SOUL CAMP2017のErykah Baduはすごかった

d0094512_16353161.jpg
SOUL CAMP 2017
10.7@豊洲ピット
Erykah Badu はダントツ圧巻のライブだった

1回目がLauryn Hill
2回目がJill Scott
と言う見たすぎるヘッドライナーがありつつ
幸か不幸か仕事で行けず
3回目にして今回初めて行くことができました

裏のルートをどうこうすれば入れたんだろうけど
素直にチケットを購入して、家族で行ってみることにした
何せ目当てのErykah BaduはBillboard Liveではチケット43,000円もするという
「そりゃねえよな」「金に困ってるんじゃない?」「最近すっかり太っちゃっていまいちらしい」
などなど、行かなくて済むような情報ばかりつい集めてしまっていたが
でも、行ってみることにした
Roy Ayersもいるし、Brand Nubianや DJ Spinaもいるし、
何よりSoul Campの空気感を味わってみようと思ったから

d0094512_16365922.jpg
好きな曲も多数あるものの
やはり懐メロ感と第一線ではすでにない感溢れるBrand Nubianはさらっと見て終了

d0094512_16372987.jpg
そしてRoy Ayersもなんというか、場違い感をすごく感じた
やっぱ長年Blue Noteクラスの箱でやってきてると
どうしても不要な「セッション」性が強くなるんだなぁと
少ない曲数をソロ回しで時間を伸ばして、無理くり盛り上げてる感が否めず
せっかくヒップホップ大ネタでもある
"Running Away"
"Everybody Loves The Sunshine”
とかやってくれても
だらだらとしたセッション的演奏のせいだろう、
「ネタをやってる!」というのが観衆に気づかれていないようでもあり
もったいなかった

、、、という、まぁ懐メロ系アーティストばかりなイベントだから
こういう空気感は仕方ないよな
と思いながら迎えたErykah Baduライブだった

d0094512_16114556.jpg
もう登場前から空気感が違う
20分くらいは押したが、
すんなりその圧巻の時間は始まった

2年前のmixtape"But You Can't Use My Phone"からと思われる
Hello、Tyronを下敷きにした"Can't Use My Phone"などが混じった
今っぽくエレクトロでアブストラクトな音が流れ、
VJも加わり
キメの部分にバンドが加わることでいきなり耳と目をK.O.された

オーディエンスも絶叫だ
「エリカさま〜〜〜〜〜!」
やばい
俺もそんな気分だった

そこからはあっと言う間の90分だった
そんなにやってくれるとは思ってなかった
以下、印象に残ったことを列記していく
(メモをとってた訳じゃないので、順番が定かじゃないから)

以前からエリカ様がやっている手法ではあるけれど
左手でサンプラーを叩き、しばらく一人で遊んだあと
「ドンドンドドドドドンドンドン」とやったら即"On And On"
「ドンドカンドドン」とやったら"Love Of My Life"
これは始まった瞬間の高揚感が半端ない

エリカ様の手つきは毎度ながら美しい
デビュー前からヨガをやっていたという話もある
ちょっとした手の動きに目を取られ・・・
今回はやたらとウサインボルトの勝利の決めポーズをやっていて笑えた

そんなちょっとしたポージングの合間に
2回ほど服をめくってお腹を見せた
(意外としまっていた 笑)
で、2回ともそのあと恥じらう表情をする
それがまた可愛らしい、、、
タオルを客席に投げるふりをしてはやめてみたりして、ニヤッとする
それもまたいじらしい、、、
、、、て今確認したら、今年で46歳なんだな、可愛い46歳

前半のMCでエリカ様が
「私のライブをみるの初めてな人はどれくらい?」
と聞いたら
8割方の人が手をあげて、驚いていた
そして「80年代生まれの人は?」「90年代は?」などと聞いていく
細かいMCは聞き取れなかったが、
そんな新規の若い客が多いことを知って俄然スイッチがオンになったように見えた
「あなたたちが小さい頃、もう20年も前の作品よ、Baduizumから次の曲」
そして始まった"Apple Tree"
そこからの気合が半端なかった

