Book : 「われらが歌う時」リチャードパワーズ

d0094512_18332830.jpeg
「われらが歌う時」~The Time Of Our Singing~
Richard Powers 著 2003年

こんな長い小説を読んだのは人生初めてかも、、、
2冊の新書で1000ページ以上、分厚い文庫本4冊分くらいか?

読むきっかけは
2年前のBRUTUS「危険な読書」特集の中で
写真家の方が紹介されていて、その文面に惹かれて、
ネットで古本で仕入れた

ゆっくり読み始めたが、間もなく止まり、しばらく放置

そしていろいろ一段落した2019年1月に
処分するかどうか検証するために軽く読んでみたら、
意外とするっと入ってきて
1月末から本気で読み始めて、
なんなら中盤以降の700ページくらいはここ数日気合い入れて読みきった

*****

いやぁものすごい小説だったな
まるで誰かの伝記本か?と言うくらい詳細で、
かつ音楽史から、黒人と白人の軋轢の歴史から、数学史に至るまで
あらゆる知識が自然に登場人物にからめられていて
20世紀の歴史書にもなるくらいの物量だった

アメリカに亡命した、身寄りのいないユダヤ人の男と
フィラデルフィア出身の黒人女性が
国会議事堂前で、実在の黒人女性オペラ歌手アンダーソン女史が歌う
(これもきっちり史実通り)
その集会に偶然顔を合わせるところから始まり、
人種を超えた結婚は州によってはまだ犯罪扱いだった頃に
困難を乗り越え、さらなる困難に向かうべく結婚して
3人の子供に恵まれるが、
彼らは結果白黒どちらのコミュニティーにも属せない、
ミックス〜ラバと呼ばれる中
もがきながらも「音楽」を軸に生きていく、、、

ざっくり言うとそんな2世代に渡るシュトローム家の物語

アメリカにおける人種差別の存在はもちろん知っているけど
その実感というのはもちろん俺はわかっていない
「その人の意識次第でいかようにも出来るのではないか?」
「被害者意識を持っちゃうから
悪循環になっちゃってるだけじゃないか?」
なんて思っていたが
この本を読むと、本当に一筋縄ではいかない、
歴史とともに「差別」ありきの社会になっているが故の苦しさを
ひしひしと感じながら読み進めることになった

内田樹の言うところの「始原の遅れ」
その人がどう思おうが、
生まれてきた時にはすでに当然のように存在してしまっている、
「差別」と言う常識
その、やり場のない苦しみを軸にしつつも
そういうことのない、
「本人が生き方を選べる時代が来る」
と信じて進む異人種夫婦
そしてそんな無理な夢を抱いたから、
ミックスな中途半端な俺たちが生まれ、苦しんでるんだ
と親をも憎む勢いで生きていく子供達

語り部ジョゼフ(ジョーイ)の兄ジョナは
両親の教育のおかげもあって
紆余曲折ありつつもクラシックの歌手として大成していく
弟のジョゼフは兄の専属ピアニストして兄とともに最初の音楽キャリアを積む
妹ルースは母の死をきっかけに、兄弟と分かれてブラックパンサー党に、、、

と言う展開とともに、
ニーナシモンからエラフィッツジェラルドからサラボーンから、、、
89年頃まで話が進むとNWAまで出てくるし
クラシックもバロック以前の音楽までさかのぼる
ある種700年近くの音楽史の話にもなっている

ユダヤ人の父デビッドは数学者であるから
アインシュタインを筆頭に数々の数学者の話が出てきて
相対性理論から何から、時間の定義についての話もいろいろと出てくる

そして
最後の結末がまた美しい
ハッピーエンドでもなく
その逆でもなく
結果時空を超えた話になるところが美しい

音楽がこれほど文字化出来るんだ!
しかも翻訳本なのに!!!
と言う驚きもあった

イリノイ州出身の勤勉な白人作家リチャードパワーズ
恐るべし作品を残したものだと思う

ただ、
この文字量がこの内容のためには必要なのが分かりつつも
この文字量を読もうとする人は、昨今そうそういないだろうなぁ、
と思うと残念でもあるな
この文字量が故、いろんな人に勧められる本じゃないのが残念

