SWING-Oの2月のライブ情報

2018年も1/12が過ぎました
早いような気はしなくもないですが
いろいろやっていたし観にも行ってたので
長かった1ヶ月な感じもしますね
みなさんにはどんな一ヶ月でしたか?

今年の2月は個人的には制作モードな感じではあるんですが
気づけばいろいろ増えてきました
でも中でも一推しは
SWING-O主催イベント
MyFavoriteSoul9周年です!

寒い季節ですが
ぜひ音楽で熱くなりましょう!!
SWING-Oの2月のライブ/イベント情報です!!

2.3(土曜日)@渋谷club bar FAMILY
■"The Thing"
23:00~朝までなSOUL~HipHopなイベントでSWING-OはDJしてます
http://club-bar-family.com/

d0094512_21525157.jpg
2.8(木曜日)@恵比寿BATICA
■My Favorite Soul
9th Anniversary
feat.近藤房之助&Shunské G & The Peas
21時オープン〜朝までイベントです
終電前にライブ、深夜にオープンマイクセッション
http://www.batica.jp/

2.9(金曜日)@渋谷JZ-Brat
■Azumi(ex.wyolica) & 椎名純平
valentine スペシャルライブです

2.10(土曜日)@経堂Love,Peace&Soul
■My Valentine Special Live
feat.Bert Lindsay & Band

2.13(火曜日)@下北沢ERA
■はや亭 vol.24〜辻本美博 生誕前夜祭〜
カルメラのツージーの誕生日前夜祭セッションです

d0094512_14575941.jpg
2.16(金曜日)@祐天寺FJ's
■free soul piano vol.6
SWING-Oのソロピアノライブです
チャージフリー&投げ銭です
アイズレーからモンクからFLYING KIDSから完全即興まで
自由に引き倒そうと思っております
19時オープン20時スタート〜22時くらいまで弾いている予定ですw
http://fjslive.com/

2.24(土曜日)@鎌倉ダフネ
■市川愛
ジャジーポップなシンガーのライブサポートです

*****

などなどでございます
各ライブ〜イベントの詳細はこちらでご確認ください
お待ちしております








[PR]

# by jazzmaffia | 2018-02-01 22:09 | 最新Live情報 | Comments(0)

Movie : "私が殺したリーモーガン〜I Called Him Morgan"2016

d0094512_20381800.jpg
"I Called Him Morgan"
~私が殺したリーモーガン/ヘレンは彼をモーガンと呼んだ~
カスパーコリン監督 スウェーデン・アメリカ共同制作 2016

リーモーガン
もちろん知っている
彼が参加してた頃のArt Blakey & The Jazz Messengersと
ソロ作は"Sidewinder""Speedball"くらいしか把握していないし
正直音色もKenny Dorhamと区別つかなかったりもする

"Sidewinder"などはジャズロックとも言われ、
ジャズ作品としてポップチャートも駆け上がった、
大ヒット作だということも知っている

若くして亡くなったことも知っているが
ジャズ界はそんな人だらけなので
個人的にはワンオブスーパージャズマン
くらいの認識だ

でも、なんか惹かれて
渋谷Uplinkに見に行ってきた

見てて思ったのは
今日び、リーモーガンはおろか、
Miles Davisすらも知らない人が多数になりつつある時代だよなと

これからどうやって
ジャズの「あの頃」を後世に伝えて行くか
伝わっていくのか?
というのは、まさにこれから再考されていくんだろうなと

そんな折にこれから大切なのは
「大ヒットしたかどうか」
「誰に影響を与えたかどうか」
などなどのウンチクではなく、
圧倒する音色だったり楽曲だったりする気がする

そんな意味では
Miles Davisのミュートトランペットは
その音色そのもので後世に残っていくものだろう

そしてこのリーモーガン
曲も多数名曲は残しているが
今回改めて映像で見たときの
音の太さがすごかった
このぶっとい&温かい音でこのアドリブが出来るのは
「天才」と呼ばれてきたのもわかる

彼のジャズ史に置けるどうのこうのを知らなくても
この「音色」にはやられるのではないかな

先日の話の続きにもなるけど
これこそ「肉体的」な音だなと
つまり「個」の力の凄さでもある
(「精神」と「肉体」どっちが先か http://jazzmaffia.exblog.jp/26388501/ )

映画のストーリー自体は
若くして大活躍してきたトランペッター、モーガンが、
ドラッグでもって脱落していき、
そこを救った年上の女性ヘレンがのちに奥さんとなるが
その後大活躍していく最中に浮気が元で
その奥さんに射殺されてしまう
、、、という史実を、残されたヘレンのインタビューや
まだ健在のジャズミュージシャンたちのインタビューと共に追っていく
そんなドキュメンタリー
初出と思われる写真やライブ映像も多数で
よく出来ているドキュメンタリーでした

