昨日の話の注釈

あ、昨日書いた記事
ディスと言われればディスだけど
あくまでこの曲のあり方に対してのディス

「今売れたもの勝ち」的な作り方
先人への敬意の欠如
→いずれ自らも次世代に捨てられる

音楽を愛してやまないのなら
一生音楽をやりたいのなら
もっといい作り方あるんじゃない?て提案が本意です

ま、売れる時に売れるもの作って
売れなくなったら音楽辞める
ってな人種も多々いらっしゃるので
皆が受け止めてくれるメッセージだとは思ってません

音楽を愛して止まない者として
この、「なんかモヤモヤするなぁ」てことを
言語化してみた
てことですな

モヤモヤを言語化するって大変だけど、大事なんだ
白黒分けて、敵味方分けて、
「あいつは敵」って話なら簡単だ

彼らの人格を否定してるんじゃない
言うならば、
「全身とは言わない、その靴だけでも変えてくれんかな?」
て話

いいものを何がしか持っているから売れているのは事実
その上で更に俺の提案した様なスケール感覚で作ってくれたら
もっともっと皆が感動するものが出来るはずだし
音楽シーンももっと活性化するはずなんだが・・・
て話ね

ま、この話はこれくらいでv v

 
 
[PR]

by jazzmaffia | 2014-03-03 22:18 | ひとりごと | Comments(0)

<< いいオトナになるために 盗作騒動から思うあれやこれ >>