でも、俺個人にとっては
49歳にして衝撃的な読書体験ができるなんて!
と本当に嬉しく思う
読書でこの、後々残りそうな涙がなんども出てきたのも
久しぶりかもしれない

とにかく
すごい本でした

d0094512_20112063.jpeg



# by jazzmaffia | 2019-02-04 20:21 | SWING-OによるReview | Comments(0)

ミュージシャンにも色んなタイプがいる

d0094512_14404396.jpeg
「ミュージシャン」
と一言で言っても実に色んなタイプがいる
先日参戦した、平岡恵子率いる #海の底バンド のイベント TheCircle #1などは
俺が思うミュージシャンズミュージシャンの溜まり場だった
各々が楽器一つ一つ、エフェクターやアンプからケーブルまで
とにかく厳選して、かつ持参してくる人たちの溜まり場だった
まさに「音質追求型」ミュージシャンたち

そんな方々の演奏は
音質とセットで発生するものになる
もちろんテクニックはみなさん素晴らしいものがあるんだけど
どの楽器でも演奏するよって人たちじゃないってこと
例えば「名越由貴夫さんが来るよ」といえば
あの膨大なエフェクターごといらっしゃって
初めて「名越由貴夫さんが来た!」となる
(もちろんセッション的な場で飛び入りを強制されたらアンプ直でも弾かれるでしょうけど)

先日の上記イベントにおけるキーボーディストたちも
まさにそんな「音質追求型ミュージシャン」たち
この写真を見るだけでもわかるよね?

まずこちらが五十嵐慎一氏
上に乗ってるクラビは
弦ごと張り替えて、アームまでつけたと言う代物
サウンドチェックで弾いてたSlyの"Smilin'"がもう「あの音」になってて
めっちゃ気持ちよかった!
d0094512_14502165.jpeg
そしてこちらが細見魚氏のセット
ハモンドはもちろんレスリースピーカーに繋がれているし
Wurlitzerには様々なエフェクターが繋がれていて
歪み系のがまたえげつなくて格好いい音していたな
d0094512_14503137.jpeg
そんな中、
そんな強烈なキーボーディストがいる中、
俺は何かというと、最初の写真の通り、DJ&MC 笑

ま、それは置いといて 笑
他に、その対極に近いタイプのミュージシャンも存在する
ジャズ〜フュージョン寄りの方に多いんだけど
「テクニック追求型」ミュージシャンだね

そんな人たちは、
もちろん楽器を含めて音質にこだわっていない、という意味ではないよ
優先順位が演奏なので
ソロが大好きだったりする人たちと言えばいいかな
セッションによく来るタイプでもある

なんならばこうも言え得るんじゃないかな
音質よりも音程にこだわるミュージシャン

もちろん「音楽」である以上、
音程は必須な要素なわけだから
そういうベクトルな人がいるのも当たり前の話だね


俺はどんなタイプなんだろう?
と上記の方々と比べて見ると

*楽器や周辺機器にこだわるタイプではない
*それでもまぁまぁ機材はもってるけど、そもそも自分で会場に持ち込んで、、、
というのを面倒に思ってしまうタイプ
*そもそも曲を作るのが好き

結果どうなるか?というと
*そこにある楽器を使いこなすことで俺らしさを出そうというタイプ
*音質を作り込むことで抜ける音にしようというのではなく、
全体のバランスを見て、結果抜ける音になればいいでしょ?ってタイプ
*練習熱心ではない

、、、と羅列しましたが
一言でまとめるならば俺は
作曲家型ミュージシャン
なんだろうかね?