どの曲も全くもって普通にやらない
イントロ〜途中までは原曲がわかるようにやるんだけど
エリカ様の合図"Hold On"でどんどんブレイクして
一瞬のアカペラを挟んで、またバンドインする
という流れが随所に織り込まれ
間にまた別な曲のネタ挟んだりしてた
どの曲の合間か忘れたけどAaliya"Rock The Boat"も挟んでたね
そう、MC中にバックバンドが小さくSnoop Dogg"Ain't No Fun"を弾き始めて
"Stop"とバンドに注意したと思ったら
そのまま"Ain't No Fun"を歌いだす、なんてくだりもあったね
つまり、
セッション感
場数を積んだバンド感
一体になった演奏だったということ

俺は真ん中後ろのPAブースの横にいたので
エンジニアの動きもちょろちょろ見てたんだけど
エンジニアもエリカ様の動きをずっと見ながら聴きながら
テンポチェンジしたと思ったらすぐタップして
いつでも演奏に合うDelayを出せるようにしていた
つまりエンジニアも一緒になってセッションしていた
そして音がいい感じだったな
一緒にいた福原美穂ちゃんもそこをまず感心してたね

ベースが一番下にいて
ドラムが少し上のような音像だった
中域をキーボード類と歌が占める

EQ処理も黒人エンジニアらしく、結構大胆にカット&ブーストしてる感じだった

<<追加>>
そう、照明とVJも音楽の成り行きを見ながら変えて、合わせに来てました
つまり照明とVJも一緒になってセッションしていました

そうそう、驚きだったのは、
同期は今回ほぼ使ってなかったと思われること
ラップトップをもったDJ的な人が二人ステージにいたので
必要なネタは、タップでテンポを合わせながら出していたのではないか?
と思われる

完全再現よりも
エリカ様の気分次第でどうなるかわからない
という形を大事にしよう!
というスタンスが全体で共有されているように見えて好印象

そして上記のようにこの日はめっちゃ機嫌がよかったもんだから
余計にいろんないい瞬間が生まれた
もちろん「おっと、大丈夫か?」みたいなスリリングな瞬間もいくつかあったけれどね

そして驚いたことに
気分のいいエリカ様は"Bag Lady"のくだりで
ついに客席に降り立って
客に「ooh oh」とサビのハミングを歌わせ始めたのでした

*****

■総括■
そんな感じ
もう最高としか言いようがないステージだった
ネオソウル系で言うなら2年前のD'angeloもよかったが
それはRoy Ayersで言ったところの「セッション感」の方が強くて
でも人力が半端ないからよかったんだけど
今回のエリカ様はバンド全体をアジテート&コンダクトする、
まさに女James Brownのような形

そこに今っぽいエディット感、
過去から現在までのSoul,R&B,HipHop愛が散りばめられている
エリカ様のご機嫌次第で大きく変わることが予想されるライブのあり方ではあるけれど
それでこそ「ライブ」だ

46歳を迎えられた素敵な姉さん(俺より年下だけど敢えて)ならではの
ワンアンドオンリーなライブ
すでに代表曲が何曲もあるからできるスタイルではあるだろう
もともとそういう傾向はある人だけど
2007年のNew Amerykahからより顕著になった
mixtape的な制作手法
それを生ライブでどう表現するか?
という探求の一つの答えを見せてくれたように思う
まさにmixtape的なライブ

そこに必要なのはテクノロジーを駆使する人力
テクノロジーによる、再現力ではないところが
俺のようなミュージシャンからしたら好印象、
というか一つの理想的な音楽のあり方だなぁと

腕を磨かないとこれはできない
音楽好きでいろいろチェックしてる人じゃないとこれはできない
そこがいい

今日明日はBillboard Live Osakaで2days
今日明日のエリカ様のご機嫌は如何なんだろう?

迷っている方は4万円、高いけど
これは見ておくべきだと言っておきます

[PR]

# by jazzmaffia | 2017-10-09 17:40 | Live Report | Comments(0)

ネットラジオ番組「ウタウピアノ」更新しました vol.11

d0094512_23521589.jpg
SWING-Oがナビゲーターを務めるネットラジオ番組
「ウタウピアノ」が更新されております
もうvol11ですね!
次回でちょうど一年です!!