(追記:ただ、ジャズを全く聴いてこなかった人に伝わる「映画」かどうか?と言われると正直微妙だと想像されます)

彼をよく知らない人も
彼、モーガンの音は触れてみるために見に行ってみるのは
ありかもしれないね
でも音源を聴いてみるだけでもいいかも??
とも思わなくはない 笑

な訳で、
映画でもエンディングで使われていた
この曲でも聞いてみてくださいませ

"Search For The New Land" by Lee Morgan 1964
https://youtu.be/YDfkkRa1VA8



映画情報はこちらです


PS
ジャズにまつわる映画、
ロックにまつわる映画はいろいろ出てきつつあるけど
Marvin Gayeもまさかの父親に殺されてこの世を去ったレジェンド
彼の映画とか出来ないんだろうかね?
リーモーガンが40年以上経ってから映画になった訳だけど
Marvin、Donny Hathaway、Curtis Mayfieldなどを振り返る映画なんかも
そろそろ出てきていい時代な気がするな



[PR]

# by jazzmaffia | 2018-01-30 21:17 | SWING-OによるReview | Comments(0)

フィリピンは日本の音楽シーンに多大な影響を与えた?!

d0094512_22223437.jpg
"The Wildman Meets The Madman" Bobby Enriquez &Richie Cole 1982

ジャケはポップでいい感じだけど
決して中身は好みではない
いわゆるただの「ジャケ買い」な作品

元がゆるい写真ジャケだったので
日本受けするためだろう、
日本独自のジャケットに差し代わって発売されている
これはレコード時代の洋楽にはジャンルを問わずによくある話

フィリピン人ピアニストBobby Enriquezと
アメリカ人サックス吹き大御所Richie Coleの共演盤
どちらも音数が多くて
それでいてよくも悪くも超スタンダードな作風なので
ホテルのラウンジ感以上のものではない

なんだけど、
ジャズ評論家の大家、
油井正一さんによる解説がすごく面白くて紹介しておこうと思った次第

d0094512_22284285.jpg
日本盤の良さは、
帯がついていることと
こうした解説、歌ものなら対訳が付いていたりすること

そしてこのアルバムの解説では
フィリピンにまつわる歴史にまで話が広がっていて
それがすごく面白かった

その内容を要約すると
■フィリピンは1571-1898年までスペイン領
■1898年にキューバの利害を巡って起きた米西戦争(アメリカxスペイン)にアメリカが勝ち、フィリピンとグアムはスペインの手を離れてアメリカのものとなった
■1934年独立が約束されていたが、1941年には日本軍が占領し、1945年日本の敗戦によって解放され、1945年に完全な独立国となった
■20世紀初頭はアメリカ文化の東洋における中心地となり、日本を含めて東南アジア全土にフィリピン人ミュージシャンは出向き、影響を与えた

そう、まさかの話だった
日本のジャズ〜ポップスの歴史(特に戦前)に
フィリピンからの影響が含まれているだなんて
よもや考えたことがなかったから驚きの話だ

このアルバムの主役のボビーのインタビューでは
「僕の体内のはラテンの血が流れている」と答えているけど
もともとフィリピンがスペイン語だったことや
上記のキューバがアメリカ領になったタイミングと同時に
フィリピンもアメリカ領になったことで
多くのキューバ音楽がフィリピンにも入ってきていたらしい

一般的に日本におけるジャズ〜ポップスを解説される際には
アメリカからの影響な話しか出てこないので
こういう話はビックリだよね

実際戦前からジャズだけじゃなく
ラテン音楽は日本でも流行っていたわけだけど
ただただアメリカ直輸入ではなく
フィリピン経由なものも多数あったと
実際フィリピン人ミュージシャンも多数日本に来ていた
もしくは住んでいた、らしい

そんな話を聞くと
いろいろと想像が掻き立てられるよね
俺らが学ぶ文化史は
ほとんどが欧米→日本だからね
こうした近所づきあいな部分というのも
歴史上多数あるはずなんだよなぁ・・・と
実際、鎖国以前のフィリピンと日本もいろいろと交流があったそうだし

アルバム的には特にオススメするものではありませんが
300円だったし
この解説を読めただけで買った甲斐がありました 
、、、なレビューでした 笑



[PR]

# by jazzmaffia | 2018-01-29 22:47 | SWING-OによるReview | Comments(0)