どんなフリーセッションでも
ソロをやっていても
「そこにメロディアスな要素を入れて、
即興で曲を作っちゃった!」
的なことを追求しちゃうからね

楽器は、なんでもいい
たまたま弾けるのがピアノなだけであって
キーボードがふさがってたら
マイクでなんかやっちゃったりするしね

ま、大きく言わせてもらうなら
全体を見渡しながら居場所を考えるのが好きなので
プロデューサー型ミュージシャン
かもね

*****

そんな、
自称「プロデューサー型ミュージシャン」な俺が
珍しくピアノの練習をしている2019年です
それも今年
ソロピアノアルバムを出すことを決めてるからです

な訳で、
練習不熱心な俺を
プロデューサー目線な俺が、
自らに鞭を打つべく企画しているのが
ソロピアノライブ
弾くしかなくなってしまうところに
自らをもっていく

そんなソロピアノライブを2月は3本やります!!!
この長文に付き合ってくれたあなたは
是非SWING-Oを分析してください!!!

2月1日(金)@東京は祐天寺 FJ'sにて
"free soul piano vol.10"
19:00 open 20:00 start
charge free & 投げ銭
http://fjslive.com/

2月22日(金)@兵庫県は加古川にて
at 東加古川 Cafe Bar Axel
19:30 open / 20:00 start
charge 予約 2,500 yen / 当日 3,000yen
Guest DJ : RIGO

2月23日(土)@兵庫県は芦屋にて
at Left Alone
http://www.left-alone.jp/
18:30 open / 19:30 start
charge 予約3,000yen / 当日 3,500yen
Guest : 近藤房之助


# by jazzmaffia | 2019-01-31 15:22 | ひとりごと | Comments(0)

2018 worksをライブから振り返っておきます

2018年は
俺の人生で一番ライブを沢山やった
という印象が自分の中であるので
本数を数えつつ振り返っておきますね

d0094512_13233973.jpg
2018年1月 3本
1月12日@高円寺ジロキチ ■大西ユカリ
1月21日@祐天寺FJ's ■岡本定義
1月27日@原宿クロコダイル FLYING KIDS

d0094512_21525157.jpg
2018年2月 8本
2月3日@渋谷Family ■45trio
2月8日@恵比寿Batica ■MyFavoriteSoul guest:近藤房之助
2月9日@渋谷JZ-Brat ■Azumi&椎名純平
2月10日@経堂Love,Peace&Soul ■Derek Session
2月13日@下北沢ERA ■辻本美博 session
2月16日@祐天寺FJ's ■free soul piano vol.6 (SWING-O solo piano live)
2月24日@鎌倉ダフネ ■市川愛
2月27日@中目黒Bar it ■DJ

2018年3月 5本
3月9日@高円寺ジロキチ ■大西ユカリ
3月16日@恵比寿What the dickens ■Derek Session
3月21日@代官山TSUTAYA ■傳田真央
3月22日@元住吉Powers2 ■Genta Disco Night
3月24日@祐天寺FJ's ■村上紗由里


d0094512_02513008.jpg
2018年4月 5本
4月7日@Billboard Live Tokyo ■Flying Kids
4月7日@渋谷club bar family ■DJ
4月12日@恵比寿BATICA ■My Favorite Soul (ルンヒャン、ふくい舞)
4月17日@吉祥寺Baobab ■SoulなJam祭りvol.3 (45trio、Massan、Papico)
4月28日@アラバキロックフェス ■Flying Kids
(3、4月は制作三昧でしたね)

d0094512_13431042.jpg
2018年5月 8本
5月7日@高崎アリーナ ■Flying Kids
5月9日@元住吉Powers2 ■Steve Eto還暦祭
5月11日@高円寺ジロキチ ■大西ユカリ&ズクナシ
5月12日@横浜FRIDAY ■大西ユカリ&ズクナシ
5月13日@静岡藤枝蓮池寺音楽祭 ■大西ユカリ&ズクナシ
5月26日@千葉県市川市文化会館 ■Doberman Infinity
5月30日@神戸市 Corazon ■小関ミオ
5月31日@神戸市 Tetto ■小関ミオ

