歌謡曲探検隊 03 : 朱里エイコPt2

俺がどうこう言わなくても
既にレコードディガーたちの間では
歌謡曲は今最大のターゲットの1つだ

そうこうしてるうちに、
俺もみるみると片足ほどハマってる訳だけど
(激しくハマってる友人が数名、近くにいる、それと比べればって話 笑)
そんな歌謡曲を、ディガーに怒られない程度に、
俺も困らない程度に、
紹介していこう
。。。というのが #歌謡曲探検隊 です!!

第3回は前回に引き続き朱里エイコです
ほんとは紹介・案内したい人がまだまだ沢山いるんですが
先日入手したこれがめっちゃ面白かったので・・・笑

d0094512_16445806.jpg
『パーティー』朱里エイコ 1973年
音楽・冨田勲

前回までにも説明したように、
歌謡曲系の人はもっぱらシングル中心に再評価されてるけど
アルバムも意外といいものが色々ある。
そしてまだまだそのちゃんとしたデータベースが出来てないし
評価も定まってないものが多い

彼女のアルバムもライブ盤以外はあまり見かけることが無く、
これ某ネット上で見つけて、頑張って買っちゃいました

ここらへんにも詳しいギタリストの佐藤純朗さんが
『ディープパープルはどこ?』もいいよ!
と教えてくれて、探していてたんでね
頑張っちゃいました

で、めっちゃいいです
B-2"ディープパープルはどこ?"
B-5"パーティーはおしまい"
このメロウソウルな感じは最高です
特に"ディープパープルはどこ?"の、
そのタイトルへのオチの付け方はもう笑えます
これ、DJでかけても盛り上がるなぁ絶対!!!
是非ともご内密に 笑

このアルバムは「パーティー風景」をテーマにしたコンセプトアルバムで
作詞に八坂裕子、音楽になんと冨田勲!
そう、先日亡くなられたばかりの冨田勲さんです
冨田勲さんと言えばシンセサイザー使いの名手ですが
この作品では楽曲とアレンジに徹してられるようで、
その洋楽的なセンスのIQ高めなアレンジ及び楽曲はどれも素晴らしい

そして、歌謡曲系にありがちですが
一切ミュージシャンのクレジットがありませんが、
天の声的な役割で、インタルードに男の声で歌が曲間に挟まれるんですが
その声は、間違いなく南佳孝さんですね
1973年なんで、デビューアルバム『摩天楼のヒロイン』を出したばかりの頃ですね
それがまたいい感じでして、コンセプトアルバム感を増してます

また逐一タイトルがぶっ飛んでます
この感じ、作詞家の方の本気っぷりが逆に時代性を醸し出してしまう感じ
一周して面白いよね?

*****

まだまだ探検は続けて参ります
次は裏方の偉人にスポットを当てる・・・予定です

ま、また何か入手しちゃったら予定は変わりますが 笑
 
 

[PR]

by jazzmaffia | 2016-06-23 17:02 | 歌謡曲探検隊 | Comments(0)

<< このご時世自分から言うのもなんですが Snarky Puppy から... >>