「ほっ」と。キャンペーン

Movie : 『永い言い訳』『シン・ゴジラ』

今更「シンゴジラ」
公開になったばかりの西川美和監督最新作「永い言い訳」
の二本、見てきました


d0094512_22274884.jpg
『永い言い訳』西川美和監督
映画HP http://nagai-iiwake.com/

西川監督とは、監督デビュー作「蛇イチゴ」2002年の頃から知っているから
もう15年の付き合いになるのか
、、、付き合いなんて言っても最近は新作が出る際に連絡取り合うくらい
あ、前作『夢売る二人』ではピアノで絡ませて頂きました、、、

な話は置いといて、公開になったばかりの新作です
これまで通りの、彼女の、人の中に潜む闇をほじくりだす様な作品です
初期は彼女の地元である広島を想像させる、田舎を舞台にしたものが多かったけど
前作『夢売る二人』から舞台は東京〜都会に

今作の主人公は本木雅弘演じる小説家
彼のことを監督は
『自己評価がすごく低い人、
それが故に色んな問題、誤解を産み出す人』
と主人公&本木雅弘を重ねて説明してましたが、それ故か
俺自身とすごく被っている感覚に襲われて
「何故俺のことを知ってるんだ?」という感覚で見るハメに
つまりすごく「いやぁな感じ」を胸に見るハメになりました
(それがどの部分かはここでは述べませんが 笑)

でもその「いやぁな感じ」を払拭するのが
竹原ピストル演じる大宮さん
彼のストレートすぎる存在は、
ピストルそのものでもあり、
そのストレートさでもってかろうじて「いやぁな感じ」が中和され
少しずつ話は前向きに進んで行くんだけれど
ストレートすぎる彼の家庭でもやはり問題はあり・・・

・・・そんな、日常に潜む「膿み」を描き出すスタイルは
新作でも絶好調です
「何故俺のことを知ってるんだ?」という感じは
タイプ違えど、村上春樹の諸作にも言えるあの感じ
でも春樹よりは社会との距離感は近い、そんな感じ

監督の作品の音楽はこれまでずっと
カリフラワーズ〜モアリズムの中村氏がやってきてたんだけど
(そのお陰でおれも近いところにいました)
今作では遂に離れたようで
そのせいか、より、都会を感じる音ではありました
手島葵の曲などもすごくハマってました

是非映画館で、我々の日常の「膿み」をご覧になってくださいませw


*****

『シン・ゴジラ』庵野秀明 監督
映画HP http://www.shin-godzilla.jp/

こちらはレビューするまでもなく、既に大ヒット映画です
公開が7.29とのことなので2ヶ月半も経ってるのに、
今日も席はかなり埋まってました
横でこそこそ話してるのを聴くと「もう5回目」なんて言ってる人もいましたね

凄くテンポの速いセリフ&展開
政治批評性もありつつ、科学的批評性もありつつの深みのある感じ
東京〜神奈川の街がどんどん破壊されて行くリアルさ
面白さのポイントは色々あげられるでしょうが

そもそも映画ゴジラをちゃんと見たこと無い自分としては
あとこういうパニック系な映画はそもそも好きじゃない、という自分としては
「うまく出来たエンタメ」とまでは思いますが
この大ヒットという理由までは何とも説明出来る程キャッチ出来たものがありませんでした

だって「ディープインパクト」「インディペンデンスデイ」などの形でもって
すでにアメリカを中心に定番となっている型です
(歴史考証は出来てませんが、日本もその歴史に深く関わってるのかもしれませんが)

この手のものの存在理由で聴いたことがあるのは
「咄嗟の時に、攻撃的な決断を下せるほうが有利だ」
という危機管理の啓蒙のためにアメリカが始めたという話です
その真偽は分かりませんが、
他の国でどれだけ「流行遅れ」となっても
アメリカは常にこうした「パニックもの」を作り続けてきた
というのはそんな需要があるから、必然性があるからでしょう
という意味では上記の「危機管理の啓蒙のため」という話はあなどれない気がします

常に国内に命をおびやかす危機が蔓延しているアメリカという国だからこそ
常に戦争を世界中でやってきているアメリカだからこそ
な側面だと思うんですがね

こういう常軌を逸した生命体「ゴジラ」によって攻撃される
そこから始まる政府のバタバタと
そこから始まる次のステージに向かう日本

大きな事件、無理矢理なテコ入れでもないと
日本はもう変われないのでは???
という空気感が今の日本にはある

大ヒットの秘密はそういうことなんでしょうかね?
事実、俺も知っている街が破壊されて行く様を見るのだけは
少し快感がありましたから・・・

 
*****

いまのところこんな温度感と考察で
#SOUL大学 はぐいぐい講義を進めてます
何か文章をどんどん、どんどん書きたいモードになっちゃってます

最新講義は
#SOUL大学 04
〜サザエさんエンディング曲はパクリか引用か〜
日本の音楽シーンの歴史をすっごくかいつまんでですが、
01-04の講義にまとめてます

どうして巷に溢れるポップスはどれも同じに聴こえるのか?
が分かります
マキタスポーツの「すべてのJ-Popはパクリである」よりも一歩踏み込んで記してますよ
この量、内容でひと月1000円は大安売りだと思いますよ

https://salon.synapse.am/salons/soul/timeline

d0094512_14254489.png

[PR]

# by jazzmaffia | 2016-10-15 23:17 | SWING-OによるReview | Comments(0)

My Favorite Soul 秋の陣です!!