d0094512_13513398.jpg
2018年6月 9本
6月1日@神戸国際会館 ■Doberman Infinity
6月2日@広島県福山市芸術文化ホール ■Doberman Infinity
6月7日@渋谷Deseo Mini ■西寺郷太&SWING-O トーク&ライブ
6月9日@金沢本多の森ホール ■Doberman Infinity
6月13日@新丸子Powers ■PB Wednesday
6月14日@恵比寿Batica ■My Favorite Soul (MC Mystie & Reatmo)
6月16日@吉祥寺キチム ■浜崎貴司
6月23日@六本木Room39 ■なかの綾
6月25日@祐天寺FJ's ■free soul piano vol.7(SWING-O solo piano live)

d0094512_14031448.jpg
2018年7月 ライブ13本 講義6本
7月2日@東京人見記念講堂 ■Doberman Infinity
7月3日@東京人見記念講堂 ■Doberman Infinity
7月8日@仙台サンプラザ ■Doberman Infinity
7月9日@京都ロームシアター ■ENDRECHERI 堂本剛
7月13日@名古屋センチュリーホール ■Doberman Infinity
7月14日@長野県松本市キッセイ文化ホール ■Doberman Infinity
7月15日@渋谷JZ-Brat ■Ellie (ex. Love Tambourines)
7月18日@横浜神奈川文化ホール ■ENDRECHERI 堂本剛
7月20日@渋谷duo MUSIC EXCHANGE ■市川愛
7月21日@Studio Coast ■Azumi (wyolica)
7月28日@神戸コラソン ■DJ
7月29日@神戸国際会館 ■ENDRECHERI 堂本剛
7月30日@神戸国際会館 ■ENDRECHERI 堂本剛

Sneakerages 講義 6本
7月17日@都立飛鳥高校
7月19日@神奈川県立花学園高校
7月25日@大阪府立長野高校
    @平野中学校
7月26日@奈良県育英西高校
7月31日@府中市明星高校

d0094512_14463694.jpg
2018年8月 15本
8月4日@新潟市民会館 ■Doberman Infinity
8月9日@東京国際フォーラム"超フェス" ■Flying Kids
    @恵比寿BATICA ■My Favorite Soul (Ellie、なかの綾)
8月11日@福岡サンパレスホール ■Doberman Infinity
8月12日@福岡bassic. ■大冗談ズ
8月17日@札幌Bloco ■SWING-O sessions
8月18日@札幌ニトリ文化ホール ■Doberman Infinity
8月19日@中野サンプラザ ■Augusta Camp presents"Singer & Songwriter"
(岡本定義、杏子、山崎まさよし、スキマスイッチ、さかいゆう、秦基博、あらきゆうこ、村上紗由里、HaiRi)
8月22日@大阪グランキューブ ■Doberman Infinity
8月23日@大阪グランキューブ ■Doberman Infinity
8月24日@京都WestHarlem ■Kyoto Flavor Session
8月25日@京都ロームシアター ■Doberman Infinity
8月26日@佐世保"アメリカンフェス" ■Flying Kids
8月28日@代官山晴れたら空に豆まいて ■Azumi(wyolica)
8月30日@新丸子Powers ■DJ


2018年9月 10本
9月2日@浜松アクトシティ ■Doberman Infinity
9月6日@熊本市民会館 ■Doberman Infinity
9月7日@松山 ■DJ event with DJ Toknow
9月8日@松山市民会館 ■Doberman Infinity
9月9日@渋谷Wired Cafe "The Fabulous Sounds Jazz Festival"  ■DJ
9月14日@高円寺ジロキチ ■大西ユカリ
9月16日@群馬ニューアコースティックキャンプ ■Flying Kids
9月22日@中津川ソーラー武道館 ■Flying Kids
9月23日@山梨 D.Island ■Doberman Infinity / Kazuki
9月29日@大阪Janus ■Flying Kids

