純正律

d0094512_391920.jpg


音楽ってすごいなぁ。。。と良くも悪くも痛感させられた本

先日の、五年ぶりの帰郷の際に父にもらった本がこれ

どれくらいの人が純正律って知ってるんだろう?

これは調律の話なんだけど、いわゆるポピュラーミュージックは大抵平均律といわれる調律の方法がとられている。ピアノなんかもほぼそうだね。そしてその調律方法は日本の学校という学校でほぼ絶対的に信用されて使われている調律方法なんだが、実はその平均律とは色んな歴史があって、ある便宜上使われているだけなのだ、という話なのだ。

細かい理論は俺も100%把握はしていないので、ここでは割愛するけど、簡単に言うと、平均律とは1オクターブをただ12等分した音階。
そして純正律とは自然倍音を並べた音階、ということになる。
ま、詳しくは下記のHPをご覧あれ。
http://www.pure-music.ne.jp/

自然倍音、と言ってもよく分かりにくいと思うけど、要は気持ちよくハモって聞こえるのが自然倍音ってこと。Take6が気持ちよくてもゴスペラーズが気持良くないのはそのためか!てことなのだ。

具体的に言うと、例えばドミソでハーモニーを作ろうとすると、ピアノのミの音は、平均律でチューニングされていると、ミの音が純正律より高く調律されているので、ピアノに合わせて歌うと、ピアノには合っているのに、何か気持ちよくない、という結果になる。

今の時代、ProToolsによるレコーディングがほとんどで、歌も録音した後に音程を修正したりするのが当然の様に横行している。その直し方が平均律的に合っていてもハモって聴こえなかったりするのはそういう理由なのだ。数字で合っていても、耳で聴いて気持ちよくない。

恐いよ、今更だけど。俺はピアニストだし。ピアノの調律を絶対的に考えていたから、よもやピアノに合わせてコーラスをやると、実は合っていないだなんて!

そう、日本は小さい頃からピアノを中心に音楽教育がなされているから、そこに「音痴」を生む要因があるという話もある。絶対音感があることを「凄いこと」とされているのも大きな間違いだとも。

こんな話もある。

JR中央線では飛び込み自殺者が多いが、その原因に、上り線と下り線で流れる音楽の調の違いが、気持悪い倍音を生んでいて、それは無意識的に人を気分悪くさせていると。落ち込んでる人や、ぼうっとしている人の背中をその音楽が押している、て訳だ。



別に純正律が正しくて平均律が間違っている、という話ではない。

純正律は確かに心地よい響きだし、ヒーリング効果は抜群だ。
でも転調には向かないし、使えない和音も多い。

大事なことは、適材適所ってことだね。リラックスさせたいのか、トランスさせたいのか、躍らせたいのか、、、

音楽の構成要素の一つ、音程というものも色々あるんだなぁと。自分の耳を信じて、体を信じて音楽はやるべきだなぁ、、、と痛感させられた本でした。


いじめの報道をする前に、是非純正律の音楽を各学校へ普及させるべきですね。
すでに一部の学校では始めているらしいですが。。。(何故そっちを報道しない???!)
[PR]

# by jazzmaffia | 2006-11-13 04:16 | Recommend | Comments(0)

DJ KAWASAKI邸にてRemixのトラック製作をしてきました。

俺と彼の共通点

「切ない」「ドラマティック」大好き!



よって本日制作した音源もかなり「切ない」系になりました。

「切ない」系のHouseは、これはまた盛り上がるんだわさ!


d0094512_14396100.jpg

そんな制作を見守る亀がこいつ。
常に俺の指に噛み付こうとする奴。
いつも外に出たがっている奴。

でも何か可愛く思えてきてしもた、最近





で、
作業終了後に「蟻月」ってもつ屋に行ってきた
相当俺好みで美味かった!何より汁が美味い!
甘酢漬け生姜も美味かったしなぁ。。。
ま、噂の店ですね。
[PR]

# by jazzmaffia | 2006-11-06 14:40 | Comments(0)

Legend2ndいい!

d0094512_1114338.jpg
久しぶり、一聴して「いい!」て作品だ。これ。
1stも蟹江プロデュースってことで、即入手したけど、ぶっちゃけそんないいって思わなかった。
せいぜい最後のLiveItUpくらいかな?OrdinaryPeopleとかももちろん悪くないが、何せStevieWonderのMyCherieAmourのパクりに聴こえちゃってねぇ。。。。

でも、この2ndは素晴らしい!

一曲目のSaveRoomからやられた。

『何だこのレトロなポップソウルは?』
でも曲がいいのと、微妙に今っぽい処理をしてあるトラック。プロデューサーをみるとBEPのWilliamではないか?流石の仕事だ。他のWilliamプロデュース曲もよろしい!セルメン並み、いやそれ以上に相性いいかも?
二曲目の蟹江プロデュースのHeavenもよろしい。蟹江の1st的なストレートなサンプル使いもよろしい。ほんでTr-4のブルージーなRaphaelSaadiqプロデュースのトラックもよろしい!つうかこの、変拍子なのにポップな曲、やばい!

で、結論、全体が☆☆☆☆☆なんだけど、なんでいいかと言うと、俺の大好きな70`sSoulな香りとメロディーと、今っぽさの絶妙なブレンドにある。

これぞ、まさしく俺が作りたい音楽だ。

という意味でもやられた。。。。!



果たして、これは売れるんだろうか???



プロデューサーの選び方から何から何まで、絶妙なアルバムである反面、ヒット狙いな雰囲気はない。
ま、OrdinaryPeople的な弾き語り曲は3曲位入ってるから、それがヒット狙いなのかもしれんが???


因みにビヨンセはイマイチだなぁ。。。Curtis使いのTr-10は悪くないけど、、、しかも収録曲&時間少ないし。。。
実際アメリカでは売れていない。RingTheAlarmなんてトップ10入りすらしていない。

でもアギレラ、今更買ったけど、悪くない、つうかいい!
これもホンマに売れるんか?てくらい音楽的に作られてる。

まぁそんな訳で、チェックがてら色々新旧作品買いあさってます。例えば先日はBarryWhite70年代作を200円ずつで3枚入手!どれも良し!RayParkerJr.のRaydioの1stも500円入手!そして素晴らしい!
まだ黒人音楽がヒットチャート本流じゃない頃の、黒人音楽のヒットアルバムっつうのは、どれも濃くてポップでよろしい!

最近のは、アイデアまでは面白くても、曲として???てのが多いかなぁ。。。



まぁ、そんなこんなで、数多く買いあさっている中でもだんとつの☆☆☆☆☆がJohnLegend“OnceAgain”です!
[PR]

# by jazzmaffia | 2006-10-31 01:12 | Recommend | Comments(0)