今回のゲストには
最近セカンドアルバムを二枚リリースしたばかりの
若きソウルバンドWONKから
江﨑文武(アヤタケ)氏をお迎えしました!
WONK HP

昨年1stアルバム"Sphere"で自主レーベルからデビューし
CD Shop Award2017に選ばれるなど
いきなりの大ヒットを記録、、、
、、、てところで数多のメジャーレーベルからの誘いがあったにも関わらず
今後とも自主レーベルからの活動を発表しちゃう感じが素晴らしい
そんなバンド&レーベルのデザイナーでありメッセンジャーでもある、
アヤタケ氏との対談&連弾はなかなか面白かったです

俺とはふた回りも下ですからね
そしてさすがな今時の若者!!
クールだけどめっちゃ内に秘めたる熱いものがたくさんある感じ
彼らの音源とともにぜひチェックしてみてください

&感想を含めたメッセージもぜひお待ちしておりますw

jjazz.netはフリーでいつでも聴けるインターネットラジオです
このvol.11は10月後半まで、いつでも何回でも聴けますよ

https://www.jjazz.net/programs/casio/
こちらにアクセス!!

[PR]

# by jazzmaffia | 2017-10-01 00:06 | #SOUL大学 | Comments(0)

Book : 『M/D~マイルス・デューイ・デイヴィス3世研究』レビュー

d0094512_17262483.jpg
『M/D マイルス・デューイ・デイヴィス3世研究』上・下
菊地成孔+大谷能生 著

この本の原作が出てから9年
文庫本が出てから6年
そして主役のマイルスがなくなってから26年の
しかも本日9.28がその命日

、、、という絶妙だかなんだかわからないタイミングでレビューを書きます
単純にたまたま今月頭くらいから読み始めた、というだけなんですがね

正直、俺自身はマイルスファンではなくて
正確には菊地さんの著書のファン
もちろんマイルスは好きな作品は多数あるし
勉強がてら肝とされるアルバムは大概持っているんですが
すでに自伝も読んでいるんですが
「エレクトリックマイルス」期と言われる1970-75年あたりの作品は
正直好きになれなかったりもして、
でも菊地さんはそこを熱く語っているのは以前から知っていたので
(レコードコレクターズ「On The Corner」特集などで)
結果、後回しになってしまったというとこでしょうか

で、結果
やはり素晴らしい本でした
想像通りのヘビーさで、
比較文化論的にあらゆる側面から時代考証をし
人文学的心理学的見地をも経由してマイルスの人間性を炙り出そうとする様は
人工衛星から眺めてたはずの地球が、一瞬で目の前に迫ってくるような
高所恐怖症の俺がいやいや乗ったジェットコースターが意外や心地よかったような
何せめくるめく素晴らしい視点による分析に頭がクラクラし
いかんせん対象であるマイルスの躁鬱具合、体調不良具合に意識を持って行かれて
読んでいる俺自身が気重になってきてしまう側面もあり、
特に「エレクトリックマイルス」が語られる下巻は
メモっておきたいことが多数で、本来ならばゆっくり読みたいところなんですが
気重さに耐えきれず急いで読みきってしまう羽目になる
。。。といった感じでした

そもそもが東京大学の講義本です
なので受講生という心持ち半分で、
感想文的に記してみると

もともと"Nefertiti"1967までは好きでしたが
今回受講したことで「意外といいかも」と思えてきたのは
"Get Up With It" 1974
ですね

この、ただのボツ曲集でもある、
引退時期にレコード会社主導で出された系の作品は
すでにテオマセロの手が加わってるとはいえ、
俺にはポップに響くものがいくつかあって気に入りました
特にB-1"Maiysha"はいいですね
この時期にしては唯一と言っていいほどコード感のある楽曲
モーダルでもあり、
10年遅れでチルドレン側の
Herbie Hancock "Maiden Voyage"
Freddie Hubbard "Little Sun Flower"
あたりを意識して作られたような、
いや聞き様によってはPharoah Sanders~Lonnie Liston Smithにも聞こえますね
実際、そこを意識したのかもしれませんね、
この曲の、マイルスによるオルガン?のロングトーンがキテレツな以外は
Lonnie Liston Smithの曲と言われても納得しちゃいそうな心地よさがあります
あ、そもそもこの時期のマイルスに「心地よさ」を求めること自体が間違ってるんでしょうけど

