TokyoCrossoverJazzFestival→仙台 Vol.1

すさまじい週末が過ぎていった
もはや凄いのかどうかもよく分からない
音楽を通じて多くの人間が一つになる瞬間というものを
何度も何度も体験させてもらった、ということだけは言える


9月11日(金)
晴れ、客は今年も3,000人越えだそうだ
いつも素晴らしい豪華ゲストオンパレードだが
今年の凄さは、日本人を中心にイベントが組まれていること
ClubJazzという角度で選ばれしバンド、DJはそのまま全てが日本代表
いつもは別々にイベントをやっていた須永氏や小林径氏も集まるという形は美しい、の一言だ
そう、今こそ力を合わせるべき時なのだ
BreakthroughやDJ MitsuTheBeatsなどが出ているのも嬉しい
HipHopも視野に入れた形のイベントに是非なって欲しいからね

ゲストの数、質の凄さを語るだけでは安っぽい
むしろ皆の、Tokyo Crossover Jazz Festivalに対する思いの強さを語りたい
が、言葉にするのはまた安っぽくなってしまう
そう、見に来るしかないんだな
少なくともJazzが好きならば
少なくともClubが好きならば
少なくともPartyが好きならば
少なくともLiveが好きならば

そういうイベントでした、TCJF2009

d0094512_23225967.jpg

A.M.2:50 Root Soulのライブが始まる直前だ
流れをイメージしている池田憲一Root Soulの図
ライブはめちゃめちゃ上がったね
皆の笑顔とDanceとHandCrapが汗となりGrooveとなり
東京の海辺を揺らした時間だった



d0094512_23231032.jpg

イベント終了後の楽屋
俺の左がVanessa Freeman、右がTasitaD'Mour、LeonKing&その他大勢・・・
いつまでも帰りたくない空気感でした



d0094512_23232425.jpg

沖野修也氏と「たまには2ショット撮りましょうか?」というノリでパシッ!
お疲れ様でした!



沖野修也DJ20周年記念バンドも良かったな
懐かしのGalliano"Prince Of Peace"、Brand New Heavies"NeverStop"が聴けた瞬間の
心地よさといったら、、、、、

左手中指を骨折しているのにドラムを叩きまくるSoil&"Pimp"Sessionsのミドリンも凄かった

そして最後のジャムセッションも楽しかった

また来年だな
来年は是非45trioとしても出たいね


・・・・・・・・・・


そして帰宅したのはA.M.8:00
午後には仙台に発たなければならない
でも準備はまだしていない・・・
でも、まずは寝るしかなかった
[PR]

by jazzmaffia | 2009-09-16 00:02 | Live Report | Comments(0)

<< TCJF→仙台"Go... ライブ目白押しだよ! >>