちゃうのと同じだ

そんな顧客なんだから、
そういうものを提供しておけば儲かるよ!
というのが資本主義の果ての現在だ

・・・・・
って言いつつ、
コンピューター上で制作されることが基本となった今の音楽業界では
上記のことを説明していくのは実に難しい
良心の塊のようなアーティストも、
普通に平均律で機械的な補正をしている時代
どのようにこの感じを伝えて行けばいいものやら・・・





[PR]

by jazzmaffia | 2016-05-11 22:56 | SWING-OによるReview | Comments(0)

歌謡曲探検隊 01:和田アキ子pt1

俺がどうこう言わなくても
既にレコードディガーたちの間では
歌謡曲は今最大のターゲットの1つだ

そうこうしてるうちに、
俺もみるみると片足ほどハマってる訳だけど
(激しくハマってる友人が数名、近くにいる、それと比べればって話 笑)
それをディガーに怒られない程度に、
俺も困らない程度に、
紹介していこう
。。。というのが #歌謡曲探検隊 です!!

な訳で記念すべきかどうかはさておき
1回目は、個人的に最初に7インチをディグり始めたこの大御所
和田アキ子さんです

d0094512_23012261.jpg

和田アキ子 LP『どしゃぶりの雨の中で〜ビートとハートを歌う』 1969年

このアルバムだけで、アッコさんのクラブ的代表曲の半分は手に入る
そんな代物です

個人的にはやはり小西康晴さんチョイスの2004年発売のコンピ
"フリーソウル和田アキ子" (橋本徹さんの許諾を得ているそうです)
これが掘ることを決心したきっかけの作品ですな
d0094512_23083771.jpg
歌謡曲の括りのものを、
うまくピックアップすることで
全く聴こえ方が変わる!
それを知ったきっかけのコンピですよ
おかげさまで、今まで見向きもしなかった、
歌謡曲のコーナーをチェックするようになってしまった訳です

で、話は戻ってアルバム『どしゃぶりの雨の中で』
これはアッコさんのデビュー曲「星空の孤独」
2曲目でスマッシュヒットになった「どしゃぶりの雨の中で」
3曲目の「その時わたしに何が起こったか」
の3枚のシングルに6曲を加えてアルバムにした、
アッコさんのデビューアルバムです

この中からオススメは
A-2 バイバイアダム
A-4 つれてって何処までも
A-6 星空の孤独
B-2 ボーイアンドガール
B-4 ハートブレイクドール
あたりでしょうかね

特に映画「女番長 野良猫ロック」1970年
にも使われていた、
シングル「どしゃぶり〜」のB面にも収録されている
”ボーイアンドガール"はアッパー名曲ですねぇ
映画のワンシーンはYou Tubeに出てます
https://youtu.be/phQEIkjT2Xs


歌詞がシンプルでいいよねぇ
「ボーイアンドガールはいつでも
ララララ〜 ララララ〜」
って「ララララ」って何やねん!て思ってたんだけど
今回内ジャケの歌詞を見て初めて知った!

これ、
"lo lo lo love" だったんだ!!!
たった今、俺、驚いてます 笑

こうしたファンキー系な曲ももちろんいいんですが、
他のバラード調の曲もソウルマターな感じで出来ていて、
すごくいい
これはアルバム買いもオススメ出来ます!!

*****

そう、歌謡曲掘りに俺および他の方々がハマる大きな理由に
まだネット上にアーカイヴが存在していない
てことが大きいね

既にアッコさんのように評価が定まってるものもあれば
まだまだ、まさに今評価が定まっていく最中なものも多数ある
その、「情報があまりない」感じって燃えるんだよね

今は情報が溢れ返る時代でしょ?
こっちに届いた情報をただ選ぶだけでいい、って時代でしょ?

そういうのが詰まらない俺のような人種が燃えるもの
それがこうした、情報があまりない代物なんですよ
かつ、日本人として日本の音楽を再評価するって意味あることだと思うしね

そんな訳で、不定期ですが、
#歌謡曲探検隊
これから時々発信していきますね
アッコさんだけでも他に沢山名曲あるしねw

*****

で、今回最後に
このアルバムの内ジャケに
作詞家の阿久悠さんの和田アキ子評が載っていて
それが面白いので紹介しておきますね

今の、芸人のアッコさんの扱い方の原点はここなのかも?
て言葉です

d0094512_23315896.jpg
大型歌手である
稀に見る、というのをつけてもよい
歌のスケールのみならず、体躯に於いても大型歌手である
堂々天を圧し、雲をつかむ巨体である
そして、全く常識を無視した野方図な言動は、
なおさら大型に見せている
「まさか」ということをズバリと云う
「まさか」と思うことをズバリとやる
それが魅力である
・・・・

中略

最後に、アコへの注文を・・・
フィーリングをパターン化しないこと
こういう時こそ、大いにはみ出し、豊かな感情表現をすべきである
そして更に一言
大きく 大きく 大きくなぁれ
大きくなって・・・・
君は、無限代なのだ

 from 阿久悠
 


[PR]

by jazzmaffia | 2016-05-09 23:44 | 歌謡曲探検隊 | Comments(0)

『モライもんとヒロイもん』

こどもの日っぽいひとりごとを

そう、最近ふとした時に
「モライもんとヒロイもん」て言葉が頭によぎった
確か、初期ドラえもんの中にそんな話が出てきてた、気がした

そして、ふと思った
そうだよ
人生は「モライもんとヒロイもん」じゃないか!

俺のキャリアって
色んな趣味の積み重ねと
出会いと別れの積み重ねで
うまく仕事をもらったりひろったりしてきたキャリアだよなぁ

会社を作る、仕事を産み出す柄じゃないし
料理屋とか服屋とかでバイトをしながら、て器用さもないし
ファミリーを作っていくキャラでもないし
組んできたバンドはどれも長続きしないし

でもそんな中、
こうして音楽をベースに生きていけているというのは
ほんとモライもんとヒロイもんのおかげだよなぁ
感謝感謝だよなぁ・・・

ま、社会で生きていく上では当たり前のテーゼなんだろうけど
この「モライもんとヒロイもん」て響きがいいなぁ、
て思っただけなんだけどね

うん、いいキーワードな気が、します

*****

で、念のため調べてみました
そしたら、うん、ありました

d0094512_23001272.jpg

そう、
ドラえもんがのび太に見せた未来の漫画雑誌
の中に出てきた一コマです
そう、たった一コマなのに、
俺の中で余程インパクトがあったんだねぇ
ま、同じくインパクトを感じた人がいたから、
こうして画像が転がってたんだろうけどね・・・

作者の故藤子F不二雄さんも
ただの洒落で書いたであろう一コマを
こうして数十年後にピックアップしてる人がいる、
ていうことにビックリしてるだろうだね

d0094512_23032068.jpg
そして、
先日の #裏MyFavoriteSoul で #里親レコード からのモライもんがこれ
Roy AyersやLetuce、Hall&Oatesの7inch
Princeの7inchは4枚も!
そして裏にあるLPはPeddlers、これもいい

そんな大人のモライもんを聴きながら過ごす
こどもの日の夜でありました

[PR]

by jazzmaffia | 2016-05-05 23:12 | ひとりごと | Comments(0)