d0094512_23065782.jpg
2018年10月 10本(宮古島は無数のライブをしましたが1本と数えて)
10月4日@祐天寺FJ's ■free soul piano vol.8 (SWING-O solo piano)
10月5日@元住吉Powers2 ■Genta Disco Night
10月6日@渋谷club bar family ■DJ
10月10日@目黒Blues Alley ■Ellie (ex. Love Tambourines)
10月11日@恵比寿Batica ■My Favorite Soul (Keyco、Free Line)
10月12日@渋谷Pleasure Pleasure ■Flying Kids
10月13日@代官山TSUTAYA ■Azumi(wyolica)
10月14日@福岡県柳川市"森と水辺のワンダーランド" ■Azumi(wyolica)
10月16日@大阪グランキューブ ■Doberman Infinity
10月18日@渋谷duo Music Exchange ■JAY'ED
10月26-28日@宮古島Music Convention ■Genta Disco Night、大西ユカリ、ズクナシ、なかの綾、Azumi他

d0094512_14412759.jpg
2018年11月 11本
11月3日@渋谷Harlem ■DJ Hal
11月12日@日本武道館 ■Doberman Infinity
11月17日@渋谷MeWe ■なかの綾
11月20日@祐天寺FJ's ■村上紗由里
11月23日@群馬県"グンマー一騎" ■Flying Kids
11月24日@千葉県柏 ■Flying Kids
11月25日@福岡にて、親戚結婚式で演奏
11月26日@札幌Cube Garden ■DEEP
11月27日@東京キネマ倶楽部 ■なかの綾
11月28日@大阪BIG CAT ■DEEP
11月29日@岡山 ■DEEP

d0094512_20221320.jpg
2018年12月 21本
12月1日@渋谷club bar family ■DJ
12月2日@名古屋ELL ■DEEP
12月3日@名古屋Club Quattro ■DEEP
12月5日@仙台DARWIN ■DEEP
12月6日@祐天寺FJ's ■free soul piano vol.9 (SWING-O solo piano)
12月7日@神宮前date. ■Ellie(ex.Love Tambourines)
12月11日@新潟Golden Pigs ■DEEP
12月13日@恵比寿Batica ■My Favorite Soul (SAKURA、多和田えみ)
12月14日@福岡ドラムロゴス ■DEEP
12月15日@福岡bassic. ■大冗談ズ
12月16日@渋谷Flying Books ■タカツキ音楽実験室
12月17日@目黒Blues Alley ■Azumi(wyolica)
12月18日@新木場Studio Coast ■DEEP
12月20日@大阪なんばハッチ ■DEEP
12月24日@大阪Brooklyn Parlor ■Tina
12月25日@長崎市民会館 ■DEEP
12月26日@長崎市民会館 ■DEEP
12月28日@渋谷JZ-Brat ■Ellie(ex.Love Tambourines)
12月29日@原宿Crocodile ■Flying Kids
12月30日@羽田 LDH kitchen ■DEEP
12月31日@羽田 LDH kitchen ■DEEP

12月13日@昭和音大で講義


**********

ってことでマメに列記しつつ数えてみると
2018年は
118本のライブ
ついでに
7本の講義
をした1年でした

地方公演の本数を見ても
俺の人生で一番多くライブやった年
と言って間違いないですね
それを49歳を迎えた年に達成できたのは
嬉しい限りですね

ま、それ以上、は求めるつもりはありません
いろんな方々に必要として頂けることは嬉しいですが
あくまで俺は
「俺じゃなければできない音楽発信とは何か?」
をテーマにこれまでもこれからも生きていくので
ただただ数をこなす人になるつもりもなく
事実上、昨年の数々のライブもほぼ全部
バンマスとして呼んでいただいた
と言うのが嬉しい限りでしたが
数を目標にしてる訳ではありません
たまたま多かったんで、たまにはメモって見た、てとこですね

ま、言いたいのは
本数=俺は頑張った
と思ってる訳ではないので
これからも良き発信をしていけるように
頑張って行こうと再確認する次第でごぜえます

1月も三週間すぎたというタイミングですが
言わせてください
2019年もよろしくお願いします!

# by jazzmaffia | 2019-01-22 01:33 | 俺!俺! | Comments(0)