今週木曜日
10.13
My Favorite Soulです!
 
  
SWING-O主催ではや8年目になっているこのイベントも
隔月のお楽しみですね
終電前にゲストライブ
深夜にスペシャルセッション
を毎度お届けしております

今回のスペシャルゲストを紹介しておきましょう

まずはウッドベースの吟遊詩人タカツキタツキ
d0094512_16101583.jpg
ウッドベースを弾きながらラップするという異色のスタイルを持つ。
映画「SLAM」の舞台" ニューヨリカン・ポエッツカフェ" に
飛び込み参加したことから音楽活動を始めた。
ソロと並行してSUIKA/SMRYTRPS/アイララなどのユニットに参加。
趣味はトマソンと無人駅探訪。近年はなぜかNASA勤務。
今回はSWING-O(Key)と高橋結子(Perc)のトリオ編成で
静謐な世界観のhiphopの解体/再構築を試みる。
、、、ということで
今回はパーカッションのけっちゃんこと高橋結子も参戦してくれます
因みに彼女は俺の高校の後輩 笑
そんな3人で奏でるメロウな時間をお楽しみに!!!


そしてもう1人はRomancrewからこの男、ALI-KICK
d0094512_16144950.jpg
ROMANCREWのビートメイカー、
ラッパー、プロデューサー
久保田利伸をはじめ、
KREVA、般若、Lyrical School、
Charisma.comなどなど、
数々のアーティストの
プロデュースもこなす。
様々なスタイルをカバーしながらも
自身のカラーを落としこむ
プロデュースワークには目が離せない。

今やライブ活動よりもプロデュースワークに忙しい彼が
久々のソロライブを披露してくれます!!!
45trioも少しだけ絡む予定です!!!

他、
ライブペイントに
kio & WAIFone

FOODもある、予定です
by KYOHEI THE KITCHEN

レギュラーDJ陣も豪華だし
何より最近話題の、
レコード里親コーナーも充実しております!!!
それは、われわれが不要になった、でも売っても大した額にはならない、
てなレコードを、
「これは大事にします!!!」
という方になら無償で差し上げちゃいましょう!!!
というコーナーです
これは早いもん順ですよ

そんな色々てんこ盛りなイベントMyFavoriteSoulは
21時オープンの朝まで温かく開催しております!!!

d0094512_16212405.jpg
d0094512_16214792.jpg

“MY FAVORITE SOUL”

bpm under100 -soul,hiphop,jazz-
21:00 – all nite /charge 2,000yen

Hosted by SWING-O
Special Live:
タカツキタツキ
https://takatsuki.bandcamp.com/

ALI-KICK(Romancrew)
http://ali-kick.blogspot.jp/

Resident DJs:
SWING-O
ROCK-Tee
横山龍助(Rare Drops)
DJ bara(peanuts pro.)
TSUYO-B(jazzswindle)
BEat-taku-around(来音食堂)
NELLO(月歩-Gheppo)
君嶋麻里江
二宮純一(Speacloud)
CHICK-D
Kyohei The Kitchen
Luiger
Satoshi Fukuda(福田録音)
and more…

Food
Kyohei The Kitchen

Live Paint:KIO(optimystik) and WAIFone


BATICA HP
http://www.batica.jp/












[PR]

# by jazzmaffia | 2016-10-10 16:23 | 最新Live情報 | Comments(0)

#SOUL大学 開講します!!! Pt1

d0094512_14254489.png
#SOUL大学 を名乗り始めて5年くらいは経つのかな?
そうこうしてるうちに、
ついに
ついに
オンラインサロンという形で
#SOUL大学
開講させていただくことになりました!!!


月々1000円という形の
会員制のサロンになります
値段こそかかってしまいますが
初回の募集は限定50名
10.1に始動!!!!!

限られた人たちの間だけの、閉じたネットスペースというのがいいですよね?
ここでしか発信できないこと、共有出来ない講義をしていこうと思っております
そして
大事なことですが
この形がひょっとしたら、
今後のミュージシャンの生きていく手段の一つになるかもしれない!
という側面もあります
(ある種ファンクラブとも近いですしね)

そんな #SOUL大学 開講を是非
皆さん広めて下さいませ!!!
&逆に「自分も開講したい!」という方の連絡も何ならお待ちしております!