他、70年頃の、フィルモアなどのロックフェスに出た時のライブ音源なども
その頃の背景を説明されながら聞くと
実に魅力的に聞こえてくる、熱くなるものがありましたね
でも、でも、
俺にはまだ"Bitches Brew" 1969がポップには聴こえてきませんでした
これがマイルス唯一の、ポップチャートでトップ40に入ったアルバムなのは知ってますが
未だよくわかりません
むしろロックフェスにいろいろ出て、
「なんだか知らないがこのオッさんすごい!」
と白人に思われて、その白人層が結果買ってくれたって順番でしょ?と
実際その後のサントラやライブ盤になるとまたチャート100位圏外に戻ってしまいますしね
現状の俺の耳では、て話です
いずれ聴こえてくる日は来るかもしれませんが

マイルス引退時期の1976年に始動した
マイルス抜きで始められたマイルスバンドV.S.O.Pの
「ジャズ史を振り返る」的企画を
「ジャズを止めた」企画と切り捨てる視点は「なるほど」でした
ビジネス的にはそうした懐古的な企画は成功しがちなんですが
一方で更なる境地を目指そうとする側からしたら迷惑極まりない
そこを懐古企画と新境地をうま〜くかる〜く乗りこなすHerbie Hancock
彼の薄っぺらい感じ、いやでも深みもあるっちゃある
でもカリスマではない、、、、評価は俺自身も難しいところですが
「振り返る企画」の危険性は少なくともわかる話でした

他、ケイ赤城さんとの対談は面白かったですね
唯一の日本人でマイルスバンドメンバーになったことがある人です
マイルスがメロディを重力になぞらえて話してくれたくだりとか
ピッチ感の独特な感じ、そもそも平均律で吹いてないのではないか?
というくだりも面白かったです
その70年代以降の、
モードジャズからどんどん発展して、
結果、無調音楽になっていく中で
マイルスは何を捉えて音程を出していたのか?という考察は
漠然としか解釈は出来ませんでしたが、興味深いくだりでした

他1980年代復活以降は
どれだけ日本がマイルスを支えたか、という話もなるほどでしたね
その中にはタモリもいるでしょうし
チケットが5万円したという目黒ブルースアレイこけら落としもありました
(ちなみに年末にライブやることが決まったので、また違う気持ちで出れますね)
デザイナー佐藤孝信さんも80年代〜死ぬまでの衣装を支えた人だったと
(ちなみに先日Hanah Springと話してたら、孝信さんを知っている&話したことがあるとのことで、、、びっくり)

そろそろ
まとめに入りますが
マイルス分析の基調としてあった
「常に時代から数年遅れで新しいことに挑戦していた」
というのは非常に納得できる解釈でした
その、大胆に新しいものをどんどん取り入れていくイメージだったのが
その実は違っていた、という話は面白いポイントでしたね

本の中で一番出てくる
「ミスティフィカシオン」自己韜晦・目くらまし
「アンビバレンス」二面性
さらにこれらの分析をベースに進むことで
「天才」だ「奇才」だなどと抽象的で安易な着地点で思考停止せずに
人間・マイルス
をあぶり出してくれる、
さすがさすがの菊地・大谷ペア著書でした

*****

そして最後に、
ネットをいろいろ見ていて発見した
1991年に、マイルスがなくなる2ヶ月前に
Quincy Jones指揮で行われた
モントルージャズフェスのGil Evans トリビュートライブ
これ、ちょっといろんな意味できゅんと来ましたね

今まで過去を振り返らなかったマイルスが
偶然にも亡くなる直前にそうした懐古企画に乗っていたなんて、、、
マイルスチルドレン筆頭のWallace Roneyの笑顔がまたきゅんとくるんです

Miles Davis with Quincy Jones & the Gil Evans Orchestra 1991

https://youtu.be/4_eUc_equV0



でも菊地・大谷氏の解釈は違うようです
なぜならその直後に結果遺作となった"Doo Bop"のレコーディングをしてますからね
きっと大金を積まれて「出稼ぎ」に行っただけなんじゃないか?と 笑

[PR]

# by jazzmaffia | 2017-09-28 18:28 | SWING-OによるReview | Comments(0)