開講するのはこちらのSynapseという場所になります
他にも沢山のおもしろサロンが開かれています
あのレコード番長、須永辰緒さんのサロンもありますよ!!!
https://synapse.am/

#SOUL大学 はこちらになります
https://synapse.am/contents/monthly/soul



開講にあたって、サロン内に出した投稿をこちらにも出しておきます!!!

******

はじめまして!
の方がほとんどかと思います。SOUL PIANIST / SOUL PRODUCER のSWING-O(スウィンゴ)と申します。それなりなキャリアは積ませていただきましたが、大ヒットを出してきた音楽家ではありません。Blues、Soul、HipHopからClub Jazzまで、とにかく「黒い」音楽大好き人間でして、そうこうしてるうちに音楽を生業に出来るようになり、海外でのリリース~ライヴなども経験させて頂きつつ今に至っている、血液型A型の蟹座、身長186cmの大男です。

 気づけば2016年で47歳になりましたが、さらさら振り返る気などないのですが、それなりに伝えたいこと思うこと教えられることが貯まってきたというタイミングでこの #SOUL大学 開講となった次第です。それもこちらのオンラインサロンという形での開講は大きな可能性を感じておりまして、自分にとっても楽しい挑戦となります。音楽で「成功する」をお考えの方は別の講座のほうがオススメですが(笑)、音楽のある楽しい生活、食いっぱぐれない自分らしい音楽生活を提案・共有していける場になればと思っております。

 まずこの、会員になっていただいた方とSWING-Oだけの「閉じた」スペースというのがいいですよね?もちろんBlogやSNSなどもあるのですが、いかんせん昨今は言葉に気をつけねばならず、勘違いが許されず、8割満足していても2割不満である場合のその2割をぶちまけると、例えその現場をより良くする為と思っての発言だったとしてもその8割の満足を失う可能性を秘めており、結果押し黙っておいたほうが得かもしれない、ということで一部のネトウヨ的な方々と陰謀論マニアな方々を除き、ひたすら「いいね」狙いのクリーンなつぶやきをせざるを得ない状況だと思われます。そんな昨今だからこその、この「閉じた」スペース内で私の講義をベースにしつつも共に学んでいける、時に本音で語り合う、そんな #SOUL大学 にしていきたいと思っております。

■講義の内容は大きく2つのことを軸にしていこうと思っております
1)SWING-O教授による講義
~ここでしか話せないことをぐいぐいと講義していきます~
音楽をもちろんベースにしますが、生き方、系譜学的なお話になっていくと思います
曲作りひとつとっても、つまるところ音楽論理よりも系譜学的に考えたほうが面白いものが作れるはずです
(他、具体的な講義予定はサロン概要をご覧下さい)

2)SWING-O教授との交流
*音楽相談~悩み相談~Q&Aは特に積極的にやっていく予定です
*ここだけの情報交換もしていきましょう

■この講義に参加される方は大きくこの2通りの方がいらっしゃると思います。
1)ミュージシャン/ミュージシャン志望の方
音楽で沢山稼ぐことが目標の方に教えられることはあまりありませんが、
(やはり、、、別のサロンのほうがオススメかもしれません 笑)
充実の音楽生活は伝授できます。短期的にブレイクすることよりも、長期的に音楽で、それも充実した音楽活動が出来るほうが、人生としては楽しそうじゃないですか?てことです
キーワードは”Dig"ですね。音楽に限らず、掘ること学ぶことの楽しさを知った者にしかない「充実」「快楽」というのがあるのをお伝えしたい。
実際に音源・演奏を送って頂き、批評&アドバイスをする企画などもしていきたいと思っております。

2)リスナー~他業種の方
スケールの大きい系譜学的な音楽の捉え方を知ると、より音楽が楽しくなります。似たようなものでも印象に残るものと残らないものがあるのは何故なのか?つまるところ音楽ってなんなんだ?というとこまで掘り下げた話をしたいと思ってます。そうすると今起きていることがいろいろ見えてくる。(菊地成孔さんと内田樹さんの影響を多々受けた話になるかと思いますが 笑)
他、SWING-Oが関わる現場の裏も定期的にレポートしますよ。
現場では何が起きているか?のレポートです。これは見たいんじゃないですか?

*****

どうです?
楽しそうじゃないですか? 

ひとまずは50名限定という形での開講となります。どういう方が、何を求める方が多いか次第で講義内容は多少は変わるかと思いますが、本筋はこのような感じになると思われます。
 
分かりやすいHow Toで一つの答えを強引に導き出すのではなく、グレーゾーンをグレーゾーンごと把握しようとすることこそ今必要な感覚。ポップに言い換えると、サブタイトルにもさせてもらったように、『正解のない、フィーリングの美学』こそ、資本主義社会の終焉にジワジワと向かっている今必要な感覚だと思うのです。

そんなテーマを掲げる #SOUL大学
門を中くらいに開けてお待ちしております。
d0094512_14400235.jpg



[PR]

# by jazzmaffia | 2016-09-14 14:40 | Recommend | Comments(0)